DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 梅原裕一郎さん、吉野裕行さんらがバハバハバハソウル!? 『バハソウル』ステージ

2017-05-20 16:15

梅原裕一郎さん、吉野裕行さんらがバハバハバハソウル!? 『バハソウル』ステージ

文:ガルスタオンライン

 現在放送中の『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』より、Anime Japan2017で行われた放送直前ファンタジックステージのレポートをお届けします。

『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』

 開演時間になった途端にアニメ映像が流れ出し、客席の視線はステージ上のモニターに釘付けに。緊迫感のある映像にはそぐわないコミカルなセリフが流れ、どうやら生でアフレコしているようです。

 映像が終わるとさっそく今日の登壇者が登場! 登壇者は諸星すみれさん、梅原裕一郎さん、吉野裕行さん、井上 剛さん、そしてMCも務める森田成一さんの5名のキャスト。まずは前作『神撃のバハムート GENESIS』の振り返り映像からスタート。

『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』

 今作『VIRGIN SOUL』にも登場する、ファバロやカイザル、アザゼルの姿も。映像が終わると、前作に出演していた吉野さんと井上さんは「懐かしいですね」と声をそろえていました。

『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』
『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』

 躍動感のあるダンスシーンが印象的でもあった『GENESIS』ですが、アフレコ時、ダンスシーンになると、モニターの映像が実写の映像に切り替わったのでキャストのみなさんは驚いたそう。すると、梅原さんが今作でもダンスシーンがあると発言。いったいどんなダンスシーンになっているのでしょうか?

『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』
『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』

 そんな『VIRGIN SOUL』ですが、なんと#1の冒頭を5分ほどここで上映することに! キャストも客席も思わず食い入るように映像を鑑賞していました。諸星さんが「映画かと思うような、奥行きのある世界観」と言う通り、前作同様背景の細かいところまで作り込まれていました。なんと監督がイタリアまでロケハンに行ったそう! 作り手の並々ならぬ情熱を感じます。

『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』
『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』

 今回、脚本を手がけたのは大石静さん。大石さんといえばドラマの脚本家で有名な方ですが、アニメ作品に挑戦されるのは今作の『VIRGIN SOU』が初めてとのこと。「前作よりもドラマ性が増した」と、前作から参加している井上さんならではのコメントが飛び出しました。他にもセリフが少なかったり、ト書きが多かったりと、ほかのアニメ作品の脚本と比べても違っているようでした。

『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』
『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』

 続けて、PVが上映されました! 今日上映されたどの映像とも空気の違う映像で、前半はニーナのはずむような恋心が描かれていました。……が、後半になるとドラゴンが現れたり、戦闘シーンに切り替わったり、1度で2度楽しめるPVでした。「ニーナが恋した謎の男はいったい何者なのか」とわいわいする森田さんや井上さんでしたが、梅原さんは「僕に声が似ている……」とボソッとひとこと。ということはもしかして……?

『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』
『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』
『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』

 森田さんが「収録はどうでしたか?」と諸星さんに問いかけると、「楽しかったです!」と元気よく答える諸星さん。即座に「小学生か!」と森田さんがツッコんで、キャストからも客席からも笑いが起きていました。梅原さんは、「王様の役を若造の僕が演じられたのは、先輩方のおかげです」とコメントしていました。

『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』
『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』
『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』

 最後は梅原さんの掛け声で、「バハバハバハソウル!」と会場一体となって続けてイベントは終了……と思いきや、語呂がよくないということで(!?)井上さんに「バハリマーックス!」と言ってもらって今度こそイベントが終了しました。今後も「バハバハバハソウル!」は登場するかもしれないので、要チェックですね!

『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』
『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』
『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』
『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』
『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』
その他のおすすめ記事

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー