News

2017年1月19日(木)

魔戦士、マミー、ダンジョン探索。懐かしの『FE外伝』が3DS『ファイアーエムブレム Echoes』としてリメイク

文:そみん

 任天堂は、ニンテンドー3DS用ソフト『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』を4月20日に発売することを発表しました。価格はパッケージ版、ダウンロード版ともに4,980円+税。

 『LIMITED EDITION』は6,980円+税で、マイニンテンドーストア限定の『VALENTIA COMPLETE』は10,980円+税です。

『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』

 なお、本情報は1月19日に行われた“ファイアーエムブレム Direct 2017.1.19”と、公式サイトで公開されたものとなります。

動画:ファイアーエムブレム Direct 2017.1.19 プレゼンテーション映像

 本作は、かつて1992年3月14日にファミコンで発売された『ファイアーエムブレム外伝』をリメイクしたもの。バレンシア大陸という舞台や、北の邪神ドーマと南の大地母神ミラといった世界観、2人の主人公(アルムとセリカ)といった部分を踏襲しつつ、3DS用に大幅にリニューアル。

動画:ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王 初公開映像

 3Dグラフィックとなり、いくつかのシステムも現代風にリファインされているそうですが、ダンジョン探索や自由度の高い育成システムなど、『ファイアーエムブレム外伝』らしさはしっかりと残されている模様です。

番組のキャプチャ画像を使った紹介

『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』
『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』
▲番組中には、なつかしのファミコン版『外伝』の画面も登場。2人の主人公がいて、マップ移動やダンジョン探索もあるなど、かなりユニークなゲームでした。
『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』
『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』
▲3DS版は3Dグラフィックに。システムも今風にリファインされるとのこと。個人的には、魔法を使う際にHP消費なのかどうかが気になります。
『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』
▲アルムとセリカは健在。やはり、2人の主人公が別々のマップを冒険していくのでしょうか? キャラクターデザインは左さんです。
『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』
『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』
▲アニメーション制作はスタジオカラー。
『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』
▲フィールドでのマップ移動のシステムは健在。さらに、ダンジョン探索ではキャラクターを自分で動かせる模様。敵にぶつかるとエンカウントして、バトルに突入します。
『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』
▲ファミコン版『外伝』のバトルといえば、自軍の操作をCPUにまかせる自動操作機能が地味に便利でした。あと、経験値稼ぎに便利なマミーも思い出深いです。ゾンビに紛れてマミーがいると、とてもうれしいんですよね。
『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』
▲動画内では、ルカ、グレイ、ロビン、クリフ、シルク、クレア、セーバーといった、『FE外伝』でおなじみのキャラクターの存在も確認。エフィという見慣れぬ名前も?
『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』
▲もちろんクラスチェンジも存在。ついつい“村人”とか“魔戦士”があるかどうか探しちゃいますね。3DS版ではどうなるのでしょうか?
『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』
▲4月20日にはアルムとセリカのamiibo(アミーボ)も発売。どんな効果があるのか気になります!

(C)2017 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。