News

2017年3月16日(木)

“EVO Japan 2018”に先駆けてオープントーナメント“賽[sai]”が5月20日・21日開催

文:にじ

 EVO Japan実行委員会LLPは、世界最大規模の対戦格闘ゲーム大会“Evolution Championship Series(EVO)”とのパートナーシップに基づき、2018年1月26日~28日の3日間にわたり日本大会“Evolution Championship Series:Japan 2018(EVO Japan 2018)”を秋葉原UDXで開催します。

“Evolution Championship Series:Japan 2018”

 “EVO”は、1995年より北米で開催されている世界最大級の格闘ゲーム大会であり、その日本大会にあたる“EVO Japan 2018”は、本国“EVO 2016”でコンセプト発表が行われた後、2016年9月に開催された“東京ゲームショウ2016”で、初開催の正式アナウンスが行われました。

 また“、EVO Japan 2018”に先駆け、全く新しいオープントーナメント“賽[sai]”が5月20日、21日の日程で開催されます。

“EVO Japan 2018”開催概要

 “Evolution Championship Series(EVO)”は、世界中から集結したプレイヤーたちが、格闘ゲームの頂点をかけて競い合う世界最大級の格闘ゲーム大会です。

 “EVO”は、1995年から20年以上にわたって開催されており、昨年2016年にアメリカ・ラスベガスで開催された“EVO 2016”には、のべ1万人を超えるプレイヤーが参戦しました。

 Twitchでの同時最大視聴者数は23万人を記録。また、決勝の模様はアメリカのスポーツ専門チャンネルである“ESPN2”でも放映され、全世界が注目するゲームイベントとなっています。

 日本においても注目度は高く、日本からのネット視聴アクセス数は、全世界で2番目となる、140万アカウント以上にもおよびます。

“Evolution Championship Series:Japan 2018”
▲昨年のアメリカ・ラスベガスでの“EVO”の模様。

EVO Japan運営委員長・金子紀幸さんからのメッセージ

 日本のアーケードの片隅から生まれたのち、世界中へと羽ばたきながら、30年近くにわたる歴史を紡いできた格闘ゲーム。近年、その熱狂はとくに北米によってけん引されてきました。

 なかでも“EVO”は、世界中の格闘ゲーマーから支持を集めている世界最大規模の格闘ゲームの祭典であり、そのEVOを格闘ゲーム発祥の地である日本でこのたび開催できることを、いち格闘ゲーマーとして大変うれしく、また光栄に思います。

 「EVOといえば、世界中が注目する大規模なオープン大会」という印象を持たれる方も少なくないでしょうが、現地での“EVO”取材を繰り返すなかで何より実感したのは、「EVOとはコミュニティのためのイベントである」ということでした。

 世界中の格闘ゲームファンたちがそれぞれの目的を持って集まり、皆で楽しむことができる――この日本でそうした空間を実現するための試みが、“EVO Japan”となります。

 日本のみならず、世界中の格闘ゲームファンの皆様の参加をお待ちしております。

オープントーナメント“賽[sai]”概要

 5月20日、21日の2日間開催される“賽[sai]”は、“EVO Japan 2018”に先駆けたダブルエリミネーション方式の新オープントーナメント大会です。

“Evolution Championship Series:Japan 2018”

 オープントーナメントとは、実力や実績にかかわらずエントリー可能であることを意味し、誰しもが平等にトーナメントを戦うことができます。

 またダブルエリミネーション方式は、敗退までに2度のチャンスがあるトーナメント方式で、通常のトーナメント方式に比べて実力が反映されやすいという特徴があります。

 このレギュレーションはラスベガスで開催されている本家“EVO”と同じものであり、格闘ゲームプレイヤーの競い合いやファンの熱狂など本格的な大会の醍醐味を楽しめます。

 また“賽[sai]”では、複数のゲームコミュニティとコラボレーションした、サイドイベントの開催が予定されています。運営として名を連ねる“TOPANGA”や“GODSGARDEN”だけでなく、さまざまな団体による企画も準備中とのことです。

