News

2017年5月19日(金)

【電撃PS】『Destiny 2』新サブクラスをはじめ多数の新情報が飛び出したプレミアイベントをレポート

文:電撃PlayStation

 SIEより9月8日発売のPS4ソフト『Destiny 2』。そのお披露目イベントととして、Activisionはアメリカ・ロサンゼルスで“『Destiny 2』ゲームプレイ・プレミア”を開催。そのイベントでは、世界初となる実機でのプレイ映像が公開されたほか、ゲームに関するさまざまな新情報が明らかとなった。

『Destiny 2』

 今回、電撃PlayStation編集部は、Activisionの招待を受けて本イベントに参加。新情報のほか実機でのプレイ体験などイベントで判明した情報を数回に分けてお届けする。

レッドリージョンのタワー襲撃から始まるストーリーミッション

 会場では、基調講演に先立ち、冒頭のストーリーミッションのプレイ映像を公開。その最初のミッションでは、前作『Destiny』でプレイヤーにはおなじみの、ソーシャルスペース“タワー”がいきなり戦闘に巻き込まれるという驚愕のストーリーが展開していた。

 その後、ザヴァラ司令官やイコラ・レイといったバンガードとの共闘によって、タワーに来襲するレッドリージョンの攻撃をしのいだ主人公・ガーディアンは、上空から侵攻軍を送り込むレッドリージョンの船に突入。敵の侵攻を根元から断とうと激闘する、めまぐるしい戦いの様子が公開された。

■Destiny 2-公式ゲームプレイ公開トレーラー[JPN]

 敵艦の奥まで進んだガーディアンは、暗闇から姿を現したレッドリージョンの指揮官・ガウルと遭遇したところで、実機プレイ映像は終了。ヴァンガードをはじめとする前作でおなじみの登場人物の活躍に加え、ガーディアンの新サブクラスの戦闘が確認できるなど、見どころだらけの内容に会場は大いに盛り上がった。

 冒頭のミッションについては実際に会場でプレイできたので、そのプレイの模様は後日お届けする予定だ。

『Destiny 2』

圧倒的なパワーで戦える新サブクラス

 実機映像に引き続き、開発者が登壇しての基調講演がスタート。『Destiny 2』の新要素が次々と明らかとなった。

 とくに注目されたのは、前作にはない新たなサブクラスが公開されたこと。公開されたサブクラスはSENTINEL(センチネル=タイタン)、ARCSTRIDER(アークストライダー=ハンター)、DAWNBLADE(ドーンブレード=ウォーロック)の3つで、それぞれパワフルなスーパースキルで敵を攻撃できるのが特徴だ。

■SENTINEL
 ボイド属性のシールドを呼び出して戦うサブクラス。シールドは敵を連続で殴りつけるほか遠くの敵に投げることもできる。

■ARCSTRIDER
 杖のようなアーク属性の武器を呼び出すサブクラスで、前作のアークブレードのように素早い近接攻撃を得意としている。

■DAWNBLADE
 ソーラー属性の剣を呼び出せるサブクラス。剣からソーラーの衝撃波を放って攻撃できるほか、前作のヘビーウェポンの剣のような斬撃を繰り出すこともできる。

 なお、従来の近接とグレネードに加えて、ガーディアンのアクションに○ボタンで使用可能な“クラスアビリティ”が追加。さらに武器カテゴリがKinetic(物理)とEnergy(属性持ち)、Powerの3種に一新され、ショットガンやスナイパーライフルなど、相手を一撃で撃破しうる強力な武器はPowerカテゴリ扱いとなった。

マップシステムを一新、より探索しがいのある内容に

 基調講演では『Destiny 2』を構成するコンテンツについても紹介。従来の“ストーリー”に協力プレイの“ストライク”、対戦モードの“クルーシブル”、そしてプレイヤー最大の挑戦となる高難度ミッション“レイド”といったこれまでのコンテンツが、さらに改良された形で登場する。

 とくに、前作で“パトロール”と呼ばれた探索要素では、オープンワールド環境からそのたのコンテンツへの参加が可能に。また、オープンワールド環境にもTreasure MapやLost Sectorといった新たな探索ミッションが用意されているとのことだ。

『Destiny 2』

 さらに、『Destiny 2』に登場するマップとして、地球の“EDZ”、木星の衛星“タイタン”と“イオ”などの存在が明らかとなった。

クルーシブルに新ルール“COUNTDOWN”が登場!

 基調講演では、対戦モードの新ルール“COUNTDOWN”が公開された。このルールは、4対4で攻撃側と防衛側に分かれて戦うもので、攻撃側はマップ上に2カ所あるポイントを制圧して破壊、防衛側はこれを阻止するのが目的。

 会場で実際にプレイできた内容では、やられた際の自動復活はなく、相手を全滅させても勝利となった。そして、戦いは前作のサバイバルのようなラウンド制で攻守を交代しつつ行われ、先に規定ラウンド数を取ったチームが勝利した。

ゲーム内にクラン機能を実装、入りたいクランを探せるシステムも!

 『Destiny 2』には、従来は外部サイトで運営されていたクラン(気の合うプレイヤー同士が集まるチーム機能)機能が、ゲーム内に実装されることも発表された。クラン機能ではオリジナルのクランバナー(旗)を作成して装備することが可能で、各種コンテンツをとおしてアップするクランレベルも存在するようだ。

 また、メンバーを募集するクランとクランに参加したいプレイヤーを結びつける要素として、“GUIDED GAMES”と呼ばれる機能が用意され、参加希望のプレイヤーはメンバー募集中のクランを一覧から探して参加要請を送ることができる。

 基調講演では、本作のディレクターをつとめるLuke Smith氏が、『Destiny 2』について「すべてのプレイヤーがすべてのコンテンツにふれられることが本作のビジョン」と語ったのがとくに印象的だった。ストーリーやサブクラスといった新要素のほか、より多くの人が楽しめることを目指している『Destiny 2』。今回のプレミアイベントによって、9月8日の発売がより待ち遠しくなった。

※“PlayStation”および“PS4”はソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。
(C) 2017 Bungie, Inc. All rights reserved. Destiny, the Destiny Logo, Bungie, and the
Bungie Logo are among the trademarks of Bungie, Inc. Activision is a registered
trademark of Activision Publishing, Inc.

データ

▼『Destiny 2』
■メーカー:SIE
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクションシューティング
■発売日:2017年9月8日
■価格:未定
▼『Destiny 2』(ダウンロード)
■メーカー:SIE
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクションシューティング
■発売日:2017年9月8日
■価格:未定
その他のおすすめ記事

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.642

    電撃PlayStation Vol.642表紙画像

    2017年7月13日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙】よるのないくに2
    【付録冊子】ハコニワカンパニワークス
    【PS EXTRA】グランツーリスモSPORT
    【特集1】RPG2017 SUMMER
     DQXI / FFXIV / FFXII / 閃の軌跡III
     よるのないくに2 / 塔亰Clanpool / PSO2
    【特集2】アクティビジョン特集
     Destiny 2 / CoD WWII
    【電撃特報】ネプテューヌVIIR
     限界凸城 キャッスルパンツァーズ
     ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団
    【SUPER PUSH】真・三國無双8
     KNACK ふたりの英雄と古代兵団
     リトルウィッチアカデミア
     ファイプロ ワールド / The Lost Child
     巨影都市 / ブルリフ / オメガラビリンスZ
     AW VS SAO / SAO HR ほか
    【ONLINE】LET IT DIE / FFXI / DDON
    【コード付録】DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら