News

2017年3月10日(金)

“TOF2017”舞台“テイルズ オブ ザ ステージ”のルーク、ティア役の俳優が発表。コメントも到着

文:にじ

 バンダイナムコエンターテインメントは、『テイルズ オブ』シリーズのファンイベント“テイルズ オブ フェスティバル 2017(TOF2017)”の6月2日に実施される舞台“テイルズ オブ ザ ステージ”の出演俳優陣第1弾を発表しました。

“テイルズ オブ フェスティバル 2017(TOF2017)”

 “テイルズ オブ ザ ステージ”は、“テイルズ オブ フェスティバル”開催10回目を記念して、シリーズ10周年記念作品『テイルズ オブ ジ アビス』の物語を題材にしたシリーズ初の舞台公演です。

 本公演では、俳優陣によるダンスやアクロバットを取り入れたエンターテインメントショーが予定されています。

 第1弾として発表されたのは、主人公・ルーク・フォン・ファブレ役とヒロイン・ティア・グランツ役です。ルーク・フォン・ファブレ役を岩城滉太さん、ティア・グランツ役を星波さん(ザ・フーパーズ)が担当します。

 また、各キャストより出演に向けてのコメントが到着しています。その他、脚本家、演出・構成・振付を担当する制作陣が公開されました。

 “テイルズ オブ フェスティバル 2017(TOF2017)”についての詳細は、電撃オンラインの記事で紹介しているのでそちらをご確認ください。

ルーク・フォン・ファブレ役の岩城滉太さんのコメント

“テイルズ オブ フェスティバル 2017(TOF2017)”
“テイルズ オブ フェスティバル 2017(TOF2017)”

 「まさか自分がルークに!?」報告を受けた時は本当に驚きが隠せませんでした。

 ルークをやりたいと人一倍思っており、もう人生の絶頂! というくらいうれしかったのですが、それと同時に、ものすごいプレッシャーも感じました。10年以上経っても人気の作品で、たくさんの人に愛されているキャラクターだからこそ、求められることは重く、色々な困難が待っていると思います。

 ルークが生まれた意味を知るためにたくさん悩んだように、自分もこの舞台を大勢の人に楽しんでもらうために仲間たちと一緒に悩んで考えて、最後にはルークのようにたくさんの人に愛されるよう、俳優として、ルーク・フォン・ファブレとして、『テイルズ オブ』の世界で成長していきたいと思います。

ティア・グランツ役の星波さん(ザ・フーパーズ)のコメント

“テイルズ オブ フェスティバル 2017(TOF2017)”
“テイルズ オブ フェスティバル 2017(TOF2017)”

 この度、『テイルズ オブ ジ アビス』のティア・グランツ役を演じさせていただくことになりました星波です。出演が決まったこと、本当に驚き、そしてうれしかったです。

 マネージャーから決まったよと言われて、初めは少しだけ出る役かな? と思ったらまさかまさかのヒロイン……あまりの衝撃に言葉も出なくて、ただただうれしさのあまり感動して涙が出ました。

 『テイルズ オブ』シリーズ初の舞台化ということもありどんな風になるのか? 今は全く想像も付きませんが、まずは自分がしっかりとティアという女性と向き合ってそのキャラのことを知り、ティアとともに私も成長して行けるように精一杯ティアという役を演じさせていただきたいと思います。

 まだ未知の世界の舞台、知らないこと、至らない所があると思いますが、キャストの皆様、スタッフの皆様と最高の作品を作っていけるようにがんばります!! 応援よろしくお願い致します。

6月2日公演“テイルズ オブ ザ ステージ”制作スタッフ紹介

演出・構成・振付:TETSUHARUさん

 安室奈美恵さん、SMAP、AKB48など数々のアーティストのコンサート、ミュージカル、舞台などの演出・振付を手掛けながら、自らもトップダンサーとして活躍。

 その他多くのアーティストPV・コンサートからドラマ、CM、バレエなど幅広いジャンルの演出・振付を手掛けています。

 主な演出・振付作品は 舞台『タンブリング』シリーズvol.1~5、ブロードウェイミュージカル『IN THE HIGHTS』など。

主な振付作品は城田優主演ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』、山本耕史さん、中川晃教さん主演ミュージカル『ロックオペラモーツァルト』、オフブロードウェイミュージカル『マーダーバラッド』、『刀剣乱舞~幕末純情傳~』などがあります。

 昨年、屋良朝幸主演オリジナルミュージカル『THE CIRCUS!』企画・作・演出・振付を手がけ、迫力の舞台を創りだしています。

脚本:入江おろぱさん

 舞台脚本、映像脚本、作詞、単行本の執筆など、マルチな才能でエンターテイメントを生み出す脚本家。近年の作品に、『ミュージカル SAMURAI 7』、『ミュージカル 仮面ティーチャー SILVER MASK』など。

また2016年には、朝井リョウさんの小説を原作とした『Live Performance Stage チア男子!!』の脚本を担当。2.5次元舞台を得意とし、活躍の場を広げています。

(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。