総合 > 電撃App > 記事一覧 > 『GEオンライン』の感想をお届け。スマホで再現されたプレイ感と手軽な共闘を評価
2016-11-17 14:00

『GEオンライン』の感想をお届け。スマホで再現されたプレイ感と手軽な共闘を評価

文:千歳ユート

 バンダイナムコエンターテインメントは、iOS/Android用アプリ『GOD EATER ONLINE(ゴッドイーター オンライン)』について、Android端末向けのオープンベータテストを本日11月17日14時~21日13時(予定)に実施します。

『ゴッドイーター オンライン』

 Android端末を持っていれば参加できるオープンベータテストが始まり、スマートフォン向けとしては初となる『ゴッドイーター』シリーズがいよいよ多くの人に遊ばれます。

 この記事では、皆さまよりもひと足先にプレイしたシリーズファンの感想をお届けしていきます。

●『ゴッドイーター オンライン』先行プレイ動画(ソロプレイ編)

圧倒的な再現度のプレイ感と新要素がこれまでにない『ゴッドイーター』の世界に引き込んでくれる!(文:ユート)

 第1作目『ゴッドイーター』から最新作『ゴッドイーター リザレクション』まで、家庭用ゲーム機で出されたシリーズ作品は全部大好き。それだけに正直、スマホ版が発表されたときは「えー……」ってリアクションでしたよ。

 で・す・が! 今なら胸を張って言えます。『ゴッドイーター オンライン』は、ファンも納得の『ゴッドイーター』でした!!

 武器ごとの基本攻撃や特殊攻撃などの攻撃アクションはもちろん、ステップ、ジャンプ、ガード、コンボ捕喰などのアクションも網羅。

『ゴッドイーター オンライン』

 『GE2』に存在した大半のアクションがワンボタンで繰り出せるうえ、アクションで得られるプレイ感覚も家庭用ゲーム機の作品とほとんど同じです。敵の挙動も家庭用ゲーム機の作品とそん色なし。

 当然、操作に慣れが必要な面はありますけど、あのハイスピードアクションをスマホ上でここまで再現するとは……。驚きしかないってぐらい、ほんと『ゴッドイーター』そのものでした。

 そして、本作の最大の特徴といえる部分であり、家庭用ゲーム機の作品にはなかった要素“MMO空間”。最大100人の神機使いが集い、無制限に現れるアラガミたちを掃討する。もうね……「家庭用ゲーム機でやりたかったよ!!」って叫びたくなるぐらいに最高。ほんとそのひと言に尽きます。

『ゴッドイーター オンライン』
▲MMO空間ではある条件を満たすと出現する“ヴァジュラ”ですが、時には数体出てくることが! めちゃくちゃ強いです(笑)。最大100人の共闘が可能なため、テスト時にはもっと出現することも!?

 実際のところ、今回のプレイでは10人前後での共闘でしたが、それでも魅力の一端は十分に感じられまして。全員がフィールドを動き回りアラガミをひたすらに狩り、捕喰する。

 この光景、『ゴッドイーター』ファンならいずれは見てみたかったものじゃないですか? 少なくとも自分は見たかったし、体験したかった楽しみがここにありました。

 特定の条件で出現する大型アラガミに全員で総攻撃をかける共闘感も本作ならでは。いずれは100人でフルボッコ! なんてこともやってみたいなー、って(笑)。

 レベルアップで得たポイントを体力や力などに割り振り、キャラを自分好みのステータスに育てられる喜び。人間を喰らった異質な神機が見せる新たなアラガミバレットの可能性など、本作独自かつ早くじっくりと味わってみたい部分がまだまだいっぱい。

『ゴッドイーター オンライン』
▲アラガミを倒した後に捕食することで経験値を獲得可能です。経験値は左上の青いゲージで表現されています。
『ゴッドイーター オンライン』
▲レベルアップすると、ステータス強化などが可能。力は近接攻撃倍率、技量は射撃攻撃倍率に影響があるなど、自分好みのキャラクターを作っていけます。

 さて、聞き慣れない新要素の“アビスファクター”と“アラガミバレット”について簡単に紹介しておきましょう。

●“アビスファクター”

