News

2017年3月16日(木)

“ニコニコ超会議 2017”に『けものフレンズ』さばんなちほーを再現したエリアがあるなんてすごーい!

文:イズミン

 ドワンゴは、4月29日、30日に幕張メッセで開催する、同社が運営する動画サービス“niconico”のイベント“ニコニコ超会議 2017”について、新企画および追加情報を発表しました。

“ニコニコ超会議2017”

 超歌舞伎“花街詞合鏡”の新たな出演者・劇中歌が決定した他、稀勢の里・白鵬ら4横綱が参戦する“大相撲超会議場所”や『けものフレンズ』の世界を再現したブースが登場することも明らかになりました。

超歌舞伎“花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)”の新たな登場人物や劇中歌が決定

 2016年の“ニコニコ超会議2016”で初上演し、歌舞伎役者とボーカロイドキャラクターの共演というまったく新しい歌舞伎の形を実現した“超歌舞伎Supported by NTT”。

 2016年は、映画・小説などさまざまなメディアで人気を集めるボーカロイド楽曲『千本桜』と、歌舞伎の代表的な演目のひとつである“義経千本桜”がコラボレーションし、超会議のために創作された新作歌舞伎“今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)”が上演されました。

 “超歌舞伎”は、NTTのイマーシブテレプレゼンス技術“Kirari!”を駆使した従来の歌舞伎にはない演出も大きな特徴で、その試み・功績から数々の賞を受賞。

 2016年には広告賞“ACC CM FESTIVAL”にてインタラクティブ部門のブロンズ賞を受賞した他、今年2017年2月には“第1回クールジャパン・マッチングアワード”でのグランプリ、3月には新たに“Digital Contents of the Year‘16/第22回AMDアワード”での大賞/総務大臣賞を受賞しています。

 今年2017年も、中村獅童さんと初音ミクの共演で展開する“超歌舞伎”。花街を舞台に、獅童と花魁に扮したミクの恋物語となる完全新作超歌舞伎“花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)”の上演が決定しています。

“ニコニコ超会議2017”

 出演者は、2016年青龍役で出演した澤村國矢さんに加え、今回もミクの所作指導を行った中村蝶紫さん、また、バーチャルキャラクターである“重音テト”(かさねてと)の出演が新たに決定しました。

 さらに、同キャラクターが歌う楽曲『吉原ラメント』が今作の劇中歌に決定。“吉原ラメント”は2016年の楽曲『千本桜』と同様、ニコニコ動画や小説などで人気を集める楽曲で、前述の“重音テト”の代表曲として支持されています。

“ニコニコ超会議2017”
▲初音ミク演ずる美玖姫(2016年の超歌舞伎)。
“ニコニコ超会議2017”
▲“Kirari!”で分身する佐藤忠信(中村獅童さん)。
“ニコニコ超会議2017”
▲重音テト(かさねてと)。

大相撲超会議場所・現役の4横綱が参加決定

 “ニコニコ超会議3”で初めて開催し、話題となった“大相撲超会議場所”。2016年の超会議では本場所日程の関係で巡業は行われませんでしたが、今年の“ニコニコ超会議2017”ではエリアが拡大し、巡業が復活します。

 当日は幕内力士、十両力士・親方・裏方など総勢250名以上が超会議に来場し、新横綱・稀勢の里関さんをはじめとした鶴竜関さん、日馬富士関さん、白鵬関さんの現役4横綱が参加するトーナメント戦が実施されます。

 さらに、今回初めてカップヌードルなどで知られる日清食品が“大相撲超会議場所”に協賛することが決定。カップヌードルדリアルSUMOU”と題し、ニコニコ動画で人気のMAD動画シリーズ“リアルSUMOU”とのコラボレーション企画を展開します。

“ニコニコ超会議2017”
▲“リアル SUMOU”の様子(超会議 2015)。
“ニコニコ超会議2017”
▲横綱土俵入りの様子(超会議 2015)。
“ニコニコ超会議2017”
▲土俵に並ぶ参加力士たち(超会議 2015)。

陸海空が揃い踏み! 自衛隊ブース/在日米陸軍ブース

 2012年の初開催から6回目となる今年2017年まで、すべての超会議に参加している自衛隊/在日米陸軍ブース(初回は陸上自衛隊のみ)。

 過去には民間イベントで初の展示となった最新鋭国産戦車“10式戦車”や戦闘ヘリ“AH-64D アパッチ・ロングボウ”、さらにはミサイルの迎撃に特化させた地対空誘導弾“ペトリオットシステム発射機”など、さまざまな装備品の展示などが行われてきました。

