News

2017年1月31日(火)

コロプラとコロプラネクストが新たなVR専門ファンド“Colopl VR Fund 2”設立

文:Taka

 コロプラおよび、コロプラの100%子会社で投資事業を展開するコロプラネクストは、国内外のVR(Virtual Reality)関連企業を投資対象とする“コロプラネクスト4号ファンド投資事業組合(Colopl VR Fund 2)”を1月31日に設立しました。

“Colopl VR Fund 2”

 “Colopl VR Fund 2”は、2016年1月に設立した“Colopl VR Fund”と同様に、コロプラとコロプラネクストが出資する5,000万米ドル規模のVR専門ファンドです。

 コロプラネクストでは、現行のVRファンドとあわせて1億米ドルの規模を誇る世界屈指のVR特化型ファンドで運用されます。

 VR元年と称された2016年は“Oculus Rift”を皮切りにVR向けヘッドマウントディスプレイ(HMD)の製品版が一斉に販売され、VRへの注目度が高まっています。コロプラは、ゲームと映像は自社グループで対応、カバーしきれない部分を投資で網羅する戦略をとりながら一歩ずつ着実にVRへの展開を予定しています。

 また、“Colopl VR Fund”ではコロプラネクスト運用のもと、国内外にわたるVR関連企業30社超への投資実績をあげています。

“Colopl VR Fund 2”

 コロプラは、立ち上がったばかりのVR市場の発展には、その成長をさらに加速させるプレイヤーが必要だと考えており、新たに設立した“Colopl VR Fund 2”を通じて、未投資領域・未投資地域への投資および、既存投資先への追加投資を進めながらVR業界の興隆に引き続き貢献していくとのことです。

コロプラネクスト代表取締役社長の山上愼太郎さんのコメントを掲載

 インターネットの登場により、それまでの常識が覆り人びとの生活・行動様式が変わったように、VRは今までの常識を超越した新しい体験ができるプラットフォームになると確信しています。

 仮想世界において現実世界と同様の感覚や刺激を得られるようになり、物理的な距離とは関係なくその空間をともにできる――VRの登場により、私たちが今まで経験してきた世界が格段に拡張する時代へと近づいています。

 VRの可能性を信じ設立した“Colopl VR Fund”では、設立から1年で30を超える企業へ投資しました。投資領域はコンテンツやハードウェア、要素技術、ツールなど多岐に渡ります。

 投資先企業の多くは順調にその企業価値を高めており、すでに数社には追加投資も実行しVR市場における活躍を期待しています。

 投資活動の中で世界各国数百もの企業とミーティングを重ねたことで、将来性が期待できる企業がたくさんあることを知りました。

 また、世界のVRに対する熱量は驚くほど高く、先行するアメリカに次いで中国におけるVR市場が急速に拡大している現状を目の当たりにしました。

 このようにVR関連企業のすそ野が拡大している手応えを感じたこと、世界のVRに対する熱量の高さを実感したことからVR市場の確立を確信するとともに、新たなファンドの必要性を認識しました。

 このたび設立を決定した“Colopl VR Fund 2”では、医療や教育、エンタープライズ系といった未投資領域に加え、欧州、中東、アジアといった地域への投資を拡大し、VRが拡大するためのエコシステムの成長を積極的にサポートしてまいります。

“Colopl VR Fund 2”概要
【名称】Colopl VR Fund 2(コロプラネクスト4号ファンド投資事業組合)
【設立】2017年1月31日
【ファンドサイズ】最大5,000万米ドル予定
【運用会社】株式会社コロプラネクスト
【投資対象】VR(Virtual Reality)関連の商品・サービスを開発・提供する国内外企業

(C) 2016 COLOPL NEXT, inc.
(C)2009-2017 COLOPL, Inc.

その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。