 “アビスファクター”は、 キャラクターの育成に欠かせない強化要素。キャラクターレベルが上がった際に手に入るポイントで、強力な攻撃技や自身の能力を高める技などさまざまな技を習得できます。

 技のレベルを上げていくと攻撃の威力が強くなるだけでなく、見た目にも変化が現れるので、好みの技を組み合わせると自分だけの戦い方が楽しめるというもの。

『ゴッドイーター オンライン』
『ゴッドイーター オンライン』
『ゴッドイーター オンライン』
『ゴッドイーター オンライン』
『ゴッドイーター オンライン』

●“アビスアラガミバレット”

 生きているアラガミを捕食した際に使える強力な攻撃技です。捕食したアラガミの特長を取り込み、攻撃技として使用できます。

 『GEオンライン』では技発動時のエフェクトがド派手になり、威力や特性だけでなく技の見た目にもアラガミの特長が現れます。

『ゴッドイーター オンライン』
『ゴッドイーター オンライン』
『ゴッドイーター オンライン』
▲ヴァジュラを捕食した際に仕えるアビスアラガミバレット。

 ほんと、発表時の感情はただの食わず嫌いみたいなもんでした。なんでもちゃんと食べないとね! 神機みたいに! っと、失礼。

 とにもかくにも。正式配信が開始されたら、自分はもうヒマラヤ支部から現実に戻ってこられなくなるじゃないだろうか。と、本気で思わせてくれる作品でした!

リンクエイドの仕様と気軽な共闘で手軽に遊びやすく!(文:千歳)

 正直に言います。『GEオンライン』が発表された当初、「スマホで『GE』?」と少し否定的でした。

 スマホで遊べるアクションゲームは数あれど、『GE』シリーズ特有のあの画面内を縦横無尽に駆けまわり、アラガミと戦う爽快感はスマホでは味わえないのでは? と思ったからです。

 ですが、それは完全に私の杞憂でした。初めて『GEオンライン』に触って「ああ、これは間違いなく『GE』だ!」と興奮して、あっという間に夢中になってしまいました!

 まず『GEオンライン』は画面右下にあるアイコンをタッチすることで攻撃を繰り出せるのですが、攻撃の繰り出しが素早くてストレスを感じません。

『ゴッドイーター オンライン』

 通常の“アタック”と捕喰ができる“ヘヴィアタック”、そして武器ごとに異なる攻撃を出せる“特殊アクション”のアイコンがあるのですが、それらを組み合わせることで『GE』シリーズ従来の爽快感あふれる攻撃を行うことができるんです。

 私は『GE』シリーズが好きとはいえ、お世辞にもアクションゲームが得意とは言えないヘタレプレイヤー。

 なので、シリーズの“コマンド組み合わせではない、ボタンを押すだけで爽快アクションが繰り出せる”というシンプルな操作性にすごく助けられてきました。それをスマホでも味わえるなんて、かなりの感動です!

『ゴッドイーター オンライン』

 あと“これはイイ!”と思ったのが、リンクエイド時にリンクエイドをしたプレイヤーのHPが減らないこと。前述したように私はヘタレなのでバンバン戦闘不能になります。

 そのたびに他のプレイヤーのHPを消費してリンクエイドしてもらうのが心苦しかったのですが『GEオンライン』ではそんな心配はしなくてもいいのです。

 あ、もちろん戦闘不能にならないように努力はしていますよ!? それでも“リンクエイド時にHPが減らない”というのは心がかなり楽になります。みなさんもそう思うでしょう? 思いますよね!

 それと、私がもう1つ感動したのはキャラクタークリエイトの幅の広さ。こちらも『GE』シリーズの魅力のうちの1つでありますが、『GEオンライン』でもその魅力は保たれています。性別はもちろん髪型、髪色、肌色、輪郭に瞳の色とかなり細かくカスタマイズが可能です。

『ゴッドイーター オンライン』
『ゴッドイーター オンライン』

 しかもボイスにいたっては『GEオンライン』のために新しく録り下ろしをしたとか! それに加えて、神器のカスタマイズも従来通りできるので、自分の納得のいくカスタマイズをすることが可能です。

