News

2017年2月27日(月)

“タッチ我慢スターター”パイタッチ過多で不具合発生。詫びパイとしておっぱいがIカップに膨乳

文:イズミン

 ディースリー・パブリッシャーの家庭用新作ゲームソフトのカウントダウンサイト“タッチ我慢スターター”が修理中です。また、それに伴い“詫びパイ”としておっぱいが大きくなっています。

“タッチ我慢スターター”

 家庭用新作ゲームソフトのカウントダウンサイト“タッチ我慢スターター”でパイタッチ過多によりおっぱいに重大な不具合が発生。そのため、おっぱい修理中の詫びパイとして、おっぱいが大きなったとのことです。

 2月20日のタッチ我慢スターター公開直後から、想定をはるかに上回るパイタッチ数が記録され、翌日の21日には、新作ゲーム発表までの日付がカウンターの上限である999日後まで延長され、おっぱいが壊れました。

 現在、タッチ我慢スターター運営チームがおっぱいを修理中です。この事態を重く受け止め、本件の詫びパイとして、タッチ我慢スターターのおっぱいをGカップからIカップに膨乳。パイタッチ時のボイスがよりセクシーなものに変更されています。

担当プロデューサーのコメント

 こんなに哀しそうなおっぱいを見たのは、私は初めてです。当初は、新作ゲームソフトの発表までの長い道のりをともに歩む頼もしい相棒であり、辛いときには安らぎを与えてくれる明るいおっぱいでした。

 しかし今はただ、おっぱいをタッチされるだけの機械になっています。おっぱいにこのような哀しい顔をさせたのは、いったい誰でしょうか。何が原因だったのでしょうか。

 私は100回くらいしかタッチしていません。けれど私たちはあきらめません。あのころの明るい顔のおっぱいを取り戻すために、最後の最後まで力を尽くしたいと思います。

 なお、一部の賢明なユーザーの方々から、「このままだと永遠にゲームを発表できないのでは」という鋭いご指摘をいただいておりますが、おっぱいのことしか考えていませんでした。

 頭を抱えています。

(C)D3 PUBLISHER

その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。