News

2017年4月9日(日)

『1-2-Switch』隠し要素が一部判明。ひげそり、魔法使い、トレジャーボックスなど紹介

文:にじ

 任天堂は、Nintendo Switch用ソフト『1-2-Switch』の隠し要素についての情報を公開しました。

『1-2-Switch』

 『1-2-Switch』は、画面を見ないで遊ぶ対面ゲームです。“ひげそり”、“魔法使い”、“電話番”、“金庫破り”、“トレジャーボックス”の隠し要素が紹介されています。

ひげそり

 “ひげそり”は、HD振動を頼りにキレイサッパリひげを剃るゲームです。

 連続で3回以上プレイしていると、髪の毛の丸刈りにチャレンジすることがあります。Joy-Conをバリカンに見立てて頭髪をガンガン刈りましょう。

『1-2-Switch』

 髭剃りと剃る角度が違うので、髭剃りではなかなか勝てない相手にも勝利することができるかもしれません。

魔法使い

 “魔法使い”は、Joy-Conを魔法の杖に見立て、くるくる回して魔力をため、魔法をぶつけあうゲームです。

 対戦中は魔法の杖を突きだして攻撃をしますが、この対戦中も杖を相手に向けながらくるくると回転させると魔力をため、強力な攻撃をすることができます。

 画面に波紋が出たら魔力がたまっている証拠です。この状態でつきだせば強力な魔法攻撃で相手を押しこむことができます。ただし、魔力をためている時は隙ができるので注意が必要です。

『1-2-Switch』
『1-2-Switch』

電話番

 “電話番”は、Joy-Conを受話器に見立て、早取り対決をするゲームです。

 連続で2回以上プレイすると、自分の電話のベルとは別の音が鳴るようになります。他のベル音に騙されず、自分の音の時だけ電話に出るという、少し違った楽しみ方ができます。

金庫破り、トレジャーボックス

 金庫を開ける時間を競う“金庫破り”と、鎖に絡まった宝箱を開ける“トレジャーボックス”。

動画:金庫破り

動画:トレジャーボックス

 ともに金庫や宝箱を開ける時間を競うゲームですが、クリアタイムによってなかに入っているお宝が変化します。

 お宝の種類は両ゲームとも4段階。1番よいお宝を手に入れるには、相当早くクリアをする必要があるらしいとのこと。何度もチャレンジして、すごいお宝ゲットを目指してみてはいかがでしょうか?

『1-2-Switch』
▲画面は各ゲームで一番時間がかかった時のお宝。
『1-2-Switch』

すべてのゲーム

 本体設定の“言語”を“日本語”以外にすると、すべての表示や音声が海外語になります。

『1-2-Switch』

 画面を見なくても遊べるこのタイトルは、1度各ゲームのルールを覚えてしまえば、言葉なしでも楽しめるものがほとんどです。“ボクシングジム”や“旗上げ”など、なかには各言語の言葉をちょっとだけ覚えて遊ぶものもありますが、それはそれで新鮮な気持ちで楽しめます。

『1-2-Switch』
『1-2-Switch』

※画像は公式サイトをキャプチャーしたもの。
(C)2017 Nintendo

その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。