DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 鈴木裕斗さんが27歳にして新たなときめきを感じた『Goes!』の魅力とは?

2017-05-28 15:00

鈴木裕斗さんが27歳にして新たなときめきを感じた『Goes!』の魅力とは?

文:ガルスタオンライン

 乙女ゲームを愛し、乙女ゲームに愛された声優・鈴木裕斗さんが“乙女ゲーム愛全開”で胸をキュンキュンときめかせている本コラム。連載7回目となる今回は女性向け作品でありながら、登場人物をすべて女性声優が演じている異色作『Goes!』(ゴーズ)。

『乙女ゲームトーク番外編』
『乙女ゲームトーク番外編』

 これまで多くの乙女ゲームをプレイしてきた鈴木さんですが、この作品でまた乙女ゲームの新たな魅力を発見できたそうです。その喜びあふれる想いを、文字制限なしでお届けします!

鈴木さんが感じた『Goes!』の魅力とは?

 みなさん、ぎょす★

 突然ですが、僕は乙女ゲームをプレイし始めてからけっこう長い年数が経っています。もうかれこれ14年近くになるので、プレイさせていただいた作品数も多く“大抵のものはプレイしてきた!”と自負していたのですが……。まだあったのです! プレイしたことのないような、まだ出逢っていなかったときめきがあったのです!!

 鈴木裕斗27歳にしてその初のときめきを感じさせてくれたのが、プチレーヴさんのタイトル『Goes!』でした! 攻略キャラクター含め出演している声優が全員女性という今までになかった斬新な作品で、発売前から珍しい作品だなと思って注目していたのですが、今日まで少し時間が経ってしまいました。

 ですが、いまだにこの作品にしか放つことのできない魅力や個性は今も色褪せていないな、とプレイさせていただき感じることができました!

優しいタッチのイラストに心をくすぐられます

 まず僕の心をくすぐったのが、ふんわりと優しい透明感のある絵柄でした。全員女性声優さんが声を担当するということで合わせられたのだと思うのですが、作品の雰囲気や女性の声にもピッタリ合う絵柄だなと思いました! 

『乙女ゲームトーク番外編』
▲ファンタジーの世界にぴったりなイラストは、ふゆの春秋氏、原画を藤谷一帆氏が手掛ける。
『乙女ゲームトーク番外編』

 スチルの出し方もとても印象的かつ繊細で、瑞々しくてキュンキュンします♪ それでいてひとりひとりのキャラクターがしっかりカッコよくて魅力的!! ここで僕が注目するのはやはり“声”です。

 女性声優さんが演じる男の子たちはカッコイイとカワイイが見事に同居しているし、そこにそれぞれの持つ個性が際立っていて、物語冒頭の天とセイムとの出会いから、そのあと訪れるであろう、ほかキャラクターたちとの出会いに胸が高鳴りっぱなしでした!

イチオシは魔法学校の後輩のヴィー!

 僕の心にとくに響いた個性を持つ男の子がヴィーです! 魔法学校の後輩で敬語を使うよい子! 先輩として面倒を見てあげたいくらいの子だけど、とてもしっかりしていてときに甘えさせてくれる……僕を何度も何度も癒してくれましたよ、彼が(笑)!

『乙女ゲームトーク番外編』
▲彼が鈴木さんを虜にした、白石涼子さん演じるヴィンス・ヴィヴィアン・ヴィッカーズ。

役者魂を熱くさせられる作品です!

 そしてこの作品は魔法学校が舞台になっていて、魔法や呪文や七不思議などファンタジー要素も満載で恋愛だけではこの作品は語ることができないなと思いますね! ED数も多くチャートもしっかり作られているのでやりこめますし、伏線もたくさん散りばめられていてキャラクターの攻略順も後々、影響してきそうだなと思いました!

 なにより男の子たちがとっても力強く、りりしく叫ぶ呪文詠唱は、男性の僕もほれぼれするほどです。ピンポイントになりますが個人的にとても注目していただきたいところだったりしますね! というか、どの声優さんも美声で男前な声で……耳が幸せ♪ 

 男性声優さんとはまたひと味違う表現やアプローチの仕方を耳から感じることができて、台詞ひとつひとつから耳が離せませんでした! プレイを楽しみつつ、魅力的な男の子の演じ方を自分のなかにも取り入れたいと役者魂を熱くさせられる作品でした!!

『乙女ゲームトーク番外編』
▲学園内で繰り広げられる甘~い展開にあなたもハマること間違いなし!?

 数々の作品をプレイしてきましたが、また新たな楽しみ方や魅力を発見できたということがうれしくて仕方がないです。年々ツボに入るキャラクターのタイプも幅広くなっていますし、こういう新たな出会いをさせてくれるのでまだ手をつけられていない作品にもどんどん注目していきたいなぁ……。

出張版ではガルスタ誌面では書き尽くせなかった、溢れる想いをお届け中!

データ

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー