News

2017年4月16日(日)

プロ野球選手の気分を楽しめるバッティングセンター“リアル野球”が町田にオープン。試合形式で対戦可能

文:イズミン

 新感覚バッティングセンター“リアル野球”第1号店の町田店が営業中です。

 “リアル野球”第1号店は、駅前の繁華街の中にあり、ビルの9階の店内は明るくきれいなフロントとなっています。また、スポーツバーのようなゆったりした休憩スペースも用意されています。

 野球好きの友だち同士はもちろん、職場の仲間や家族、カップルのデートにも最適な野球エンターテイメントスポットとなっています。

“リアル野球”

試合形式の対戦ができるバッティングセンター

 “リアル野球”では、バッターボックスに入り、ホームベースを踏むとスクリーン中央の穴からボールが飛んできます。スクリーンにはピッチャーと後ろの守備陣、バックスタンドまでリアルに映し出されているので、球場のバッターボックスに立っている感覚でプレイできます。

“リアル野球”

 試合中には臨場感溢れる実況中継が聞こえてくるので、プロ野球選手のような気分を楽しめます。ボールを打つと、飛んだ方向、飛距離などをセンサーが測定し、瞬時にスクリーンの球場に反映されます。そして、ヒットやファウル、ホームランなどの結果が出た後、試合が進行します。

 また、メジャー、マイナー、ルーキー、ジュニア、レディー、チャイルドの6段階の難易度調節が可能なハンディモードにより、老若男女を問わず、対等に野球対戦できます。なお、難易度はゲームに参加する1人1人に設定することができます。

職場の飲み会を“リアル野球”で

 “リアル野球”では、ドリンクとおつまみが用意されているので、職場の飲み会を“リアル野球”で開催することができます。また、予約も行われているため、気軽に予定を立てることができます。

“リアル野球”

カップルでのデートでも楽しめる

 最先端のIT技術と新感覚のコラボで誕生したスポーツの名所なので、ボーリングより安く、運動しながら楽しくデートできます。

家族、友だちとも“リアル野球”

 “リアル野球”では、野球の試合をするために9人が集まるまで待つ必要はありません。1名から時間を問わずいつでも野球ができ、室内なので雨の日でも快適に野球が楽しめます。

 親子でもハンディモードを設定することで、子どもでもホームランを打つことができ、対等な試合が可能です。

(C) 2016 リアル野球 Co.,ltd All Rights Reserved.

その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。