News

2017年3月6日(月)

『魔法科高校の劣等生』דAnimeJapan 2017”世界観を再現するアトラクションブース登場

文:イズミン

 3月25日、26日に開催される“AnimeJapan 2017”で、ソニーの最新テクノロジーと『魔法科高校の劣等生』がコラボした『魔法科』の世界観を再現するようなアトラクションブースが独自に出展されます。

『魔法科高校の劣等生』

 AnimeJapan 2017に“魔法師開発研究所”が研究展示を行い、ガイドを司波達也・司波深雪が務めるとのこと。以下、発表内容を原文掲載します。

日本初“魔法力”を測定“魔法師開発研究所”がAnimeJapan 2017に緊急出展

 “魔法師開発研究所(所在地:東京都港区港南)”がAnimeJapan 2017に、日本初となる魔法工学の研究展示を行い、そのガイドを『魔法科高校の劣等生』の司波達也・司波深雪が務めることとなりました。

 “魔法師開発研究所”は、人間に内在すると想定される“想子(サイオン)”をデバイステクノロジーによって具現化、魔法の実現を目的とする有志研究者の団体とされており、ソニーのデバイス開発部門、および製品群の協力を得て、初めて魔法力の可視化や魔法力の測定を行うとしています。

 魔法力の測定には、独自に開発した“CAD(Casting Assistant Device)”を使用。開発にはソニーのR&D部門が協力し、複数のアクションを制御する“ループキャスト”を内部的に実現したとしており、形状はアニメ『魔法科高校の劣等生』をほうふつとさせる拳銃型の機器となっています。

『魔法科高校の劣等生』

“魔法師開発研究所”概要
・日程:3月25日&26日
・場所:“AnimeJapan 2017”ブースNo.J76 東4ホール

(C)2013 佐島 勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/魔法科高校製作委員会
(C)2016 佐島 勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/劇場版魔法科高校製作委員会

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(04/20~04/26)

  1. 1

    【MHW】壊れ性能の新防具と鑑定武器の強さと仕様「マム・タロト」は最高の神アップデート【モンハンワールド】

  2. 2

    【MHW】落石利用で「マム・タロト」を達成度MAXで攻略、調査前と調査後の比較【モンハンワールド】

  3. 3

    【MHW】驚愕!アップデートで有料ダウンロードコンテンツがサイレント修正「乱れ桜は春爛漫」の詳細【モンハンワールド】

  4. 4

    【Minecraft】マイクラ人狼でコラボしてみた#1【ぴくとはうす×我々だ!】

  5. 5

    【MHW】大幅下方修正!最強のコンテスト大剣「竜熱機関式【鋼翼】改」がサイレント調整、影響は少なそう?【モンハンワールド】

  6. 6

    【MHW】マルチ!最強の鑑定武器狙いで「マム・タロト」をしばくモンスターハンターワールドなのである【モンハンワールド】

  7. 7

    【MHW】マルチ!最強の鑑定武器と玉狙いで「マム・タロト」を倒しまくるモンスターハンターワールドなのである【モンハンワールド】

  8. 8

    【モンスト】ついにタイガー桜井がっ!? カグツチ狙いで2018年4月のモン玉ガチャLv.5!

  9. 9

    【MHW】鑑定武器が240本もあれば超強い神性能武器やレア8いっぱいあるやろ…あれ?【モンハンワールド】

  10. 10

    【我々式】エセ関西人を見抜け!【大喜利】