 これらについての詳細は決まり次第、公式サイトで発表されます。

“賽[sai]”競技タイトル

 “賽[sai]”では、競技タイトルとして3タイトルが採用されています。予選は同日に行われるため、複数タイトルへのエントリーも可能です。

 なお、トーナメントの進行により試合時間が重複した場合には、いずれかを棄権してもらう場合があります。

『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』

 バンダイナムコエンターテインメントの3D対戦格闘ゲーム『鉄拳』シリーズ最新作『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』では、シリーズのウリである圧倒的な壮快感はそのままに、ドラマティックなバトルを演出するさまざまな新要素が加えられています。

“Evolution Championship Series:Japan 2018”

 『ウルトラストリートファイターIV』から参戦する“豪鬼”の活躍にも注目です。

『GUILTY GEAR Xrd REV 2』

 数ある格闘ゲームのなかでも屈指の自由度の高さを誇る、アークシステムワークスの対戦格闘ゲーム『GUILTY GEAR Xrd』シリーズ。

“Evolution Championship Series:Japan 2018”

 キャラクターたちによる目まぐるしい攻防は、まさに苛烈を極めます。最新作『REV 2』では待望の新キャラクターも登場し、新たなステージを迎えています。

 残る1タイトルは近日発表されます。

“賽[sai]”参加方法

 事前エントリー制となります。エントリー詳細は、3月下旬に“EVO Japan”公式サイトで発表されます。

“賽[sai]”開催概要
会期・時間:5月20日、21日(※開場時間未定)
エントリー費:無料
入場料:無料
賞金:なし
会場:秋葉原UDX
大会参加方法公式サイトでの事前エントリー制
主催:EVO Japan実行委員会LLP
協力:バンダイナムコエンターテインメント、アークシステムワークス
運営事務局:EVO Japan運営事務局(ソニー・ミュージックコミュニケーションズ内)

“Evolution Championship Series:Japan 2018(EVO Japan 2018)”開催概要
会期・時間:2018年1月26日~28日(※開場時間未定)
会場:秋葉原UDX
大会参加方法:2017年7月下旬ごろに公式サイトで詳細発表予定
主催:EVO Japan実行委員会LLP
運営事務局:EVO Japan運営事務局(ソニー・ミュージックコミュニケーションズ内)

(C) CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED. TEKKEN(TM)7 FATED RETRIBUTION & (C) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C) ARC SYSTEM WORKS
2017 EVO Japan Executive Committee LLP

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(04/15~04/21)

  1. 1

    【MHW】壊れ性能の新防具と鑑定武器の強さと仕様「マム・タロト」は最高の神アップデート【モンハンワールド】

  2. 2

    【MHW】新モンスター「マム・タロト」は期間限定クエストだった!有利に戦える方法や環境利用、肉質や弱点属性など【モンハンワールド】

  3. 3

    【MHW】落石利用で「マム・タロト」を達成度MAXで攻略、調査前と調査後の比較【モンハンワールド】

  4. 4

    【MHW】歴戦個体に閃光弾が一部無効に!?ツタの葉の増殖や調査クエストのソートが可能に「第二弾大型アップデート」に伴う仕様変更【モンハンワールド】

  5. 5

    【MHW】アステラ祭No.1の神クエスト!HR、痕跡、装飾品、竜玉、紅玉、宝玉が同時に収集できる「丘の上の雪見桜」【モンハンワールド】

  6. 6

    【MHW】先取情報!期間限定で竜玉救済イベントクエスト登場か?「暴動とは斯くの如し」と第二弾大型アップデート実装内容アンケート結果【モンハンワールド】

  7. 7

    【MHW】新要素16人で討伐!新モンスター「爛輝龍 マム・タロト」の実機プレイはカプコンTVで【モンハンワールド】

  8. 8

    【MHW】発掘武器復活か?「鑑定武器」やマム・タロトの武器や防具、重ね着が生産可能に【モンハンワールド】

  9. 9

    【モンスト】もう引き際が分からない!再びラミエル狙いでガチャ!

  10. 10

    【モンスト】出るか出ないかはある種50%!新限定ラミエル狙いでガチャ!