 そして『GEオンライン』には“ミッション”、“オーダー”、“MMO空間”の3つのモードがあります。“ミッション”はいわゆるストーリーモードで、『GEオンライン』オリジナルの物語を楽しむことが可能。

 “オーダー”は従来のシリーズだと“フリーミッション”に似ており、最大4人の仲間とともに特定のアラガミを討伐することが目的です。そして『GEオンライン』最大の特徴が“MMO空間”。

 これは専用フィールドに移動して、多人数のプレイヤーとともにアラガミと戦うことができます。個人的に“MMO空間”でいいな、と思ったのは、あらかじめメンバーを募ったりすることなく他のプレイヤーと遊べるところ。

 サーバーを選択して“MMO空間”に行けば、先に戦っていたプレイヤーと気軽に共闘ができるんです。従来のマルチプレイとは異なり、あらかじめパーティメンバーを募集したりする必要はいっさいありません。

『ゴッドイーター オンライン』
▲大型のアラガミが現れたら共闘になる流れも楽しいです。

 もちろん最低限のマナーは必要だと思いますが“マルチプレイで他のプレイヤーさんの募集に参加するのは、ちょっとはずかしい。でも自分でホストをする勇気もない”という経験があるシャイな人には、かなり低いハードルでMMOを楽しめるのではないでしょうか。

 かといって、他のプレイヤーとの協力プレイを強制させる部分もありません。今までのシリーズと同じく、NPCと一緒に戦うことができるので、いわゆるソロプレイをすることもできます。

『ゴッドイーター オンライン』
▲今作から登場するレイラとの共闘も。

 “どうしてもMMOは苦手だ”と思ったら、無理に“MMO空間”へ行く必要もありません。従来のシリーズ通り、1人でも楽しむことも可能です。

 またMMO、と聞いて皆さんが心配するのは処理落ちがどの程度なのかという部分だと思います。はっきり言ってしまうと『GEオンライン』は、かなり安定していました。

 これはかなり驚く部分だと思いますので、ぜひ実際にプレイをして確かめてみてください!

データ

▼『GOD EATER ONLINE(ゴッドイーター オンライン)』
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応端末:iOS
■ジャンル:アクション
■配信日:2016年2月17日
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『GOD EATER ONLINE(ゴッドイーター オンライン)』
■メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
■対応端末:Android
■ジャンル:アクション
■配信日:2016年2月15日
■価格:基本無料/アイテム課金
その他のおすすめ記事
その他のおすすめ記事

関連サイト

アプリ人気ランキング

集計期間:12/1~12/31

  1. 1 『Fate/Grand Order(フェイト/グランドオーダー)』

    『Fate/Grand Order(フェイト/グランドオーダー)』

    TYPE-MOON / FGO PROJECT

  2. 2 『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』

    『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』

    バンダイナムコエンターテインメント

  3. 3 『チェインクロニクル3』

    『チェインクロニクル3』

    セガゲームス

アプリ人気ランキングに投票

アプリ人気ランキングをもっと見る

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『ポケモン GO』今週末のアップデートから『金・銀』の“ジョウト地方”のポケモンが登場

  2. 2

    『ポケモン GO』大型アップデートで追加された新しい進化ポケモンや進化方法を紹介

  3. 3

    『フェイト/グランドオーダー』マシュが霊基保管室送りとなったジャンヌを探しに行くとそこには……

  4. 4

    『神バハ』×『ユーリ!!! on ICE』勝生勇利はタイプによってイラストが変化

  5. 5

    『FGO』亜種特異点Iは2月下旬~3月上旬開幕予定。2月22日のニコ生で最新情報発表

  6. 6

    『グラブル』×『シャドウバース』アリサとルナが登場するイベントが2月22日開催

  7. 7

    『モンスト』×『FF』クラウドの新SS・超究武神覇斬の演出がカッコいい!

  8. 8

    チョコは危険ですマスター! 『FGO』よりディルムッドの“魂の叫び”がTシャツ化

  9. 9

    『パズドラ』最大3名で遊べるマルチプレイ実装やトレード機能追加など発表

  10. 10

    【FFRK名場面】爆破した壁の先も牢屋……かわいそうなシド!

[集計期間:02月15日~02月21日]

ページ
トップへ