News

2017年1月5日(木)

桐原アトム役・増田俊樹さんがシェアハウスしたい相手とは!? 『マジフォー』ドラマCDインタビュー

文:電撃Girl'sStyle

 ピタゴラスプロダクションのアイドルたち9人が全員登場するドラマCDが3カ月連続リリースされた。電撃Girl’sStyle1月号に掲載された、桐原アトム役・増田俊樹さんのインタビュー完全版をお届けしよう。 

桐原アトム役・増田俊樹さん『マジフォー』ドラマCDインタビュー
▲「MARGINAL#4 ドラマCD ~星降る夜の、クリスマス~」のジャケットイラスト。

――今回のドラマCDでは、担当キャラクターはいかがでしたか?

 今まで行なってきたミニドラマや朗読劇ではそれぞれのキャラクターがバランスよく登場していましたが、今回のドラマCDシリーズでは“アトムのエピソード”と言ってもいいくらいにフィーチャーしていただきました。クリスマス編がそれに当たるのですが、僕としては「ここにきて急にしゃべった!」とスポットが当たったことに驚いています(笑)。

 アトムがサンタクロースにここまで思い入れがあると知らなかったので、彼についてまた新しい発見もできました。聴いていただくとわかると思うのですが、アトムのサンタに関する知識量はすごいですよ(笑)。アトムにとってサンタは“プレゼントをくれるから好き”レベルだと思っていたのですが、「よく覚えてるな」、「そんなことまで知ってるんだ!」と驚かされました。

――演じられている増田さんから見ても、意外なアトムの一面が明らかになるのですね。

 これまでリリースさせていただいたドラマCDはマジフォー4人、マジフォーとラグポ、といった形でしたが、仲間が増えることで今まで見えなかったキャラクターの姿が見えてくるようになるんです。

 今回もUNICORN Jr.が加わることで新たな事件が起きたり、季節の行事を楽しんだりとこれまでとは違ったアプローチで物語が展開していきます。アイドルとしての仕事の話だけでなく、好きなものやプライベートがピックアップされ、またひとつ、ふたつとアトムについて理解を深めることができてよかったです。

――3枚のなかで、印象に残っているエピソードやシーンはありますか?

 第2弾の『星降る夜が、起こした4つの奇跡』で「白雪王子」という演劇に挑戦する場面があるのですが、まさかアトムがナレーションをするとは思わなかったです(笑)。ミスの許されない大事な役割なので、てっきりルイやシャイが担当するかと思っていました。

 恐らくこの配役には8人全員が「アトムに任せていいのか?」と思っていたことでしょう(笑)。僕もその期待(?)に応えて、不器用な感じで取り組ませていただきました。アトムの貴重なナレーションは現在発売済みのドラマCDでお聴きできるかと思いますので、ぜひ聴いてもらえるとうれしいです。

 反対に『星降る夜の、クリスマス』は終始アトムらしさが全開なので、アトムクラスタのみなさんにはこちらも合わせてお聴きしていただけると! 

――今回は全員出演ということで、先輩や後輩とのシーンもあったのでしょうか?

 先輩2人が登場すると、率先してアトムが絡みにいく印象でした。あとは、アルトとシェアハウスで一緒に暮らすシーンもあるのですが、名前が似ているので台詞の確認をしていると、間違えてアルトの部分にもチェックを入れてしまうことが何度もありました(笑)。これまでアトムとアールですら間違えてしまったことがあるのに、ついにアルトですからね! 

――アトムくんはシェアハウスだとアールくん、アルトくんと一緒の組み合わせですが、増田さんはどなたかとシェアハウスできそうですか?

 僕は絶対無理です!! 特にドラマCDと同じ組み合わせの(鈴木)裕斗、沢城千春さん、僕ってみんな同じラインにいるので一緒だと大変なんじゃないかな(笑)。もし、このメンバーでイベントがあったら僕は遊び要素一切ナシのMCに徹しようと思います(笑)。

 なかなかマイペースで問題児だらけの「ア」組なので、もし彼らのシェアハウス模様がオンエアされることになっても大変そうですね。僕が番組ディレクターだったら、取れ高のなさにバッサリ編集のメスを入れること請け合いです(笑)。

――ドラマCDのテーマは「ハロウィン」「パーティー」「クリスマス」ですが、その中でご自身のエピソードはありますか?

 子どもの頃は誕生日パーティーを開いてもらったり、毎年サンタさんがくれるというていでプレゼントをもらったりしていました。どちらかというと、どれも今のお仕事を始めてから関わることが増えたイベントのような気がしています。ありがたいことに、そういったイベントに参加させていただいたり、当日もお仕事を入れていただけたりと充実している印象の3ワードです(笑)。

 『MARGINAL#4』関連で言えば、クリスマスにニコ生を行なったことが懐かしいな。KENNさんにやたらとケーキを勧められたこと、横で直純さんが非常に楽しそうに笑っていたことなどを今でも覚えています。あのときは、まだ直接現場で先輩とご一緒する機会が少なかったので、お2人からかわいがってもらえてうれしかったです(笑)。

――ちなみに、現在までアトムくんはサンタクロースの存在を信じていますが、増田さんはどれくらいまで信じていらっしゃいましたか?

