News

2017年5月6日(土)

アニメ『エロマンガ先生』ステージで『俺妹』の“あやせ”ifストーリーが発表【マチ★アソビVol.18】

文:イトヤン

 徳島県徳島市で恒例となっている複合エンターテイメントイベント“マチ★アソビ Vol.18”が、5月5日~5月7日に開催されています。ここでは、5日に新町川東公園ステージで開催された“アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第10回@マチ★アソビ会”の模様をお届けします。

“アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第10回@マチ★アソビ会”
▲ステージのパーソナリティを務めた、和泉紗霧役の藤田茜さん。

 『エロマンガ先生』は、電撃文庫の人気小説をTVアニメ化した作品です。高校生兼ラノベ作家の和泉正宗は、彼の小説のイラストを描いてくれているイラストレーター“エロマンガ先生”の正体が、彼の引きこもりの妹・紗霧だったという衝撃の事実を知ります。そんな2人が織りなす業界ドタバタコメディが描かれます。

 そして今回行われたステージは、“アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります”というニコニコ生放送番組の、初の公開放送となっていました。

 この番組は、原作者である伏見つかさ先生のデビュー10周年を記念してスタートしたもので、今回が10回目の放送となります。

 この日のステージには、和泉紗霧役の藤田茜さん、電撃文庫編集者の三木一馬さん、アニメ『エロマンガ先生』プロデューサーの柏田真一郎さん、そして伏見つかさ先生の4名が登壇しました。ちなみに、パーソナリティを務めている藤田茜さんはこの日、JR徳島駅の一日駅長にも就任しています。

“アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第10回@マチ★アソビ会”
▲三木一馬さん(写真左)と、柏田真一郎プロデューサー(写真中央)。
“アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第10回@マチ★アソビ会”
▲原作者の伏見つかさ先生。

 番組初の公開生放送ということで、まずは観客の皆さんと一緒に、タイトルコールを行うことに。観客の皆さんが「エロマンガ~!」と叫んで、ステージの4名が「先生~!」と返すというかなりハードルの高い内容でしたが(笑)、客席をぎっしりと埋めた皆さんは、元気よく大声でコールしていました。

『エロマンガ先生』で、藤田茜さんが故郷の静岡に凱旋!?

 まず最初のコーナーは、視聴者から寄せられた意見を、プロデューサーの柏田さんが“公約”として請け負って実行するという“柏田マニフェスト”のコーナーです。

 前回の放送では、藤田茜さんが荒木レナ役で出演しているスマホゲーム『Tokyo 7th シスターズ』のライブに潜入するという内容が、何故か公約として挙げられていたそうで、それをなんと三木さんが実行したとのこと。そこでニコ生では、その模様が映像で紹介されました。

 ところが、その映像を観ることができたのはニコ生の放送だけで、マチ★アソビの会場では音声のみが流れるという展開に。自分の出演するライブの様子が気になる藤田さんは、ステージ上のモニターに近づいて見ているという、ちょっと不思議な光景が繰り広げられていました。

“アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第10回@マチ★アソビ会”

 続いての公約は、“藤田茜の静岡凱旋”についてです。これは、アニメ『エロマンガ先生』のBlu-ray&DVD第1巻発売を記念して、藤田さんが全国各地でイベントを開催するという“藤田茜のエロマンガ先生布教の旅”に、藤田さんの出身地である静岡が入っていない! という問題です。

 この問題については柏田Pから、「(静岡でも)やりましょう!」という、力強い言葉を聞くことができました。詳細はまだこれからとのことですが、検討ではなく開催することに決めたそうです。

 次の公約は、藤田さんが『エロマンガ先生』のTVアニメに作画で参加するという、“藤田茜 アニメーターへの道”という企画です。この公約が、4月に放映された第4話で実行されたそうです。

 ただし、藤田さんによると、作画した絵は“全修正”とのことで、ほとんどリテイクに近いものだったようです。とはいえ第4話のエンディングには、藤田茜さんの名前がキャストだけでなく、原画としてもしっかりとクレジットされていました。

藤田茜さんのボーカル曲が、キャラソンに加えてアニメの挿入歌としても登場

 ここからは、6月28日に発売されるTVアニメ『エロマンガ先生』のBlu-ray&DVD第1巻に関する話題となりました。

 Blu-ray&DVD第1巻には、11月12日に舞浜のアンフィシアターで開催されるイベント“エロマンガFes”のチケット優先販売申込券が同梱されています。こちらのイベントにはこれまで、藤田茜さんや松岡禎丞さんなどのキャスト陣の出演が発表されていました。

 今回のステージではさらに、オープニング主題歌『ヒトリゴト』を歌っているClariSと、エンディング主題歌『adrenaline!!!』を歌っているTrysailの出演が決定したことが、新たに発表されました。

 また、『エロマンガ先生』のBlu-ray&DVD第1巻には、藤田茜さんの歌う和泉紗霧のキャラクターソングCDが同梱されることも発表されています。藤田さんによると、こちらの曲はそろそろ収録が行われるそうですが、紗霧というよりはエロマンガ先生のほうに近いテンションの曲になっているようです。

 また柏田Pの話では、このキャラソン以外にもう1曲、藤田さんのボーカル曲が予定されていて、そちらはすでに収録済みだとか。この曲は今後、TVアニメの中で流れる予定だそうです。