 今年2017年の自衛隊ブースでは、普段は基地内でしか見ることのできない、現役戦闘機“F-4EJ改”のジェットエンジンと射出座席や側面に護衛艦や哨戒ヘリが描かれたトラック“海上自衛隊東京音楽隊 楽器運搬車”が会場内に展示されます。

“ニコニコ超会議2017”

さまざまなアニメの世界観をブースに再現する“超アニメエリア”

 “超アニメエリア”では、さまざまなアニメの世界観がブースで再現され、名シーンや名台詞にちなんだリアル体験を楽しめる“超体験エリア”の他、今年2017年から、新たにニコニコでのアニメ体験を地上に再現した“超応援上映”の開催が決定しました。

 今回は、“超体験エリア”に『進撃の巨人 Season2』、『けものフレンズ』を題材としたブースを、“超応援上映”ステージでは『アイドルマスター』シリーズなどを上映。

 さらに動画・生放送で視聴者に愛され続けるアニメオープニング映像を一挙に上映するアニメ“オープニング”応援上映を実施します。

超体験エリア

『進撃の巨人 Season2』~必ず……生き残ってやる!~

 巨人に捕まえられ、今にも食べられそうになっている“兵団員”を体験できるブースです。徐々に角度が急になる滑り台の下には、巨人が口を開けて待っており、腕の力だけで滑り台にしがみついて耐える企画です。

“ニコニコ超会議2017”
▲超体験エリア『進撃の巨人 Season2』イメージ 。

『けものフレンズ』~おいでよ『ジャパリパーク』へ!~

 作品の舞台である“ジャパリパーク”の“さばんなちほー”が超会議にだいたい再現されます。パーク内では自由に寝ころんだり、遊ぶことができます。

“ニコニコ超会議2017”
“ニコニコ超会議2017”

超応援上映

アニメ『アイドルマスター』シリーズ~プロデューサー諸君!アイドルを応援する準備はできているかな?~

 『アイドルマスター』、『アイドルマスター シンデレラガールズ』から、珠玉の名シーンと熱いLIVEシーンのセレクション上映が実施されます。

“ニコニコ超会議2017”

アニメ“オープニング”応援上映~ニコニコアニメスペシャルを地上に再現!~

 動画・生放送で視聴者に愛されるアニメのオープニング映像が一挙上映されます。ネット視聴者のコメントが多ければ、会場内で何かがおこり、会場内参加者の 声援が大きければ、放送内で何かが見られる予定とのことです。

パワーアップしたお化け屋敷“超ホラーハウス『殺戮の天使』”

 “超ホラーハウス『殺戮の天使』”は、実在のホラーゲームを題材にしたお化け屋敷で、前回の超会議では整理券が瞬時になくなったほどの人気ブースです。

 来場者が参加できることはもちろん、お化け屋敷内はニコニコ生放送で生中継され、ネット視聴者からは“あちらの客様システム”という差し入れシステムで“恐怖演出の差し入れ”ができる、ネットとリアルが融合した本格派のお化け屋敷となっています。

 今年2017年は連載型ゲーム配信サイト“電ファミニコゲームマガジン”で提供されている自作ゲーム『殺戮の天使』を題材に、世界観を再現した“超ホラーハウス『殺戮の天使』”を楽しむことができます。

“ニコニコ超会議2017”
“ニコニコ超会議2017”
▲2016年のお化け屋敷内の様子。

“超人種目”に挑戦する“超・超人スポーツ”が新登場

 現代のテクノロジーでスポーツを再発明することを目的とし、人の身体能力を超える力を身につけて行う競技“超人スポーツ”。

 今回は、“バブルジャンパー”、“HADO”、“DBoooN!”(ドボーーン!)という3競技が誘致され、実際に体験・対戦することができます。

“ニコニコ超会議2017”
▲バブルジャンパー。
“ニコニコ超会議2017”
▲HADO。
バブルジャンパーばねでできた西洋竹馬を足につけてジャンプ力を強化。さらに弾力性のある透明な球体を上半身に被り、衝撃から身を守りながら激しくぶつかり合い、相手を倒すか、エリアから追い出したほうが勝利となる競技です。
HADOプレイヤーが頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着し、フィールドを自由に動き回りながら、AR技術とモーションセンシング技術を駆使し相手プレイヤーのライフを削りながら勝利を目指す競技です。
DBoooN!(ドボーーン!)超会議のために考案されたドローンを使った新たな競技です。

超音楽祭2017

 『新世紀エヴァンゲリオン』でおなじみの高橋洋子さんの出演が決定。自身が3月に発売される新曲『TENSIONS-Welcome to the stage』もステージで初披露します。

 その他、初登場のBiSHや小林幸子さん、MICHAEL(松岡充さん・豊田和貴さん)らの出演が決定しました。

“ニコニコ超会議2017”
▲高橋洋子さん。

超ゲームエリア

 今年2017年はデジタルゲームとともに、超ゲームエリアの中に“プレイエリア”を用意。アナログゲームの“アナログエリア”、自作・インディーゲームや人気家庭用ゲームの“デジタルエリア”が展開されます。

 その他、アーケードエリアやステージ、実況者のど自慢なども用意されています。

出演者(敬称略)タイチョー/タラチオ/まお/なな湖/湯毛/Ash/M.K.R/SIGUMA/towaco/オスマン/そでやま/テラゾー 他

超ボーカロイドエリア

 “超ボカニコステージ2017 supported by東武トップツアーズ”の追加出演者12名が新たに決定した他、“超ボカロストリート2017”の出展企業が決定しました。

出演者(敬称略)164/ATOLS/DJ’TEKINA//SOMETHING/DJシーザー/EasyPop/GYARI/kz(livetune)/out of service/takamatt/かいりきベア with DJ離狐/きくお/ダルビッシュP/ナユタン星人/八王子P/みきとP/めろちん/りりり/亜沙/和田たけあき(くらげP)/鬱P
出展企業1stPLACE/エグジットチューンズ/クリプトン・フューチャー・メディア/学研プラス/東武トップツアーズ

超演奏してみた supported by 大和証券

 マーティ・フリードマンさんや在日米陸軍軍楽隊 サムライ・オブ・ロックの出演が決定した他、さまざまな楽器による演奏企画が行われます。

出演者(敬称略)事務員G/紅い流星 他

超囲碁・将棋ブース supported by 天童市

 今年2017年の囲碁・将棋ブースは将棋のまちとして有名な天童市とコラボレーション。書き&描き駒体験と題し、オリジナル将棋駒を作ることができます。

 また、アニメ『3月のライオン』とのコラボステージ企画として、二海堂晴信役の岡本信彦さんが出演。二海堂晴信の声で代指しロボット“電王手”を操り、プロ棋士と対局をします。

 さらに今年もプロ棋士と対局ができる多面指や電王手との対局も楽しむことができます。

超コスプレエリア supported by Adobe Creative Cloud

 毎年恒例のコスプレエリアですが、今年2017年はAdobe Creative Cloudの協賛が決定。巨大なAdobe Photoshopの画面を背景としたフォトスポットや背景合成に特化したブルーバックでの撮影が可能となりました。

 また、ステージイベントもパワーアップし、最新の透過ディスプレイを演出に用いた大きなランウェイ上を歩くことができます。

“ニコニコ超会議2017”
▲コスプレエリア・超巨大 Photoshop 背景。
“ニコニコ超会議2017”
▲参加コスプレイヤーの様子(超会議2016)。

超踊ってみたsupported by JAL

 新企画の“アニソンフィットネス”に、『新世紀エヴァンゲリオン』のテーマソングで知られる高橋洋子さんの出演が決定。“生うた”に合わせてフィットネスをすることができます。

 また、ブース内の“踊ってみたフェス”ではJALとコラボレーションしたオリジナル楽曲で踊ることができます。

超料理エリア

 毎年展開されている“フードコート”とは別に、今回新たにniconicoで根強い人気のある料理ジャンル・カテゴリーがブースとして初めて登場します。

 キッチン付きのステージで、料理好きユーザーによる料理ショーを実施。来場者にマイ弁当を自慢する企画が行われます。

“ニコニコ超会議2017”

超ニコラジ supported by SENNHEISER

 池袋・ニコニコ本社で放送中のレギュラー番組“ニコラジ”の出張版です。また、本ブースでは、ゼンハイザーの最新ヘッドホンで声優・若本規夫さんの声を、臨場感のあるバイノーラル音声で体験することができます。

出演者(敬称略)やまだひさし/百花繚乱/加藤純一/せらみかる/5月病マリオ/ぽあろ

さまざまな協賛社が超会議に参加

 超会議2015の初協賛から今年で3度目となるJAL。今年のJALブースでは、日本初のジェット旅客機“富士号”の機首を展示します。

 約8mの機首部分を保管されている羽田空港から特別に輸送。空港外で行われる民間イベントに展示されるのは今回が初となります。

 同機は“空の貴婦人”と呼ばれ、かつて昭和天皇やビートルズ、さらにはジャイアントパンダのカンカン・ランランなどが搭乗した歴史を持つ、国内に初めて導入されたジェット旅客機です。

