電撃アーケードゲーム

総合 > 電撃アーケードWeb > 『ディシディアFF』皇帝参戦に備えて“パンデモニウム”の特徴をチェック!
2017-03-18 15:00

『ディシディアFF』皇帝参戦に備えて“パンデモニウム”の特徴をチェック!

文:電撃ARCADE編集部

 電撃アーケードゲーム編集部がお届けする、現在絶賛稼働中のアーケード版『ディシディア ファイナルファンタジー(以下、ディシディアFF)』の特別企画。今回は、2月に追加された新ステージ“パンデモニウム”の特徴をお届けしていきます。

『ディシディアFF』

 クジャにハマりまくっていたら、いつの間にかC.LV17まで到達してしまったスズタクです。さて、先日の公式放送で『FFII』の皇帝の参戦が発表されましたね! 2月に追加されたパンデモニウムで皇帝が戦う姿は、さぞ映えるでしょう。そこで今回は、(ステージ追加からちょっと時間がたちましたが)パンデモニウムの特徴を見ていこうと思います。

高低差のある広々としたステージ

 リメイク版『FFII』のパンデモニウム7階をモチーフにしたこのステージ。ひと言で表すなら、“次元の狭間 ラストフロア”の高低差と“ナルシェ周辺”の広さをほどよく組み合わせた地形、といった感じでしょうか。広々とした空間のなかには袋小路のような場所もあり、ときには目まぐるしい乱戦も起こり得るステージです。

『ディシディアFF』
▲段差によって大きく3つほどの階層に分かれており、全体の広さはかなりのもの。
『ディシディアFF』
▲ステージ中央には周囲を壁に囲まれた袋小路のようなスポットがあり、ここに追い詰められると危険!

 ステージのあちこちに見られる柱や、紫色の細胞みたいな壁は登ることができます。外周の壁も登れるので、ほかのステージに比べて壁際に追われた際に逃げやすいのが特徴ですね(調べるまで知りませんでした)。

『ディシディアFF』
▲わかりにくいかもしれませんが、外周の壁を登ってます。高度を変えて逃げたいときに便利!

 ステージ変化が起こると、外側の壁が壊れて背景に水晶が出現。公式放送でも触れられていましたが、PSP版の“パンデモニウム最上階”を思わせる風景に変わります。なおステージ変化後は、外側の壁は見えている部分までしか登ることができません。

『ディシディアFF』
▲広さが変わるわけではありませんが、水晶が一斉に生えてくる演出はインパクトがあります。

ステージ中層を軸に戦うのがベター?

 パンデモニウムには大きく下層・中層・上層の3つがあり、それぞれに召喚コアの出現ポイントがあります。なので、基本的には中層あたりで戦い、どこにコアが出てもすぐに向かえるようにしたいですね。最近まで下層メインで戦っていたのですが、けっこう壁激突が起こりやすいことが判明したので次からは避けます(笑)。

『ディシディアFF』
▲下層はそこそこ動き回れる面積がありますが、位置取りに気をつけないとカンタンに壁激突してしまいます。

見どころたくさん! パンデモニウム特別ショット!!

 せっかくなので、パンデモニウムのいろいろなスクリーンショットも掲載。普段はなかなかゆっくり見られませんが、細部まで作りこまれたステージは眺めるだけでも楽しめます!

『ディシディアFF』
▲一番目立つのは、なんといっても不気味な紫色の壁。よく見ると生き物のように脈動しており、気持ち悪さに拍車がかかってます(汗)。
『ディシディアFF』
▲床に設置されたワープポイント。リメイク版『FFII』を遊んでいた人ならピントくる……はず!
『ディシディアFF』
▲柱のデザインや質感も凝ってますね~。
『ディシディアFF』
▲下層にいくつかある扉。ヤリで入り口がふさがってるので、残念ながら中に入ることはかなわず。
『ディシディアFF』
▲あっ、扉の中に宝箱が! 中身はマサムネだったり……!?

 電撃オンラインでは、今後も『ディシディアFF』の情報を発信予定です。プレイレポートや番組情報など、さまざまな記事をお届けしますので、どうぞお楽しみに!

データ

▼『ディシディア ファイナルファンタジー』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■ジャンル:オンライン・パーティ対戦型アクション
■稼働日:2015年11月26日
■プレイ人数:1~6人

関連サイト

特集

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『FGO アーケード』キービジュアルやゲームシステムが公開。新PVも配信中

  2. 2

    『FGO アーケード』プレイしての感想やシステム解説を掲載。お披露目会では川澄さんがゲームを体験

  3. 3

    【12月第1週のまとめ記事】『地球防衛軍5』情報や『モンスト』ウンディーネ獣神化など

  4. 4

    『FGO』AC版ロケテに行ってきた。 電撃のマスターが体験した英霊召喚チームバトルの見どころは?

  5. 5

    重厚ファンタジー要素が不足気味のあなたにオススメしたい。AC『ソウルリバース』が絶賛ロケテスト中

  6. 6

    AC『ソウルリバース』ロケテスト参加者全員に新ソウル“妖精の女王 ティターニア”をプレゼント!

  7. 7

    【電アケ総研】ノクト実装直後の『ディシディアFF』をトッププレイヤーと語りつつ生対戦する番組を配信

  8. 8

    セガ新作AC『オンゲキ』のロケテストが12月15日から17日まで秋葉原で開催!

  9. 9

    『三国志大戦』電アケ主催の2on2大会“第2回『電撃杯』”は12月16日17時から配信

  10. 10

    『ディシディアFF』ついに“ノクティス”参戦! 新ステージも追加される大型アップデートは12月7日から

[集計期間:12月08日~12月14日]

ページ
トップへ