News

2016年11月24日(木)

『DDON』シーズン2.2アプデは12月15日実施。新ジョブ“スピリットランサー”やストーリーを紹介

文:にじ

 カプコンは、PS4/PS3/PC用ソフト『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』のシーズン2.2アップデートを12月15日に実施することを決定し、プレビューサイトを公開しました。

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

 今回は、新大陸でのストーリー以外に、エリア、ダンジョン、凶悪なモンスターの情報の一部と第10のジョブ“スピリットランサー”の概要が明らかとなりました。

●プロローグ

 新たな大陸“フィンダム”に到着した覚者たち。

 そこは大いなる巨木、芯なる樹を中心とし、すべての命が育まれる世界だった。

 覚者たちを待ち受ける試練、そして新たな出会いとともに、物語は動き出す。

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

ストーリー

●覚者たちは新大陸“フィンダム”へと降り立つ

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

 フィンダムの芯なる樹はこの世界の中心です。ですが今、その樹は病に侵され、その穢れた竜力は大地のすべてを蝕み続けていました。

●ロイグ、そしてフィンダムの過去

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

 覚者たちはロイグの故郷、ナバド村と呼ばれた廃村へと辿り着きます。

 そこはかつて、流行病のため見捨てられた村でした。病に伏せ、ただ死を待つだけの日々。フィンダムでは、病は報いや罰だと考えられていました。

●“フィンダム”で待ち受ける試練とは

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

 思いもかけない、精霊竜ウィルミアとの再会。ですが、病んだ芯なる樹が放つその穢れた竜力は精霊竜の正気をも侵してしまっていました。

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

 未知の大陸で散り散りとなった覚者たち。フィンダムの戦士たちにより、囚われの身となってしまうガルドリン。

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

 芯なる樹の治療薬を探し、いずこかへと旅立ったセシリーの父親ガラダ、彼の運命は如何に。

決意を秘めた族長であり、父“ガラダ”

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

 モルフォールの集落の長であり、フィンダムの覚者・セシリーの父親。

 フィンダムの各部族を結び付けようと長年腐心していることもあり、人望に厚い立派な人物としてその名が知れています。

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

誇り高き精霊槍の使い手“アデルドナハ”

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

 フィンダム一の精霊槍の使い手であり、スピリットランサーのジョブマスター。村から少し離れた一軒家に住まい、技の研鑽にそのすべてをかけて打ち込んでいます。

 見込みのある者に対しては技を伝授することもあるらしいですが、彼の目に適う素質を持つ者は稀です。

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

エリア、ダンジョン

●エラン水林

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』
『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』
▲エリアマスター:ミューセル。

 フィンダムのなかでも特に自然の美しさに恵まれた水林。豊かな森林の中には澄んだ水源を多数抱え、フィンダムに流れる水の大半がエランから湧き出ているとされるほどです。

 人の出入りが制限されているのは自然環境の保全のためとも、かつて水林にあった村が滅びた悲劇の記憶によるとも言われています。

●密林の鍾乳洞

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

 聖域から降りてきた竜が住まうと伝えられる鍾乳洞。魔物が多数うろつくため奥へ進むことができず、どのような竜が住処としているかは謎に包まれたままです。

●青々と広がる大地が告げる、侵食との戦い“ファーラナ平原”

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』
『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』
▲エリアマスター:ラザネイル。

 起伏が多く入り組んだ地形が多いフィンダムにおいて、比較的なだらかで利用しやすい平原が広がる一帯です。

 地理的な要因によるものか、この地に住まう部族の努力によるものかフィンダムのなかでは比較的侵食の影響が少ない。

●ファーラナ遺跡

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

 ファーラナ平原の中で最大規模の遺跡。多少崩壊している箇所もありますが全体の作りは堅固であり、魔物に侵入されるまでは過去の貴重な文献などを保管する書庫として活用されてきたようです。

●キンガル峡谷

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』
『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』
▲エリアマスター:キアラン。

 細長くうねった川と切り立った崖で構成された渓谷地帯。古代からの遺跡が数多く残る地域でもあり、周辺に棲む人々も伝承や習慣など、古くから伝わるものを重視した生活を送る傾向にあります。

●グリンメル遺跡

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

 キンガル峡谷に存在する古代遺跡。フィンダムの人々が祈りを捧げるための神聖な場所だったようです。

 もとは大地を巡る竜力の恩恵を受けやすい立地であったと思われますが、今では凶悪な魔物の巣窟と化しています。

●病み枯れし侵食の樹林“モロー樹林”

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』
『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』
▲エリアマスター:アルトフェイル。

 樹木や草花、多彩な獣といった森の恩恵を受けられるフィンダム随一の森林地帯でした。しかしこの特性は、侵食の影響が最も色濃く発現するという悲劇を招きました。

 生命力に満ちあふれていた森林は今や赤く立ち枯れ、多数の侵食魔が跋扈します。

●サウザネル侵林

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

 モロー樹林北部、特に侵食が進んだ一帯にある封鎖された森林。侵食前より森の強者が棲むとされ、人が迷いこむことがないようにと封鎖されていました。

 奥を確かめた者はいませんが、凶暴な魔物が侵食された状態にあることは確実であり、危険度は高いです。

“フィンダム”に生息する数々のモンスター

 自然豊かな“フィンダム”に住まう数々の生命。今回、新大陸を彩るモンスターたちの一部が公開されました。

●スチュパリデス

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

●マンドラゴラ

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

●ピクシー

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

●モス

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

●スパインバック

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

 フィンダム大陸に生息するオーガの亜種。全身に生えたトゲは植物への擬態の他、自衛・攻撃のためにも使われます。

 身体を丸めて繰り出される高速の突進攻撃は厄介ですが、逆に大きな隙も生むようです。

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

●ビフレスト

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

 フィンダム大陸に生息するコカトリスに似た固有種。色鮮やかな体内にはさまざまな物質を有しており、特に唾液には一時的に獲物の知能を低下させる成分が、吐息には生物を石化させる成分が含まれています。

 対峙する際は体調の変化に十分注意しなければなりません。

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

●グリゴリベアード

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

 志を失い竜から離れた覚者のなれのはて。変貌を遂げた異様な姿から“悪魔”とも称されます。

 グリゴリベアードは下級に位置する魔族ではありますが、その手から紡ぐ魔法は覚者の動きを止めるに十分すぎるほどの脅威となります。

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

●狂侵ベヘモット

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

 特に汚染された地域に棲み、侵食が進んだベヘモット。体内に充満した侵食胞子は“侵食核”のみならず“触芽”として蠢きあふれれ出る有様であり、力尽きるまでその狂乱の苦しみは終わることがありません。

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

第10のジョブ“スピリットランサー”

 “スピリットランサー”は、近接アタッカーとヒーラーの能力をあわせ持つ新たなジョブです。

『ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)』

 前線で活躍しながらも自身や仲間を癒したり、自身の戦闘能力を一時的に引き上げたりすることができます。さらなる情報は続報をお待ちください。

※画面写真はすべて開発中のものです。
(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『ドラゴンズドグマ オンライン シーズン2 リミテッドエディション』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■発売日:2016年6月30日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ドラゴンズドグマ オンライン シーズン2 リミテッドエディション』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2016年6月30日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。