News

2017年4月13日(木)

『FF14 紅蓮のリベレーター』スクリーンショットが大量公開。アラミゴやドマの舞台をチェック

文:イズミン

 スクウェア・エニックスは、6月20日発売予定のPS4/PC用ゲーム『ファイナルファンタジーXIV』の最新拡張パッケージ『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』の最新情報を公開しました。

新たな冒険の舞台:アラミゴ

 西洲アルデナード小大陸の東端に位置する軍事都市国家。山岳地帯に張り付くように築かれた都市で、暴君テオドリックへの民衆の反乱を発端に、国力が低下。

 この反乱を裏で手引きしていたガレマール帝国により瞬く間に制圧され、以来20年間帝国の属州として支配を受け入れてきました。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

ギラバニア

 かつて城塞都市“アラミゴ”が領していた地域。アルデナード小大陸を東西に貫くアバラシア山脈の東端に位置し、険しい山々が連なります。

 壊神ラールガー信仰が根強い土地でしたが、宗教を否定する帝国の支配を受け、各地の寺院はことごとく破壊されています。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

新たな冒険の舞台:ドマ

 東州オサード小大陸に位置する都市国家。ひんがしの国由来である忍者と侍を擁する平和な国でしたが、領土拡大をもくろむガレマール帝国によって城が陥落。25年の長きにわたり、帝国の属州として支配されています。

 近年、大規模な反乱が起こるも、これに失敗し現代理総督によって民衆への弾圧府が激化しているといいます。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

アジムステップ

 オサード小大陸北部に広がる大草原。アウラ族発祥の地とも伝えられており、太陽神アジムや月神ナーマといった、独自の信仰体系が息づいています。

 アウラ・ゼラたちが50以上もの部族にわかれて暮らしており、今なお伝統に従って大草原の支配権を争っています。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

ヤンサ

 雄大なる大河“無二江(むにこう)”が流れる地域で、かつては辺境国“ドマ”が領していました。現在はガレマール帝国の支配下にあり、民の誇りでもあったドマ城には、代理総督が居を構えています。

 この地に住まう民は重税と役務を課され、苦しい生活を余儀なくされているといいます。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

紅玉海

 ひんがしの国とオザード小大陸とを隔てる内海。古くから海賊衆と呼ばれる勢力が支配しており、いずれの国の力もおよばぬ海として知られてきました。

 また、亀のような獣人種族、コウジン族をはじめとする海洋民も暮らしているようです。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

新たなプレイヤータウン

ひんがしの国“クガネ”

 オザード小大陸から海を隔てた、島国“ひんがしの国”の貿易港。鎖国政策が敷かれている同国において、唯一、異国船に対して開かれた港であり、ガレマール帝国はもちろん、エオルゼア諸国に至るまで、世界各地の船が入港します。

 それゆえ、煌びやかな街並みを誇る商いの町であると同時に、諜報と政治の最前線であるともいいます。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

蛮族/蛮神

豪神スサノオ

 コウジン族が呼び降ろした豪の神。三種の神器に宿っていた八百万の神の一柱であり、海の神としての顔もあわせ持っています。戦をも祭りとして愉しみ、挑む者には容赦なく神剣“アメノムラクモ”を振り下ろします。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

コウジン族

 紅玉海に古来より住まう海洋民。水中での活動に長け、豊かな海の恵みを糧として暮らしてきました。物に宿る八百万の神を信じており、その依代となる名品や逸品の類を集めることに余念がありません。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

美神ラクシュミ

 アナンタ族が呼び降ろした美の神。美に加え、豊穣と癒しの力を持つとされ、神話によれば、アナンタ族にもその力の一部をわけ与えたとされています。心優しき存在であり、“魅惑の抱擁”によって信徒たちの心を癒します。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

アナンタ族

 ギラバニア辺境地域に棲まう先住民。その上半身は人に、下半身は蛇に似ており、女性のみで構成されるという特徴があります。また、魔法によって金属を成型し、美しい装飾品を作り出す技を継承してきました。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

