News

2017年3月6日(月)

国内初『ガンプラ』総合施設“THE GUNDAM BASE TOKYO”が2017年夏オープン

文:イズミン

 バンダイは、今年2017年夏に国内初の『ガンプラ』を主体とした総合施設“THE GUNDAM BASE TOKYO”を、臨海副都心エリアの複合施設“ダイバーシティ東京 プラザ”7Fに出店します。

“THE GUNDAM BASE TOKYO”
▲“THE GUNDAM BASE TOKYO”エントランスイメージ。

 バンダイでは1980年7月から『ガンプラ』を発売しており、『ガンプラ』は累計4億5,900万個以上(2016年3月末時点)を販売しているプラモデル史上最大のヒット商品シリーズです。

 “THE GUNDAM BASE”は、アジアにおける『ガンプラ』ビジネスの拡大を目的に、『ガンプラ』のオフィシャルショップとして日本に先駆けて2003年に韓国、2005年には台湾に出店し、現在2カ国で計11店舗が出店・運営されています。

 2020年に迎える『ガンプラ』発売40周年に向け、訪日客の多い臨海副都心エリアに、世界一の品揃えとなる約2,000種類の『ガンプラ』を揃えた『ガンプラ』の総合施設を出店することで、“つくろうガンプラ!”をテーマとした『ガンプラ』のさまざまな情報を本施設から全世界・全世代のガンプラファンへ発信していくとのことです。

 また、今後もアジア各国において“THE GUNDAM BASE”の出店を検討していくとのこと。

“THE GUNDAM BASE TOKYO”

“THE GUNDAM BASE TOKYO(ガンダムベース東京)”店舗概要
・オープン日:2017年夏予定
・場所:東京都江東区青海 1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ7F
・営業時間:10:00~21:00予定
・施設面積:約600坪
・運営:バンダイホビー事業部
・入場料:無料

※本情報は3月6日時点のものであり、予告なく変更される場合があります。
(C)創通・サンライズ

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。