“ニコニコ超会議2017”

 超会議に初の協賛となるマクドナルドでは、同社のキャラクターである“ドナルド・マクドナルド”が会場に降臨し、さまざまなブースで企画にチャレンジします。

 また、誕生から10周年を迎える同社のコールドスイーツである“マックフルーリー”を会場内のマクドナルドブースにて試食することができます。

“ニコニコ超会議2017”

 この他、ドワンゴとNHN PlayArtの共同ゲームプロジェクトによるリアルタイムオンライン対戦ゲーム『#コンパス ~戦闘摂理解析システム~』の特別ステージ、超『#コンパス』ステージが登場。

 “#コンパス 実況者バトル”ではゲーム実況者とチーム対戦ができる他、実況者同士やユーザー参加のトーナメント戦も開催。また、歌い手・踊り手出演のライブステージも展開されます。

“ニコニコ超会議2017”
出演者(#コンパス実況者バトル/敬称略)○○の主役は我々だ!/音速兄貴/えんもち屋/とりっぴぃ/はんじょう/M.K.R/愛の戦士
出演者(ライブステージ/敬称略)COJIRASE THE TRIP/ATY/ぽこた/Emma/SLH/ギニュ~特戦隊/MCくろねこ/MCコットン太郎 他

▼ニコニコ超会議2017 開催概要
【開催日時】
4月29日 10:00~18:00
30日 10:00~17:00
【主催】
niconico
【会場】
幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール
【入場券】
●一般入場券……【前売券】1,500円 【当日券】2,000円 【2日通し券】2,500円
●優先入場券……【1日券】1,600円 【2日通し券】2,700円
●団体入場券……【1日券】1,500円/人
●超歌舞伎“花街詞合鏡”超浅敷席(指定席付入場券)……4,000円
●大相撲超会議場所 座席付入場券……砂かぶり席:12,000円/椅子席:5,000円
【超特別協賛】
NTT
【特別協賛】
スズキ
【協賛】
#コンパス/日本航空/日本マクドナルド
【大相撲協賛】
カップヌードル
【カテゴリー協賛】
Adobe Creative Cloud/エスクリ/ゼンハイザージャパン/大和証券/天童市/東武トップツアーズ/ビオレ/メンズビオレ 薬用デオドラントZ/三井住友銀行/リセッシュ除菌EX
【出展】
SANYO/Netmarble Games/NetEase Games/JOYSOUND/セブン銀行/超パチンコ&パチスロフェスタ/マジック:ザ・ギャザリング/ビオレ/メンズビオレ 薬用デオドラントZ/タカラトミー/DAM/ネット/グッドスマイルカンパニー/松竹/辛(シン)ラーメン/マンナンライフ/互助交通/ティアック/日本労働組合総連合会(連合)/ネスレ日本/RUN’A/岩手県/凄麺/ドミノ・ピザジャパン/肉の万世/ローソン/Up-T/薄毛エンタメ情報番組ハゲどっと来い!/門崎熟成肉 格之進/光麺インターナショナル/コスパ/ソノリテ/たまのSea温玉会/でんでん串/ニュー・スターケバブ/PikattoAnime/ピカットアニメ/ヒューマンアカデミー/1st PLACE Official Shop -HACHIMAKI-/ブリジェラ/メガハウス/ルミカ/【痛傘】シーズナルプランツ/エグジットチューンズ/オーシャンフロンティア/学研プラス/クリプトン・フューチャー・メディア/高知県/サーファーズパラダイス/DEZAEGG.COM/鳥取県/ハクバ写真産業/兵庫県洲本市/ピンクカンパニー/丸井グループ/無料通話アプリ“SkyPhone”/ライブレボルト/Wowata T Studio
【政党出展】
自由民主党/民進党/公明党
【後援】
総務省/農林水産省/防衛省/文化庁/千葉県/千葉市/一般社団法人日本ネットクリエイター協会

※“ニコニコ超会議2017”ロゴは公式サイトのものです。
株式会社meleap
TeamBJ
(C)Crypton Future Media,INC. www.piapro.net
(C)線 / 小山乃舞世 / ツインドリル
(C)日本航空株式会社
(C) DWANGO Co., Ltd.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。