新コンテンツ 高難易度レイドダンジョン

次元の狭間 オメガ

 ハイデリンの理の外から飛来したと言われる、謎の生命体が“オメガ”です。生物なのか機会なのかすら定かではなく、アラグ帝国時代に蛮神バハムートをとらえ、活動を停止していましたが、蛮神撃退のために再起動されました。ギラバニアへと消息を絶ったオメガでしたが……。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

新システム

新たなジョブ 侍

 遥かなる海を越えた東の果てに浮かぶは、“ひんがしの国”。島内の限りある土地を巡り、豪族たちがしのぎを削る乱世が続いた結果、国主に従い戦に参じる“侍”たちの技もまた、独自の発展をとげていきました。その後、天下統一が成されると、“刀”を佩く彼らは、いつしか雪月花美しき故郷の平和を護る者へと変化していったといいます。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

 ですが、研ぐことを怠れば、鋭き刃も鈍り、志もまた堕ちるもの。真の“侍”の数が減りゆく中で、己の信念を込めて柄に手をかけ、“抜刀”の時を待つ者たちがいました。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

新たなジョブ 赤魔道士

 アバラシア山脈の東端、峨々たる山岳地帯“ギラバニア”、第5西暦末期のこと、迫り来る水の厄災“第六霊災”から逃れるため、星の輝きに導かれた人々が、方々から山間を目指して集結したという。その中には、魔大戦で激しく戦い合った魔法都市“マハ”の黒魔導士と古都“アムダプール”の白魔導士の姿もありました。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

 そして、滅びの定めに抗うため、かつての敵同士が手を結び、黒魔法でも白魔法でもない新たな魔法体系の確立に挑む。かくして、“細剣”を手に戦う“赤魔導士”が誕生しました。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

水中アクション

 これまでの陸、空の冒険に加え、『FFXIV』の世界で“水中アクション”が解禁されます。また、泳ぐことが可能ととなるだけでなく、特定のシナリオを達成することで、水中へと潜ることも可能になるとのことです。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

新たなハウジングエリア シロガネ

 グリダニア、リムサ=ロンサ、ウルダハに加え、『FFXIV』の世界に第4のハウジングゾーンが誕生します。

 “シロガネ”は、“ひんがしの国”に属する島で、久我根に出入りする冒険者に開かれた居住区。和のテイストあふれるハウジングエリアです。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』 『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』

その他のアップデート

レベルキャップ開放

 これまでのクラス/ジョブレベル制限が、レベル60からレベル70へと大きく解放されます。これにともない多数のジョブクエストが追加され、各ジョブともに新アクションの習得も可能になります。

ハウジング家具設置数大幅増加

 ハウジングエリア拡大にともない、ハウス屋内にも大きなアップデートが行われます。ハウス内に設置できる家具の最大設置数が大幅に拡大。

 Sサイズのハウスの設置数はこれまでの100個から200個へ増加。Mサイズ、Lサイズもそれぞれ倍となり、Lサイズの最大設置数は400個へと強化されます。

(C)2010-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

データ

▼『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド コレクターズエディション』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:MMORPG
■発売日:2015年6月23日
■希望小売価格:14,800円+税
イメージ
▼『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:MMORPG
■発売日:2015年6月23日
■希望小売価格:3,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド(ダウンロード版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:MMORPG
■配信日:2015年6月23日
■価格:3,800円+税
▼『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド コレクターズエディション(ダウンロード版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:MMORPG
■配信日:2015年6月23日
■価格:5,800円+税
▼『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:MMORPG
■発売日:2015年6月23日
■希望小売価格:3,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド コレクターズエディション』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:MMORPG
■発売日:2015年6月23日
■希望小売価格:14,800円+税
▼『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド(ダウンロード版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:MMORPG
■配信日:2015年6月23日
■価格:3,800円+税
▼『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド コレクターズエディション(ダウンロード版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:MMORPG
■配信日:2015年6月23日
■価格:5,800円+税

その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。