DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 「楽しスンギル!」完全新作劇場版制作決定発表もあったイベント“ユーリ!!! on STAGE”レポート

2017-04-30 23:57

「楽しスンギル!」完全新作劇場版制作決定発表もあったイベント“ユーリ!!! on STAGE”レポート

文:ガルスタオンライン

 2017年4月29日、大人気のTVアニメ『ユーリ!!! on ICE』のイベント“ユーリ!!! on STAGE”が行われた。舞浜アンフィシアターを本会場とし、ライブビューイングは昼86劇場・夜94劇場・全国136劇場180スクリーンという、過去に類をみない規模!!

“ユーリ!!! on STAGE”レポート

 会場ではイベント限定グッズ販売のほかに、フィギュアや缶バッジなどのグッズが展示されていました。特に取り寄せレンタルタキシードのwith a WISHとのコラボスーツは撮影に長蛇の列ができており、高いクオリティーでのコラボに驚きの声が上がっていましたよ。

 登壇したのは豊永利行さん(勝生勇利役)、諏訪部順一さん(ヴィクトル・ニキフォロフ役)、内山昂輝さん(ユーリ・プリンセツキー役)、野島健児さん(イ・スンギル役)、日野聡さん(エミル・ネコラ役)、羽多野渉さん(ギオルギー・ポポーヴィッチ役)、安元洋貴さん(クリストフ・ジャコメッティ役)、本城雄太郎さん(ジ・グァンホン役)、小野賢章さん(ピチット・チュラノン役)、村瀬歩さん(南健次郎役)、土岐隼一さん(レオ・デ・ラ・イグレシア役)、福山潤さん(西郡豪役)、原作者の久保ミツロウさんの13名。

 特にヴィクトル役の諏訪部さんは昼公演はスーツ、夜公演は黒のワイシャツという軽装で、自身が演じるキャラクターを意識した装いでした。

“ユーリ!!! on STAGE”レポート
▲豊永利行さん。
“ユーリ!!! on STAGE”レポート
▲諏訪部順一さん。
“ユーリ!!! on STAGE”レポート
▲内山昂輝さん。
“ユーリ!!! on STAGE”レポート
▲野島健児さん。
“ユーリ!!! on STAGE”レポート
▲日野聡さん。
“ユーリ!!! on STAGE”レポート
▲羽多野渉さん。
“ユーリ!!! on STAGE”レポート
▲安元洋貴さん。
“ユーリ!!! on STAGE”レポート
▲本城雄太郎さん。
“ユーリ!!! on STAGE”レポート
▲小野賢章さん。
“ユーリ!!! on STAGE”レポート
▲村瀬歩さん。
“ユーリ!!! on STAGE”レポート
▲土岐隼一さん。
“ユーリ!!! on STAGE”レポート
▲福山潤さん

キャラクターの設定や苦労話など、マル秘話も

 “ポポーヴィッチのカラボスの部屋”と名付けられたコーナーでは、羽多野さんがMCとなり、出演者をそれぞれの属性に分けてのキャラクタートーク。 “ただただ可愛いチーム”は村瀬さん、土岐さん、本城さん、安元さん。“唯我独尊!マイペース!チーム“には諏訪部さん、小野さん、日野さんの3人。“ギャップにドキっ!?チーム”は豊永さん、内山さん、野島さん、福山さん。それぞれのキャラクターで好きなシーンを振り返りました。

 イベントには原案の漫画家・久保ミツロウ先生も登壇し、キャラクターの設定やその背景の話が惜しみなく語られました。

“ユーリ!!! on STAGE”レポート
▲久保ミツロウさん。

 キャストからも収録現場での苦労、苦難の話が山のように……。豊永さんは、勇利の心情や演技の微妙な変化による演じ分けを「針の穴に糸を通すような難しさ」と例えるなど、キャラクターを作り上げるという生みの苦しみは私たちの想像以上に堪え難いものなのだということが伝わってきました。湯水のごとく湧き上がる制作秘話に、この作品がスタッフ・キャストの心に大きく深く刻まれていることがよくわかり、感動しました。

 アメリカザリガニ(柳原哲也さん・平井善之さん)による司会で進み、軽快なトークと的確なツッコミに愛情は暖かな雰囲気に包まれていました。

 が、フリーダムな回答を繰り返す諏訪部さん・小野さんを始め、勝手に他のチームのボタンを押す日野さん、メガネネタを展開させる本城さん・土岐さんなど、クイズコーナーは収拾がつかず大喜利大会へと発展!! さらに宮野真守さん(ジャン・ジャック・ルロワ役)が映像でヒントを与えるはずだったのですが、J.J.の曲を大合唱する流れに!

しんみり、爆笑、そして感動の生アフレコと朗読劇

 生アフレココーナーでは、宮野さん同様に今回この場にいない細谷佳正さん(オタベック・アルティン役)と前野智昭さん(ミケーレ・クリスピーノ役)のメッセージ映像が流されました。

 勇利、ヴィクトル、ユーリの3人の出番になると、ステージ中央に現れた小さな四方のリンクでユリオの振付撮影を務めた河西歩果さんが演技を披露。楽曲、映像、生アフレコに合わせて、ブレードが氷を削る音が聞こえる。走馬灯を見ているかのごとく『ユーリ!!! on ICE』という作品に没頭できる贅沢な時間でした。

“ユーリ!!! on STAGE”レポート

 またイベントオリジナルストーリーでの朗読劇“長谷津エキシビジョン 温泉 on ICE ヴィクトル with フレンズ”(久保ミツロウ×山本沙代監督監修)は、事前に久保先生から「緊急停止ボタンなんてついていないジェットコースターのような」と形容された通り、めまぐるしく変化する状況についていくだけで精一杯の、笑いと感動が詰まったストーリー。

“ユーリ!!! on STAGE”レポート

 羽多野さんがエンディングテーマ曲(「You Only Live Once」YURI!!! on ICE feat. w.hatano)を生で披露すると、青と緑のペンライトが左右に、そして綺麗にゆらゆらと波打っていました。

“ユーリ!!! on STAGE”レポート

 そしてエンディング直後にスクリーンに現れた「特報」の文字、そしてその情報に、今日一番の歓声が湧き上がりました。すでに速報でお知らせしましたが、完全新作劇場版制作が決定したのと、本公演のイベント映像化(2017年7月28日発売予定)が発表になり、幕を閉じました。

“ユーリ!!! on STAGE”レポート

■イベント“ユーリ!!! on STAGE”
日程:2017年4月29日 昼の部:開演15:00~ 夜の部:開演19:00~
場所:舞浜アンフィシアター(本会場)
   全国ライブビューイング(昼86夜94、全国136劇場180スクリーン)
時間:昼の部:開演15:00~ 夜の部:開演19:00~
出演者(敬称略):勝生勇利役 豊永利行、ヴィクトル・ニキフォロフ役 諏訪部順一、ユーリ・プリセツキー役 内山昂輝、イ・スンギル役 野島健児、エミル・ネコラ役 日野 聡、ギオルギー・ポポーヴィッチ役 羽多野 渉、クリストフ・ジャコメッティ役 安元洋貴、ジ・グァンホン役 本城雄太郎、ピチット・チュラノン役 小野賢章、南 健次郎役 村瀬 歩、レオ・デ・ラ・イグレシア役 土岐隼一、西郡 豪役 福山 潤、久保ミツロウ

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー