News

2017年1月19日(木)

ニンテンドースイッチ版『魔界戦記ディスガイア5』はPS4版のDLCを収録。自由なプレイスタイルで遊べる

文:喜一

 日本一ソフトウェアが3月3日に発売するNintendo Switch用ソフト『魔界戦記ディスガイア5』は、2015年3月26日に発売されたPS4版にダウンロードコンテンツとアップデートパッチを収録し、Nintendo Switchに最適化されている。

『魔界戦記ディスガイア5』

 『魔界戦記ディスガイア5』は、TVモード、テーブルモード、携帯モードといった自由なプレイスタイルで遊べる。

『魔界戦記ディスガイア5』

 この記事では、物語や登場キャラクター、ゲーム概要などを紹介しよう。

物語~あらすじ~

 銀河の闇よりさらに喰らい。漆黒の宇宙に点在する無数の魔界。それぞれの魔界には血気盛んな悪魔どもを従える魔王が存在し、魔界全体は彼らのにらみ合いによって均衡が保たれていた。

 だが、突如現れた魔帝ヴォイドダークとその配下の軍団“ロスト”により、多くの魔界が蹂躙され、次々とその軍門に下っていった。

 時を同じくして、勢力を拡大するロストに立ち向かう1人の若き悪魔がいた。彼の名は“キリア”。魔帝ヴォイドダークに復讐を誓い、魔界各地で暴威をふるうロストに単騎挑み続ける素性不明の悪魔である。

『魔界戦記ディスガイア5』

 辺境の渇血魔界でロストの一個小隊を撃破したキリアは、そこでロストに襲われていた姫魔王セラフィーヌを図らずも助けてしまう。

 セラフィーヌに“有能なしもべ”として見染められたキリアは、なかば強引に打倒ヴォイドダークを志す者として、行動をともにさせられるのであった……。

『魔界戦記ディスガイア5』
『魔界戦記ディスガイア5』
『魔界戦記ディスガイア5』

登場キャラクター

キリア(声優:宮野真守)

『魔界戦記ディスガイア5』

 ヴォイドダークと深い因縁があり、復讐を志す青年悪魔。仲間を作って戦うことを嫌っている。冷たく陰のある雰囲気だが、ロストに苦しめられる物を見過ごせない優しさも持つ。

 カロリー消費が激しい体質で、隙があればどこでも食事をとろうとする。

セラフィーヌ(声優:ブリドカットセーラ恵美)

『魔界戦記ディスガイア5』

 三界(魔界、天界、人間界)一の富を誇る絢爛魔界の姫魔王。この世の男は自分にかしずくために存在していると本気で思っている。

 父親が勝手にヴォイドダークとの政略結婚を決めたことに腹を立てて家出。ヴォイドダークを抹殺しようと考えている。

ウサリア(声優:明坂聡美)

『魔界戦記ディスガイア5』

 争いを好まない悪魔たちが集まる兎兎魔界の跡取り娘。ヴォイドダークの配下、魔将軍マジョリタによって、苦手なカレーを食べ続けなければ凶暴化する呪いがかけられている。

 今ではカレーが逆に好物となっている。悪魔とは思えない優しくて素直な性格。

レッドマグナス(声優:子安武人)

『魔界戦記ディスガイア5』

 凶暴な悪魔どもが集結する灼熱魔界の魔王。野生的で力こそすべてと信じ、ヴォイドダークを倒すことで最強の魔王になろうとしている。セラフィーヌの絢爛魔界とは遠い祖先の代から犬猿の仲。“超絶”が口ぐせ。

クリスト(声優:間島淳司)

『魔界戦記ディスガイア5』

 “さる巨大魔界”に所属する魔王の1人。キリアが持つ強大な潜在魔力に目をつけて、ヴォイドダーク暗殺に利用しようとたくらんでいる。軍師・参謀としての能力に秀でており、勝利のためなら手段を選ばない。

ゼロッケン(声優:柿原徹也)

『魔界戦記ディスガイア5』

 伝説の大魔拳ゴルディオンの弟子を名乗って、ロストを相手に孤軍奮闘する小さな魔王。ロストと戦うキリアたちの前に現れては、頼みもしないのに助けようとする。

 お調子者の一面もあり、相手の素性によって態度を変える柔軟な思考回路の持ち主。

ヴォイドダーク(声優:山本匠馬)

『魔界戦記ディスガイア5』

 最強最悪の魔帝として全魔界にその名を轟かせるロスト軍の最高指揮者。その苛烈な也新はとどまることを知らず、強大な魔力を背景に、次々と魔界を支配下に収めている。

 性格は冷酷かつ残忍で、配下さえ自分の手駒としか考えていない。

ブラッディス(声優:岩崎征実)

『魔界戦記ディスガイア5』

 魔将軍の1人で、その実力はヴォイドダークに次ぐと噂されている。強い相手と戦うことに密かな喜びを見出している。

マジョリタ(声優:潘めぐみ)

『魔界戦記ディスガイア5』

 ヴォイドダークに忠誠を誓う魔将軍の1人。死霊術に精通し、使えない者は味方だろうと容赦なく殺して死人として甦らせて使役する。

リーゼロッタ(声優:愛美)

『魔界戦記ディスガイア5』

 穏やかな雰囲気を漂わせる謎の女性。主人公キリアと、何かしらの関係があるようだが……?

