News

2017年1月8日(日)

『デジタルモンスター』復刻版が登場。オメガモンやハックモンなど総登場キャラ数154体収録

文:イズミン

 バンダイ公式ショッピングサイト“プレミアムバンダイ”限定で、『デジタルモンスター ver.20th』の予約受付が実施中です。価格は各3,780円(税込/送料・手数料別途)で、“オリジナルブラウン”と“オリジナルグレー”の2種で展開されます。

『デジタルモンスター ver.20th』

 本商品は『デジモン』コンテンツの元祖である携帯型液晶育成ゲーム『デジタルモンスター』の誕生20周年を記念して展開される、新機能を追加した復刻版で、“WEB連動”や“2体同時育成”など機能が拡充した進化版です。

 持ち運びできる手のひらサイズの本体の中で、現実時間とともに成長するデジモンを育成できる『デジタルモンスター』が、デジモンを育成する楽しさはそのままに、“登場するデジモン”、“育成&進化”、“通信&バトル&WEB連動”など機能を大幅にレベルアップして、ver.20thとしてふさわしく誕生します。

『デジタルモンスター ver.20th』
▲“オリジナルブラウン”。
『デジタルモンスター ver.20th』
▲“オリジナルグレー”。

登場するデジモン

 本商品は、“デジタルモンスター”のver.1からver.5までの全デジモンの他に、10周年・15周年記念で登場した“ドラコモン”と“ハックモン”、“20周年を記念した新デジモン”を加えた育成可能キャラ数134体、総登場キャラ数154体が収録されています。

 また、デジモン育成の第一歩であるデジモンの卵“デジタマ”には、特殊な条件を満たさないと入手できない“特殊デジタマ”が追加され、“オリジナルブラウン”限定のアグモンと“オリジナルグレー”限定のガブモンは、2匹を合体させることでオメガモンを入手することもできます。

育成&進化

 『デジタルモンスター』シリーズで初めて、2体のデジモンを同時育成することが可能になっています。2体のデジモンが仲よくエサを食べる姿や睡眠をとるかわいらしい姿を見て楽しむことができます。

 また、以前のバージョンよりも育成スピードを大幅にアップすることで、多くのデジモンを育てることができるため、当時遊んでいた大人の人も働きながらプレイすることができます。

 その他、タッグバトルすることでできる合体など新しい進化方法も追加され、育成だけでなく対戦機能もレベルアップしています。

通信&バトル&WEB連動

 自分で育てた2体のデジモンでタッグを組んで友だちやコンピューターと戦うタッグバトル機能は、友だちが育成したデジモンをコピーして受け取り、自分が育てたデジモンとタッグを組ませて戦うこともできます。

 また、本商品には育てたデジモンをWEBに登録する機能を搭載。1990年代後半から日本各地で開催していたデジモンを戦わせる“D-1グランプリ”がWEBで復活、本商品で育てたデジモンで日本中のライバルと戦うことができます。

 なお、D-1グランプリの詳細は後日デジモンウェブでお知らせされるとのことです。

D-1グランプリとは

 D-1グランプリは、参加者が持参したデジタルモンスター同士を戦わせる公式大会で、日本の各主要都市で開催されました。参加者はメインである小中学生男子が中心で、小学生女子や男子高校生なども参加していました。

 トーナメント形式で通信対戦を行い、当時の優勝賞品として、『デジタルモンスター』ver.4の特別仕様版であるD-1スペシャルが用意されました。

『デジタルモンスター ver.20th オリジナルブラウン/オリジナルグレー』商品概要
・価格:各3,780円(税込/送料・手数料別途)
・対象年齢:15才以上
・セット内容:本体×1
・商品サイズ:W約58mm×H約41mm×D約15mm
・商品素材:ABS、PC、合成ゴム
・生産国:中国
・販売ルート:バンダイ公式ショッピングサイト“プレミアムバンダイ”限定
・予約期間:1月6日10:00~3月27日23:00予定
・商品お届け:6月予定
※最新の情報・詳細は商品販売ページでご確認ください。
※準備数に達した場合、販売を終了する場合があります。
※ページにアクセスした時点で販売が終了している場合があります。
※商品仕様などは予告なく変更になる場合があります。
※掲載している写真は開発中のため、実際の商品とは多少異なる場合があります。
※日本国外で販売される可能性があります。

(C)BANDAI

その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。