News

2017年3月12日(日)

アニメ『ゼロから始める魔法の書』花守ゆみりさんら声優陣が自身の演じるキャラやもしも魔法が使えたらを語る

文:喜一

 本日3月12日に東京・秋葉原で実施されている“ゲームの電撃 感謝祭2017&電撃文庫 春の祭典2017&電撃コミック祭2017”のUDXステージで行われた『ゼロから始める魔法の書』イベントの模様をお届けします。

『ゼロから始める魔法の書』

キャスト陣がもしも魔法が使えたらを語る

 イベントでは小山剛志さん(傭兵役)がMCを担当。他にも花守ゆみりさん(ゼロ役)をはじめ、大地葉さん(アルバス役)、加藤将之さん(ホルデム役)、子安武人さん(十三番役)といったキャスト陣が登壇しました。

『ゼロから始める魔法の書』
▲左から小山さん、花守さん、大地さん、加藤さん、子安さん。

 オープニングトークでは、一番、二番と十三番まで数えて楽しそうに自己紹介をする子安さんでしたが、じつはかなり緊張していたそうです。小山さんとは同じ年齢ということで和気あいあいとしたトークも聞かせてくれました。

 物語を紹介する部分では、花守さんが重厚なトーンで『ゼロから始める魔法の書』の概要を説明します。またキャスト陣は、作品に多く登場する“魔術”、“魔術師”などのワードに苦戦したとコメント。

『ゼロから始める魔法の書』

 ここでトークテーマは“もし魔法が使えたら?”に移行。花守さんや大地さん、加藤さんは飛びたいや瞬間移動など、移動系の魔法で仕事現場まで楽に行きたいと話してくれましたが、子安さんは魔法で目がよくなりたいとかなり切実な願望になっていました(笑)。

 そして作中でもゼロを護衛する傭兵にかけて、もし旅の護衛役をキャスト陣から選ぶなら? という質問に女性陣が解答。小山さんからは加藤さんがバーベキューをやった時に火を起こしてくれたから火属性などの貴重な情報が!

 かなり熟考した花守さんは小山さんと答え、小山さんからは後で500円あげると言われていました(笑)。

加藤さん演じるホルデムの登場シーンに期待が集まる

 自身が演じるキャラクターについてもキャスト陣から紹介がありました。

 花守さん演じるゼロは、天然無頓着系でありながら、【ゼロの書】と傭兵のことになると感情を出すギャップがかわいいそうです。

 小山さん演じる“獣堕ち(半人半獣)”の傭兵は、見かけによらず情に厚い部分などがあり、小山さんは自分と重なるところがあると話してくれました。

 大地さんが演じるアルバスは、強い魔法を使うために生け贄として“獣堕ち(半人半獣)”が必要なキャラクターで、ゼロの魔術師団のメンバーだそうです。

 加藤さんが演じる“獣堕ち”のホルデムに関しては、かなり女好きでつねに何人か女の子をはべらせているとか。初登場シーンにも期待してほしいとコメントがありました。

 子安さん演じる十三番は、ゼロの過去を知る魔術師。原作を読んだ小山さんからは、子安さんがぴったりだと思ったと話してくれました。

 また、電撃オンラインですでにお届けしていますが、『ゼロから始める魔法の書』のスマートフォン向けゲームアプリや放送日の情報も発表!

アニメ『ゼロから始める魔法の書』関連記事

 さらに4月8日からは“ゼロの書ラジオ(ゼロラジ!)”がインターネットラジオステーション<音泉>で配信決定。パーソナリティは、本イベントにも登壇した花守さん、小山さん、大地さんが務めます。

 イベントの最後には本作のOP主題歌とED主題歌情報が公開。なんとここでOP主題歌を担当するたぴみるさんがステージに! OP曲『発見者はワタシ』を見事に歌いあげてくれました。

『ゼロから始める魔法の書』

OP主題歌『発見者はワタシ』

アーティスト:たぴみる
品番:LACM-14608/価格:1,300円+税
発売日:2017年05月24日
INDEX表題曲+c/w2曲を収録予定

ED主題歌『はじまりのしるし』

アーティスト:Chima
品番:LACM-14606/価格:1200円+税
発売日:2017年05月10日

 4月10日の放送まで1カ月をきったアニメ『ゼロから始める魔法の書』。ラジオ初回放送&原作第9巻発売日が4月8日と発表されるなど、アニメ放送前の展開も盛りだくさんなので楽しみに待ちましょう。

『ゼロから始める魔法の書』

(C)2016 虎走かける/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ゼロの魔術師団

その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。