 小学校中学年くらいでしょうか。5年生くらいになると、一応サンタ宛てに欲しいものを書いた手紙を窓へ貼っておくのですが、心のなかでは「もう貼っておかないと両親が買う時間なくなっちゃうもんな」と悟っていたような気がします(笑)。物心つく頃には、サンタ=親だと理解していたんじゃないかな。

――読者にメッセージをお願いします。

 ピタゴラスプロダクション9人の楽しいシチュエーション満載のドラマCDがリリースされました。結成から4年目の今、ドラマCDだけでなくアニメへ向けての活動も行なっておりますが、これも9人を支えてくださったクラスタのみなさんのおかげだと思っています。今後もさまざまな展開が続く『MARGINAL#4』ですが、これからもみなさんの気持ちを離さないよう、誠心誠意活動していきますので見守ってください。

桐原アトム役・増田俊樹さん『マジフォー』ドラマCDインタビュー

(C)2014 Rejet / IDEA FACTORY
(C)2015 Rejet

データ

▼ピタゴラスプロダクション「MARGINAL#4 ドラマCD ~星降る夜の、ハロウィンパーティー~」
■メーカー:Rejet
■発売日:2016年10月12日発売
■価格:2,500円+税
 
■ピタゴラスプロダクション「MARGINAL#4 ドラマCD ~星降る夜の、ハロウィンパーティー~」の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼ピタゴラスプロダクション「MARGINAL#4 ドラマCD ~星降る夜が、起こした4つの奇跡~」
■メーカー:Rejet
■発売日:2016年11月9日発売
■価格:2,500円+税
 
■ピタゴラスプロダクション「MARGINAL#4 ドラマCD ~星降る夜が、起こした4つの奇跡~」の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼ピタゴラスプロダクション「MARGINAL#4 ドラマCD ~星降る夜の、クリスマス~」
■メーカー:Rejet
■発売日:2016年12月14日発売予定
■価格:2,500円+税
 
■ピタゴラスプロダクション「MARGINAL#4 ドラマCD ~星降る夜の、クリスマス~」の購入はこちら
Amazon.co.jp
その他のおすすめ記事

関連サイト

電撃Girl'sStyle

最新号紹介

  • 電撃Girl’sStyle2月号

     電撃Girl’sStyle2月号表紙画像

    2017年1月10日発売/特別定価980円


    【スペシャル付録】
    ★『MARGINAL#4』&『スタンドマイヒーローズ』両面B2ポスター
    『MARGINAL#4』は、パフォーマンス中のマジフォーメンバーがお目見え! 『スタンドマイヒーローズ』は、今大路峻、槙慶太、山崎カナメ、都築京介の4名のおやすみ姿のイラストが登場。

    ★『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』エピソード2 グッズ付きガルスタシート申込コード
    エピソード1が大好評のうちに終了した『プリステ』より、早くも4月に上演されるエピソード2の申込コードが付録に! FiFS描き下ろしのグッズ付きで観覧できるのは、ガルスタシートだけ!!

    【巻頭特集『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズ】
    シリーズ初のPS Vita移植タイトル『うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE』の発売まであと少し。ますます盛り上がる『うた☆プリ』シリーズを、10Pにわたって大特集。ガルスタが極秘入手したアイドル候補生時代の7人の秘蔵インタビューを一問一答形式で掲載。プロローグのルート別最速プレイレポート、TVアニメ『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』の名場面&挿入歌のおさらいも。

    【ガルスタイチ推し! ウワサのモテ男子『文豪とアルケミスト』】
     精神の世界である“本”を守るため、有名な文豪たちを転生させて戦う本作から、芥川龍之介の描き下ろしイラストが到着。ゲームのポイントをわかりやすく解説し、開発スタッフに図書館の疑問を直撃。イベントでの追加要素も紹介!

    【初夢特集2017~今年最初に見た夢は?~】
    ガルスタだけの描き下ろしイラストやショートストーリーが満載!
    『花朧 ~戦国伝乱奇~』
    『スタンドマイヒーローズ』
    『ドリフェス!』
    『プリンス・オブ・ストライド』
    『ときめきレストラン☆☆☆』
    『A3!(Act! Addict! Actors!)』
    『明治東亰恋伽』
    『DIABOLIK LOVERS』シリーズ
    『マジカルデイズ The Brats’ Parade』
    『夢王国と眠れる100人の王子様』
    『剣が君 百夜綴り』>
    『茜さすセカイでキミと詠う』
    『アイ★チュウ』

    >> 詳細はこちら