News

2016年12月25日(日)

『FF14 紅蓮のリベレーター』赤魔道士は支援ではなくピュアDPSに。新アライアンスレイドダンジョンはパッチ4.1から実装

文:電撃オンライン

 スクウェア・エニックスより12月24・25日に実施されたPS4/PS3/PC用MMORPG『ファイナルファンタジーXIV(FFXIV)』の大規模イベント“FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2016-2017”の基調講演で新ジョブ・赤魔道士や新アライアンスレイドダンジョンについてさまざまな情報が公開されました。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

 本イベントで、プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏に赤魔道士についてなどお話をうかがうことができたので、その内容をお届けします。

新ジョブ・赤魔道士はピュアDPS

――ラスベガスとの心境の違いはありますか?

 多少気が楽だったのは、新情報やクモネタを出せるようになっていたので、若干気持ち的には楽でしたが緊張感は変わらなかったです。

 あと、母国ということで言葉がダイレクトに伝わりますし、お客様の歓声や態度で盛り上げてくれたので、順調に行えたんじゃないかと思います。

――今回の発表のテーマはなんだったのでしょうか?

 今回ちょうど中間地点なので、ラスベガスのファンフェスを皮切りに、パッチを含めて4.0へのストーリー展開という意味では、日本のファンフェスと来月実施される新パッチがちょうど折り返し地点となります。

 後は最後の2月のフランクフルトと“宿命の果て パート2”をもって、パッチ4.0へすっきりいけるかなという感じなので、中間の折り返しとして最初の一発目、うまくいったかなと思います。

――今日発表されたもので全体のどれくらいの割合なのでしょうか?

 半分くらいになります。ドイツでの発表は、結構びっくりしていただける内容がもう半分あると思います。また、“パッチ3.5 パート1”をプレイするとまた一段と「フランクフルト早く!」ってなると思います。

――今日はやはり新ジョブ・赤魔道士が公開されたことが大きかったかなと思います。

 ラスベガスではうれしいけど、もうちょっと情報がほしかったなという感覚だったと思いますので、日本ではまずはジョブから行くからねという話をチームの人たちにも話していて、やっぱり盛り上がっていただけたかなと思います。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

――なぜ赤魔道士ななのでしょうか?

 やはり、『FFXIV』の旧版から担当することになって、『FF』らしいジョブをとにかくしっかり実装していくと当時から話していたと思います。

 それで、『FF』シリーズは来年30周年を迎えるということで、たくさん思い出に残っているジョブはたくさんあると思います。その中でも赤魔道士は外せないかなと。そういう消去法で考えていった時に、世界中から赤魔道士を『FFXIV』のグラフィックスとバトルで使ってみたいと