News

2017年3月10日(金)

電撃大賞選考委員、激賞! 伝説の地への二人の旅路を描く『オリンポスの郵便ポスト』が電撃文庫より発売中!

文:電撃オンライン

 目的地は霊峰・オリンポス。そこは天国に最も近い場所――。黄昏の火星で、自分の死に場所を探すアンドロイドと郵便配達員の少女が往く、8,635kmの旅路。

 第23回電撃小説大賞《選考委員賞》受賞作となった本作をいますぐチェック!

オリンポスの郵便ポスト

<あらすじ>

 火星へ人類が本格的な入植を始めてから二百年。この星でいつからか言い伝えられている、ある都市伝説があった。

 オリンポスの郵便ポスト。太陽系最大の火山、オリンポス山の天辺にあるというその郵便ポストに投函された手紙は、神様がどこへでも、誰にでも届けてくれるという。そう、たとえ天国へでも。

 度重なる災害と内戦によって都市が寸断され、赤土に覆われたこの星で長距離郵便配達員として働く少女・エリスは、機械の身体を持つ改造人類・クロをオリンポスの郵便ポストまで届ける仕事を依頼される。

 火星で最も天国に近い場所と呼ばれるその地を目指し、8,635kmに及ぶ二人の長い旅路が始まる――。

『オリンポスの郵便ポスト』3つの魅力ポイント

【魅力ポイントその1】

 主人公たちが都市伝説に噂される「オリンポスの郵便ポスト」を目指して旅をする、どこかなつかしいロードムービーを思い起こさせる世界観!

【魅力ポイントその2】

 ちょっと口の悪い女の子・エリスとちょっとポンコツなアンドロイド・クロの二人が織り成す奇妙な友情に注目!

キャラクター紹介

エリス
「あーあ。早くお風呂入りたい……」

 火星郵政公社に勤める、思ったことがすぐに口に出てしまう女の子。長距離郵便配達員として火星全土を巡っていたが、局長からの依頼により、都市伝説であるはずの「オリンポスの郵便ポスト」を目指すことになる。

オリンポスの郵便ポスト

クロ
「私は、自分の死に場所を探しているのです」

 200年前、惑星改造のために地球から送られた最初の入植者の一人。火星の過酷な環境に耐え抜くため、全身を機械の身体に入れ替えた改造人間《レイバー》。この星の歴史を見守り、長い年月を生きていたが――。

オリンポスの郵便ポスト

【魅力ポイントその3】

 電撃小説大賞選考委員を感動させた、波瀾万丈のストーリー!

「最終ページをめくりたくない。いつまでも、この物語の世界の中にいたい。そう思ったのはいつ以来だろうか。ものすごい書き手の誕生だ。少女エリスと、ロボット「クロ」の旅路は、それほどに愛おしく、極上のファンタジーに仕上がっている。読後、あなたは、見たこともない希望の光に照らされるだろう。」

 ――電撃小説大賞選考委員 神 康幸(映像プロデューサー/株式会社オフィスクレッシェンド取締役副社長)

(C)KADOKAWA CORPORATION 2016

データ

▼電撃文庫『オリンポスの郵便ポスト』
■著者:藻野多摩夫
■イラスト:いぬまち
■発売日:2017年3月10日発売
■定価:本体630円+税
 
■電撃文庫『オリンポスの郵便ポスト』の購入はこちら
Amazon.co.jp

その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。