News

2017年3月17日(金)

電撃小説大賞《銀賞》受賞作『キラプリおじさんと幼女先輩』はアーケードゲームをめぐる激レアラブコメ!

文:電撃オンライン

 第23回電撃小説大賞《銀賞》受賞作『キラプリおじさんと幼女先輩』が電撃文庫より好評発売中。

 男子高校生と幼女が女児向けアイドルアーケードゲームをめぐって熱いバトルを繰り広げる、全国の紳士に捧ぐ異色のラブコメだ。

キラプリおじさんと幼女先輩
▲『キラプリおじさんと幼女先輩』の表紙イラスト

<あらすじ>

 女児向けアイドルアーケードゲーム「キラプリ」。俺が手に入れた“楽園”は、突如現れた生意気な女子小学生によって奪われる!?

 女児向けアイドルアーケードゲーム「キラプリ」に情熱を注ぐ、高校生・黒崎翔吾。親子連れに白い目を向けられながらも、彼が努力の末に勝ち取った地元トップランカーの座は、突如現れた小学生・新島千鶴に奪われてしまう。

 「俺の庭を荒らしやがって」

 「なにか文句ある?」

 田舎のスーパーのゲームコーナーに設置された、一台の「キラプリ」筐体のプレイ権を賭けて対立する翔吾と千鶴。そんな二人に最大の試練が。今度のイベントは「おともだち」が鍵を握る……!?

 クリスマス限定アイテムを巡って巻き起こる、俺と幼女先輩の激レアラブコメ!

『キラプリおじさんと幼女先輩』の3つの魅力!

『キラプリ』の魅力その1 女児向けゲームを題材とした、ボーイ・ミーツ・幼女先輩!?

キラプリおじさんと幼女先輩

 プレイヤーがアイドルとなり、好きなコーディネートを身にまとってライブをするリズムゲーム「キラプリ」。

 女児の間で大ブレイクしているアイドルアーケードゲーム。

 本州最西端、下関の片田舎にあるスーパーのゲームコーナーで、女児向けゲームに熱中する高校生・黒崎翔吾と、東京から引っ越してきたばかりの女子小学生「キラプリ」プレイヤー、“幼女先輩”こと新島千鶴が出会うことから物語がはじまる、異色のラブコメディです。

『キラプリ』の魅力その2 好きなもののために本気になり、また葛藤する二人――笑いあり感動ありの物語!

 「キラプリ」愛なら誰にも負けない!

 「キラプリ」を誰よりも愛していると自負する主人公の翔吾と、ヒロインの千鶴は、はたから見れば取るに足らないことに信念を持っています。しかし、その信念を意地でも曲げません。

 そんな二人がいがみ合ったり、葛藤したり、とある出来事のために○○したり……。題材はやや特殊ですが、好きなもののために頑張る二人に、きっと誰もが共感できるはず!

『キラプリ』の魅力その3 魅力的なキャラクターが多数登場! イラストにも注目!

 「キラプリ」に夢中になる翔吾と千鶴のほか、翔吾を心配する幼なじみや、某博多アイドルグループに所属しているゲームコーナーの従業員など、魅力的なキャラクターが多数登場し物語を盛り上げます。

 スマホゲーム「Fate/Grand Order」のカードイラストなどで活躍中のMika Pikazoさんの超可愛いイラストは必見です!

キラプリおじさんと幼女先輩
▲黒崎翔吾(くろさき しょうご) 下関の片田舎に住む高校二年生。高校に進学後、自分のやりたいことが見つからない日々を送っていたが、近所のスーパーのゲームコーナーにある「キラプリ」と出会い、その魅力に惹かれていく。地元のトップランカーだったが、千鶴に敗れる。
キラプリおじさんと幼女先輩
▲新島千鶴(にいじま ちづる) 小学五年生。「キラプリ」には人並みならぬこだわりを持つ凄腕のプレイヤー。人見知りで他人にはなかなか心を開かない。東京から本州の最西端・下関に引っ越してきたばかりで、その環境の違いに戸惑う日々。
キラプリおじさんと幼女先輩
▲行橋夏希(ゆくはし なつき) 翔吾の幼なじみ。「キラプリ」に没頭してクラスで友達を作らない翔吾を心配する。
キラプリおじさんと幼女先輩
▲白川芽衣(しらかわ めい) 翔吾のクラスメイトで夏希の親友。読書が趣味の引っ込み思案な少女。
キラプリおじさんと幼女先輩
▲清盛(きよもり) 翔吾のクラスメイト。博多のアイドルグループに熱を上げるアイドルオタク。
キラプリおじさんと幼女先輩
▲會田夕美(かいだ ゆみ) スーパーマルワのゲームコーナー「わくわくらんど」の従業員。博多の某アイドルグループのメンバーとしても活躍中。

 第23回電撃小説大賞 特集サイトで、きんぎん先生による紹介4コマも公開中! こちらもお見逃しなく!

キラプリおじさんと幼女先輩

(C)KADOKAWA CORPORATION 2017

データ

▼電撃文庫『キラプリおじさんと幼女先輩』
■著者:岩沢 藍
■イラスト:Mika Pikazo
■発売日:2017年3月10日発売
■定価:本体630円+税
 
■電撃文庫『キラプリおじさんと幼女先輩』の購入はこちら
Amazon.co.jp

その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。