News

2016年12月27日(火)

『ブルー リフレクション』“私立岸田メル學園 Vol.3”で母校を取材した岸田メル氏がその過去を語る

文:電撃オンライン

 電撃PlayStation誌で連載中の『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』のキャラクターデザイン・監修を務めるイラストレーター、岸田メル氏のコラム“私立岸田メル學園”。前回に引き続き、電撃PS Vol.626に掲載された本コラムVol.3再録版をお届けします。

『ブルー リフレクション』
▲『電撃PlayStation Vol.626』よりVol.3再録版を掲載。

私立岸田メル學園 Vol.3

 はい起立ー!! 礼!! 快便!!

 えー今回の岸田メル學園は、僕岸田メルの学生時代についてお話しますよ。ネット上では「岸田メルはおふざけおじさんで明るい性格、クラスでも人気者だったんでしょ? リア充死ね!」とか言われてたんですが、まったくもって人を見る目がなさすぎではないですか? 明るい奴が女の子の絵なんか描くかよ(偏見)!!

 というか、絵を描く人ってみんな暗いんじゃないですか? 明るい人は校庭でサッカーとかするでしょ? ねぇ、バスケとかやってさあ。そりゃ、小中高とモテる人はみんなスポーツマンですよ。チャラチャラしやがってさあ。そういうのができないから絵を描いて発散してんでしょうが!

 というわけで小学校中学校はろくすっぽ外で遊びもせず家でゲーム、学校の休み時間は一人で自由帳に落描き、というような暗~い子供でした。え、ゲーム友だちとしないの? って思った? しないよ。なにが対戦だよ、な~にがパーティーゲームだよクソ。こっちはそういう誰かとワイワイ楽しんでゲームやった思い出が無いから実況動画にもイマイチ乗れねえんだよ!!

 しかも、休み時間で絵描いてるでしょ、そうすっとたまにサッカー野郎とかが、「お、何描いてんだよ~見せろよ~」とかくるんですよ。この時点で100回呪っているんですが、ア…ア…とか言いながら嫌々見せると「お、何これウメーじゃん(笑)」ふざけんなよお前らが外でみんなとサッカーやったりドッジボールやってる間一人でシコシコ絵描いてんだからうまくて当たり前なんだよバーカ!! ハァ…ハァ……。

 まあ、そんな感じだから小中の話とかどうでもいいんですよ。おいこら担任のM村!「 岸田君は何故休み時間に廊下で一人でいるんだい?」とか聞くな! と!も!だ!ち!が!い!な!い!ん!だ!よ!

 そんなこんなで高校生になったわけですが、今までのクソみたいな生活を変えたくて演劇部に入って、部活ではそれなりに楽しく過ごすことができました。クラスではあい変わらずア……ア……ってなもんでしたけど。

 で! ここからが重要なんですが、本作『BLUE REFLECTION(ブルリフ)』、主人公日菜子ちゃんの通う星ノ宮女子高校は、なんと岸田メルの通った高校をモデルにしています!

 な~んだやっぱり岸田メルちゃん女子高生だったんだ~、なワケないんですが、僕の母校は当然ながら共学なので、女子高ってことにしてかなり忠実に取材を行いました。構造自体は簡略化されてますが、コーエーテクモゲームスCG部のスーパーテクノロジーにより建物の質感や空気感はものすごい再現度になっています。

 普段は行けない屋上なんかも取材して、ゲームでは屋上に行き放題です。もちろんトイレも取材しましたよ~。作ってもらえなかったけどね。俺、高校ではつまはじきもんで、先生たちからもノリで学校に来たり来なかったりするアホみたいな認識で、クラスにもなじめなくて、生活指導の怖い先生に待ち伏せされて説教されてたりしたけど、15年経って取材とか行って校舎を歩くなんて思いもよらなかったなー。

 ついこないだ、ゲーム中のライトの調整を行ったのですが、あまりに母校の空気が再現されてしまい、別にそんないい思い出もないのに何だかグッときてウルっときてしましました……。

『ブルー リフレクション』
▲岸田メルと一緒に高校を取材するも、コワモテ過ぎて戦場カメラマンにしか見えない、コーエーテクモゲームスのCG担当さん(本当)。

 私立岸田メル學園は、電撃PlayStation本誌にて掲載されています。最新号のVol.629(12月22日発売)では第5回を掲載。今回掲載したVol.3の続きが気になる方はバックナンバーをお買い求めください。

『ブルー リフレクション』“私立岸田メル學園”(再録版)過去記事

ゲーム内衣装など電撃屋限定の特典が付属する『電撃スペシャルパック』も発売!

 本作のプレミアムボックス版と通常版の双方に“主要キャラクター15人の制服衣装差分プロダクトコード”、“岸田メル氏描き下ろしB2メタルクリアポスター”、“香りつきリップクリーム”が付属するスペシャルパックが電撃屋にて発売。

 発売日は2017年3月30日。価格はPS4スペシャルパック(プレミアムボックス版)が12,800円+税、スペシャルパック(通常版)が9,800円+税。PS Vitaスペシャルパック(プレミアムボックス版)が11,800円+税、スペシャルパック(通常版)が8,800円+税。各商品の予約受け付けは2017年1月22日まで。

 また、初回封入特典として用意されている“オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ!」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル”も付属する。

 衣装プロダクトコードの詳細やB2メタルクリアポスターの絵柄などは今後公開していくのでお楽しみに!

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.

データ

イメージ
▼『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■発売日:2017年3月30日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:RPG
■発売日:2017年3月30日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。