魔界の“王”たちが激突し合う、史上最凶のシミュレーションRPG

 本作の舞台は全宇宙に存在する幾多の魔界。プレイヤーは主人公・キリアを中心に、さまざまな魔界に住む“悪魔”や“魔王”を集め、“魔帝ヴォイドダーク”の打倒を目指す。

 戦闘はマス目状のマップで戦うシミュレーションRPG方式。拠点で“反乱軍”を編成し、多様な戦闘システムを駆使して敵勢力を撃破しよう。

『魔界戦記ディスガイア5』
『魔界戦記ディスガイア5』
『魔界戦記ディスガイア5』
『魔界戦記ディスガイア5』
▲ゲームはイベント→拠点→戦闘を繰り返して進行。

『ディスガイア』シリーズおなじみのユニークなシステム

 『ディスガイア』シリーズの魅力の1つがシミュレーションRPGの常識に囚われない“ぶっとんだゲームシステム”の数々だ。

“持ち上げ”&“投げ”

 『魔界戦記ディスガイア』シリーズならではの“持ち上げ”&“投げ”システム。厄介な敵やオブジェクトを遠ざけたり、味方を敵陣に突っ込ませたりと使い方はさまざま。うまく活用して自軍に有利な状況を作りだそう。

『魔界戦記ディスガイア5』

500種類に及ぶ“特殊技”

 戦闘ユニットは、“職業”や“種族”、“使用武器”に応じて、さまざまな“特殊技”を習得し繰り出せる。派手なものからユニークなものまで多種多様な特殊技が存在する。

『魔界戦記ディスガイア5』

鍛えたぶんだけ強くなる“やりこみ要素”

 “億超えダメージ”や“レベル9999”をはじめとするシリーズおなじみのやりこみ要素は『魔界戦記ディスガイア5』でも健在だ。

 この他にもバトルにはさまざまな要素が盛りだくさん。あらゆるシステムを使いこなし、反乱軍を勝利に導け!

『魔界戦記ディスガイア5』

『魔界戦記ディスガイア5』ならではのシステム

 『魔界戦記ディスガイア5』では、“復讐と叛逆”、“魔王集結”といったコンセプトに則った本作ならではのシステムが搭載。劣勢を跳ねのける“リベンジモード”や魔王クラスの悪魔が持つ“魔奥義”など、シリーズ初登場のシステムで敵の軍勢を圧倒しよう。

叛逆の狼煙が上がる“リベンジモード”

 戦闘ユニットに新たな搭載された“リベンジゲージ”。戦闘中に味方ユニットがダメージを受けたり、撃破されたりすることでゲージが徐々にたまり、MAXにまで達すると“リベンジモード”に突入。

『魔界戦記ディスガイア5』

 リベンジモード中はステータスが強化され、通常ではありえないほどの力をユニットたちが発揮。

魔界を統べる強者たちの力!“魔奥義”

 リベンジモード発動中は、魔王クラスの力を秘めた悪魔たちに限り、それぞれ“魔奥義”と呼ばれる秘技を使用可能。いずれの魔奥義も戦局が一変するような効果を持っている。

『魔界戦記ディスガイア5』

どこまでも自由な“キャラクターメイク”

 『ディスガイア』シリーズおなじみのオリジナルユニット作成システム。ともに戦う戦闘ユニットをプレイヤー自身で作成し、自軍の戦力強化を図る。

 本作では40種類以上の種族&職業からひとつを選択し、名前やステータス値をはじめとしたさまざまなパラメータを好みに設定できる。

 作成したユニットはプレイヤーの思い通りに育成が可能。レベル9999を目指して鍛えるもよし、さまざまな職業を経験して戦術の幅を広げるもよし、育て方は自由自在だ。

『魔界戦記ディスガイア5』
『魔界戦記ディスガイア5』
『魔界戦記ディスガイア5』

Nintendo Switch『魔界戦記ディスガイア5』の魅力

 Nintendo Switch『魔界戦記ディスガイア5』には、PS Storeで販売されたダウンロードコンテンツを収録。日本一ソフトウェア人気タイトルに登場するキャラとオリジナルストーリー、新たに仲間となる全29人の個性的で強力なキャラが楽しめる。

(c)2015-2017 Nippon Ichi Software, Inc.

データ

▼『魔界戦記ディスガイア5』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:Switch
■ジャンル:SRPG
■発売日:2017年3月3日
■希望小売価格:6,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。