 Blu-ray&DVD第1巻にはさらに、伏見先生による書き下ろし短編小説も同梱されます。伏見先生が、「こちらの小説では各ヒロインのかわいいところがたくさん見られます」と説明すると、客席からは拍手が起こっていました。

“アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第10回@マチ★アソビ会”

 伏見先生はさらに、7月26日に発売されるBlu-ray&DVD第2巻に同梱される『エロマンガ先生×俺の妹がこんなに可愛いわけがない コラボレーションドラマCD前編』の脚本も執筆しているそうです。さらにこのCDには、“紗霧のらぶらぶ耳かき&ささやき夢ボイス”というバイノーラル録音のボイスも収録されますが、こちらの脚本も伏見先生が書き下ろしているとのこと。

 三木さんの話では、バイノーラル録音のボイスは今後、他のキャラクターのものも予定しているそうです。すると藤田さんからは神楽坂あやめのボイスが、伏見先生からは和泉正宗のボイスが、それぞれほしいという要望が上がっていました。それを聞いた柏田Pと三木さんは、検討してみると答えていましたが、実際にはどうなるのか、続報が気になるところです。

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』あやせルートのIFストーリーが文庫化決定!

 次のコーナーは、“伏見つかさ10周年改め、11周年に突入したのを記念企画 進捗ご報告”です。伏見先生がデビュー11周年に突入しても、記念企画はまだまだ予定されているそうで、まず最初に、電撃文庫×読書メーターのコラボ企画が紹介されました。

 『エロマンガ先生』9巻発売記念 ネットサイン会への道と題されたこのコラボ企画では、6月10日に『エロマンガ先生』原作小説の9巻が発売された、1週間後の6月17日にニコ生の放送を行い、みんなで小説の感想を語り合おうというもの。

 さらに伏見先生がサインした原作本を、視聴者の皆さんにプレゼントするそうですが、その詳細は、当日の放送で明らかにされるとのことです。

 続いてこのステージで発表されたのは、伏見先生の代表作である『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のIFストーリーが制作されるというもの。その第1弾となるのは、新垣あやせのIFストーリーです。

 これは、PSP用ソフト『俺の妹がこんなに可愛いわけがないポータブル』で伏見先生が自ら書き下ろしたあやせルートのストーリーを、さらに加筆修正して文庫化するものだそうです。現在鋭意執筆中で、発売日などは改めて発表されるそうです。

 新垣あやせに関する企画はこれだけではありません。“俺の嫁(あやせ)がこんなに可愛いわけがない”と題された、新垣あやせの対話AI育成計画も発表されました。

“アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第10回@マチ★アソビ会”

 NTTとドワンゴの共同プロジェクトであるこの計画では、ニコニコ動画の“伏見つかさチャンネル”に入会している皆さんに新垣あやせになりきってもらい、いろんな質問に対して彼女が答えそうな応答を投稿してもらいます。これにより、あやせらしい応答をたくさん集めて、あやせと対話できる感覚を味わえるようなAIを作り上げていくのだそうです。

 こう聞くと「あやせらしくない応答も投稿されてしまうのでは?」という疑問が沸く人もいるでしょう。そこでこの企画では、他の人が入力した内容が非常にあやせらしい応答だと思ったら、その応答に対して“ポイね!”というサインを送ることができるのだとか。“ポイね!”がより多く集まった応答は、AIが選ぶ応答のなかでもより評価の高いものになっていくそうです。

 このプロジェクトの進捗状況は、“伏見つかさチャンネル”のブロマガ“ブロマンガ先生”で公開されるとのことです。

阿波弁による和泉紗霧のセリフに、観客から大喝采が!

 ステージの最後に行われたのは、“藤田茜清純アイドル声優化計画”のコーナーです。これは過去のニコ生で、『エロマンガ先生』のTVアニメに出演している女性声優の皆さんと藤田さんが、“どちらが清純派なのか”をテーマにして、さまざまな対決を繰り広げてきた企画です。

 今回は“マチ★アソビ編”と題して、他の声優さんとの対決ではなく、藤田さんが和泉紗霧のセリフを、徳島出身の三木さんが監修した阿波弁で演じることになりました。

 ちなみにこの企画に対して、柏田Pから「清純と関係ないのでは?」というツッコミも入りましたが、三木さんは「阿波弁はかわいいんですよ」と返していました。

“アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第10回@マチ★アソビ会”

 「そんな恥ずかしい名前の人、知らない」というセリフを「ほんなはっずい名前、知らん」という阿波弁に、「もういいかげんにして、兄さん」を「ほんまええかげんにしぃ」という阿波弁に変えて演じた藤田さんに、会場からは大喝采が送られました。

 ニコ生のアンケートでも、92.5パーセントの人から“今のは清純だった”という回答が寄せられており、かなりの好評を得たようです。

 藤田さんは最後に、「あんたのこと好きやけん、付き合ってくれんの」という阿波弁による愛の告白で、このコーナーを締めくくっていました。

 多数の新発表から、藤田さんのかわいい演技まで、今回は盛りだくさんの内容となっていました。TVアニメの放送も中盤に差し掛かり、番組がさらに楽しみになるステージでした。

“アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第10回@マチ★アソビ会”

(C)2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。