DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > イオリ役の津田健次郎さんが甘~い関西弁を披露! 『マジカルデイズ』イベントレポ

2017-03-05 20:00

イオリ役の津田健次郎さんが甘~い関西弁を披露! 『マジカルデイズ』イベントレポ

文:ガルスタオンライン

 スマホ向け魔法パズルアドベンチャーゲーム『マジカルデイズ the Brats’ Parade』のトークイベント“Mr.マジカルデイズ グッズ発売記念イベント”が、2月11日AKIBAガールズステーション(東京)にて開催されました。

『マジカルデイズ』トークイベント
▲1位に輝いたイオリ役を演じる、津田健次郎さん。
『マジカルデイズ』トークイベント

 このイベントはガルスタオンラインで2016年10月~11月に行われた投票企画“Mr.マジカルデイズコンテスト”で、見事8位に入った魔法使いたちのグッズをお披露目するイベントです。さらに、1位に選ばれたキャラクター・イオリのキャラクターボイスを担当する津田健次郎さんを招いて、トークショーも開催されました。

 イベント内では、『マジカルデイズ』の新情報も発表されましたが、ここでは津田健次郎さんのトークショーを中心にお届けします。発表された9つの最新ニュースは、こちらの記事でチェックしてみてください。

 大きな拍手とともに登場したのは、1位を獲得したイオリ役の津田健次郎さんと、『マジデ』の産みの親・新川プロデューサー。新川氏いわく、イオリがグランプリをとったことは意外だったとのこと。

『マジカルデイズ』トークイベント

 津田さんも同意見のようで、食い気味に「僕もです!!」とおっしゃった際には会場から笑いが起こっていました。また、上位に大人キャラがいなく、新川プロデューサー的には「なかなかに荒れた選考会」だったそうです(笑)。

『マジカルデイズ』トークイベント

 あいさつも済ませたところで最初のコーナー“Mr.マジカルデイズをふり返ろう”へ。ここでは、8位から1位にノミネートされたキャラクターを発表しながら、新川プロデューサーと津田さんがトークを繰り広げます。新川プロデューサーからはキャラクターについてのウラ設定やウラ情報が飛び出すことも!

 8位のレオン(声優:江口拓也)、については、キャラクターデザインを担当されたさらちよみ氏によると、髪のハネは彼のアイデンティティなのだそう。そのハネがなくなった時点で彼ではなくなるほど、大事な要素なのだとか。

『マジカルデイズ』トークイベント
▲レオン(声優:江口拓也)。

 7位のトウマ(声優:梶裕貴)は、首の入れ墨にヒミツがあるとのことですが、その答えはゲームをしていただければわかるとのことでした。

『マジカルデイズ』トークイベント
▲トウマ(声優:梶裕貴)。

 6位のツバキ(声優:羽多野渉)は、祖母が舞台女優だという設定があり、おばあちゃん子なのだとか。彼が服を作ることが好きなのも、おばあちゃんの影響があるそうです。

『マジカルデイズ』トークイベント
▲ツバキ(声優:羽多野渉)。

 5位のカヲル(声優:KENN)については、ファンの方から「彼女はいたことあるんですか?」という問い合わせがあったことを明かしました。これに対し新川プロデューサーは、「昔からモテてはいますが、好きでもない子と付き合うのは失礼だよね、と思っているタイプなので付き合ったことはない」という、回答が。カヲル推しの乙女たちに大声で伝えたい……安心してください、カヲルに元カノはいませんよ!!

『マジカルデイズ』トークイベント
▲カヲル(声優:KENN)。

 4位のアキ(声優:増田俊樹)には、じつは弟がいるそうです。新川プロデューサーは、いつかのタイミングで弟も……と、気になることを……! また、最初の設定ではもっと髪がストレートでリボンをしていたとのこと。ラフデザインから、一番変わったキャラがアキなのそうです。キャラクターのラフデザインもいつか出したいとおっしゃっていたので、その日を楽しみに待ちましょう。

『マジカルデイズ』トークイベント
▲アキ(声優:増田俊樹)。

 3位のノラ(声優:内田雄馬)は、中間発表では1位でした。彼の育ての親はかなりの過保護で、学園入学を機に子離れするために遠方に入れた、という設定があるのだそうです。また、彼のパーカーには文字が書かれていて、それにもちゃんと意味があるとのこと。想像が膨らんじゃいますよね!

『マジカルデイズ』トークイベント
▲ノラ(声優:内田雄馬)。

 2位のミヅチ(声優:岡本信彦)については、謎の包まれたキャラクターなので多くは語れないということでしたが、さらちよみ氏がデザイン時に「ぺロリスト」と呼んでいたという情報を教えてくれました! PVを見てもわかるのですが、ペロリと舌を出しているんですよね。

『マジカルデイズ』トークイベント
▲ミヅチ(声優:岡本信彦)。

 そして1位のイオリ(声優:津田健次郎)については、じつは意外と腹の内が見えないキャラクターなんじゃないかとプロデューサーは思っているそうです。また、製作側ですら「お願い働いて」と彼には言いたくなるのだとか。

『マジカルデイズ』トークイベント
▲イオリ(声優:津田健次郎)。

 そんな彼が見事1位に輝いたのは、津田さんのかわいらしい声という意外性、しかも方言という要素が、たくさんの票を集めたとのことでした。

 ここで改めて、1位をとった感想を津田さんに聞くことに。感謝の言葉を贈りつつ、なんと津田さん、Twitter上で“Mr.マジカルデイズコンテスト”を追いかけていたと話してくれました。そのため、結果を見て驚いたそうです。

『マジカルデイズ』トークイベント

 また、はじめてキャラクターを見たときに「これ絶対俺じゃねえ!!」と思ったとの話も(笑)。自分にそんな引き出しはあるのだろうかと思ったそうですが、さすがプロ。見事新しい引き出しが開けられることになったわけなのですね!

 たっぷりとお話を聞いたところで、イオリのセリフ再現コーナーへ。シチュエーションのお題が入った箱の中から、(挙手制で)お客さんが引いた番号のシチュエーションを津田さんがその場で再現してくれるコーナーです!

『マジカルデイズ』トークイベント

 さっそく抽選がはじまりましたが、なんと一発目から“告白されたときのシチュエーション”というドキドキのお題が当たりました! ヒロインに告白されたイオリが答えるシチュエーションでしたが、やっぱりマイペース。

 苦労するからやめたほうがいいと言われたときは、マジデ!? と思いましたが、最後は「後悔してもいいなら、ええで」と……!! ノックダウンされた乙女はかなり多いのではないでしょうか……!

 続いて“密着してドキドキ! 耳元で囁くシチュエーション”。連続で甘い系のセリフが当たり、津田さんが改めて気合いを入れる場面も(笑)。 “寝起きのシチュエーション”では、津田さんが「ずっと寝起きみたいな感じなんですけどね(笑)」とおっしゃりつつも、さらに寝起き度を増してイオリを演じてくださいました。

 最後は、全員の拍手の量でやってほしいシチュエーションを選ぶことに。結果は、全員一致での“離れていこうとする相手を必死に抱きしめて話すまいとしている切なげなワンシーン”に決まりました。

 普段のイオリとは違う必死さがあり、「いやや、離さへんでっ」とドキドキのシチュエーション……!! かと思いきや、最終的には相手は“おふとん”というオチで会場をわかせました。やはりイオリはイオリだったようで、津田さんも「楽しかったです」と、笑顔を見せていました。

『マジカルデイズ』トークイベント

 後半は、“イオリ&津田健次郎 徹底比較”のコーナーへ。タイトル通り、イオリと津田さんを比較していこうというコーナーで「関西弁というキャラは、津田さんにとってはじめてだったでしょうか?」という質問に対し、津田さんは「何度かありますが、ここまでガッツリ延々関西弁をしゃべるのはめずらしいです」とのこと。

 また、イオリは留年するほどワルガキの設定なので、津田さんはどうか? という質問が投げかけられました。津田さんは、「ワルガキではなかったですが、ひねくれてはいました」とのこと。

 どんなひねくれ方だったのかというと、(津田さんは学ランだったそうで)みんなが学ランのボタンを外していた時に、それが嫌でフォックまでキッチリ閉めていた、とお話してくれました。なんだかかわいらしいエピソードですね(笑)。

“収録時に無茶振りなど、大変なことはなかったか?”という質問も飛び出します。スムーズに進んだとのことですが、「ずっと眠い子なので、本当に眠くなる」のだそうです。また、収録までに準備したことを聞かれると、「かわいらしさやさわやかさを引っ張り出さないといけないので、そこを意識して収録した」ことをお話してくれました。

 最新情報を挟んで、記念にみんなで写真撮影をすることに! 一度ステージをおりる津田さんですが、少しして戻ってくるとなぜか両手にカゴを抱えていました……。なんと、バレンタインが近いということで、ファンの方にチョコレートを用意してくださったのだそうです!! しかもですよ、ひとりひとりに手渡ししてくれるというサプライズ!! みなさんおどろきすぎて、今日一番の歓声を上げていました!!

『マジカルデイズ』トークイベント

 最後は、みなさん笑顔いっぱいで記念撮影して、イベントは終幕。これからどんどん盛り上がっていく『マジカルデイズ』を、今後もガルスタでは追いかけていきます。みなさんもアプリを楽しみつつ、今後のさらなる展開を期待していてくださいね!!

『マジカルデイズ』トークイベント
その他のおすすめ記事

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー