News

2016年12月15日(木)

【NieR:Automata応援企画】前作『ニーア』の思い出を振り返ろう“ロボット山”編

文:サガコ

 2017年2月23日にスクウェア・エニックスから発売されるアクションRPG『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』

『ニーア』思い出コラム

 応援企画として、前作にあたる『ニーア レプリカント/ゲシュタルト』の思い出を主人公・ニーアが訪れた町や場所ごとに振り返る連載コラムの3回目は、プレイヤーにとっても、ゲーム内のキャラにとってもそれなりにトラウマが降り積もっているであろうロボット山です!

『ニーア』思い出コラム

※この記事は『ニーア レプリカント/ゲシュタルト』のネタバレを含みます。プレイ予定の方はご注意ください。

ロボット山:武器を求めて来てみれば、オトナの闇に巡り会う

『ニーア』思い出コラム

 ニーアの村から北へ行ったところに佇むロボット山。その名のとおり、鉄と機械を組み上げたような、廃材置き場とでも言うべきような様相を呈しています。確かに、ここなら強い武器も手に入るかもしれないと、武器屋を訪ねてみれば、そこには少年ニーアとさほど年の変わらぬ兄弟が店番をしていました。

『ニーア』思い出コラム
『ニーア』思い出コラム
▲ロボット山の兄弟。面倒見のいいお兄ちゃんと、少しわがままな弟。

 彼らは武器を強化するための素材を探しにロボット山へ入っていった母親が、何日も帰ってこなくて困っていました。店主である母親がいないことには、武器も強化してもらえないので、ニーアたちはロボット山に母親を探しに行くことに。

『ニーア』思い出コラム
▲ロボット山には旧時代の名残か、侵入者を排除しようとする自動ロボットや危険な仕掛けが多数存在する。

 いくら家族の生計を立てるためとはいえ。こんなところに女性ひとりで踏み込むなんて危ないなぁと思わずにはいられないわけで。それくらい攻撃が激しいわけで。

 そうして奥へ奥へと進んでいきましたところ、巨大な機械“ゼペット”に行く手を阻まれます。猛攻をくぐり抜けてゼペットを倒した先に、やっと兄弟のお母さんを見つけるわけですが……、うん、見つけたのはお母さんだけじゃなかったよねっていう、ね。

 ある意味で最悪以上の状況を目の当たりにしてしまって、報告するにも戸惑うわけで。店に戻って、こっちが複雑きわまりない顔をしてると、賢そうな兄ちゃんのほうがさらにこんなこと言っちゃう。

「教えてください。母さんは、好きな人と死ねたんですか?」

 オートーナー!! 母親の諸事情に感づきすぎていて、オートーナー!! キーツーイー!!

 強力な武器とか強化とかどうでもよくなるくらいに、ものすごく複雑な気持ちになる大きなトラウマをいただいてロボット山を去る羽目になるのでした。

 まあ、その……ゲーム的な事情から言えば、これにてロボット山の兄弟が武器強化してくれるようになりますし、母親がアレしてソレしてたかもしれないよなーっていうロボット山へと積極的に山籠もりして、序盤最強の“百獣の剣”を買うためのお金稼ぎと素材集めにいそしむことになるんですけども……。

『ニーア』思い出コラム
▲なんだかんだでしんどすぎる場所なのに、何度も来ることになります、はい。

その後のロボット山でも、トラウマゲットだぜ!!

 あれやこれやとあったのち、大人に成長したニーアとその御一行は再びロボット山を訪れることになるのですが、数年経って久しぶりにお店へ行くと、大きくなった弟くんしか見あたりません。聞けば、悲しいことにロボット山に棲みついている、マモノと一緒にいるロボットにお兄ちゃんは殺されてしまったのだそう……。

 兄の仇を討つべく、一心不乱に武器を作り続ける弟。彼のためにもと、ニーアは依頼されるままに素材を集め、マモノとロボットを倒しに、再びロボット山へと潜るわけですが……。

『ニーア』思い出コラム
▲マモノの言葉は、2周目以降でなければ聞き取ることができません。人間の都合で物事は進んでいきます。

 小さなマモノを頭部に乗せて、ニーアたちに襲いかかってくる巨大なロボットP-33。非情にロボットもマモノも切り捨てて、弟の悲願の達成を為し、マモノを倒すというニーアたちの目的そのものも果たされるわけなんですが……どうも釈然としない違和感が漂うばかりなのでした。

 なによりも、母を失い、兄を失って心をすっかり壊された弟の姿が衝撃的で、もうね、見たくなかった!! 見とうなかったっ!!

『ニーア』思い出コラム
▲弟くんは、空白の数年の間に左腕が義手になってしまってるんですが、その理由とか知ってしまうとトラウマがバージョンアップ必至なので、設定資料集でぜひお確かめください。

 その後――2周目でロボット山へ行きますと、1周目で感じた“違和感”の正体がすべて明らかになりますので、ぜひ諦めずにプレイしていただけますようお願い申しあげます。

 その際に兄さんの死についての別の側面と、ロボットP-33とその頭の上に乗っていた小さなマモノのことを知ることができ、だいぶ大きく成長していたトラウマが最上級に膨れ上がってはじけて、罪悪感で頭を抱える羽目になりますので、絶対に2周目まではプレイしていただけますよう、重ねてお願い申しあげます。

『ニーア』思い出コラム

 今回は“ロボット山”での思い出にスポットを当てたコラムをお届けしました。次回はいろんなものを売ったり買ったりする、きれいな“海岸の街”編をお届けしたいと思っておりますのでお楽しみに!

3月31日に攻略設定資料集が発売。キャラ&ストーリー解説やヨコオタロウ氏による短編小説なども収録!

 本作の攻略情報と設定資料を収録した『NieR:Automata Strategy Guide ニーア オートマタ 攻略設定資料集 ≪第243次降下作戦指令書≫』を3月31日に発売します。価格は2,500円+税。仕様はB5判・304ページとなっています。

 やり込みに役立つ攻略データに加え、ネタバレ注意のキャラクター&ストーリー解説も収録!

 ディレクター・ヨコオタロウさんによる短篇小説、小説家・映島巡さんによる書き下ろし小説2篇も読める『NieR:Automata』ファン必携の1冊です。

『ニーア』思い出コラム バックナンバー

(C)2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by cavia Inc.
(C)2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

データ

▼『ニーア ザ・コンプリートガイド+設定資料集 GRIMOIRE NieR -PROJECT GESTALT & REPLICANT SYSTEM-』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2010年5月28日
■価格:1,995円(税込)
 
■『ニーア ザ・コンプリートガイド+設定資料集 GRIMOIRE NieR -PROJECT GESTALT & REPLICANT SYSTEM-』の購入はこちら
Amazon.co.jp
イメージ
▼『ニーア レプリカント(アルティメット ヒッツ)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:ARPG
■発売日:2011年4月21日
■希望小売価格:3,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『ニーア ゲシュタルト(Xbox 360 プラチナコレクション)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:ARPG
■発売日:2011年4月21日
■希望小売価格:3,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『NieR Automata(ニーア オートマタ)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:ARPG
■発売日:2017年2月23日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。