News

2017年6月5日(月)

『劇場版仮面ライダーエグゼイド』がPS VRとコラボ。『キュウレンジャー』は戦隊史上最大のピンチを迎える!?

文:kbj

 8月5日に全国で公開される、『劇場版仮面ライダーエグゼイド』と『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』の製作発表記者会見が、多摩六都科学館で開催された。

『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』

 作品では“VR空間”と“大宇宙”というテーマが描かれる。今回の記者会見は、作品の魅力を味わえるように、ギネス世界記録に認定された“もっとも先進的なプラネタリウム”を有する多摩六都科学館が場所に選ばれたとのこと。

『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』 『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』
『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』 『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』

 会場には、『宇宙戦隊キュウレンジャー』と『仮面ライダーエグゼイド』の出演者に加えて、両作品を手がけた、柴崎貴行監督、中澤祥次郎監督が登壇。作品への意気込みなどを語った。また、『仮面ライダーエグゼイド』の劇中では、VRシステムとして、SIEのPlay Station VRとコラボした“幻夢VR”が登場することが明らかになった。

『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』
▲登壇者一同。

『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』

『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』
『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』

 予告映像に続いて、キュウレンジャーが登壇。その後、ラッキー/シシレッド役の岐洲匠さん、スティンガー/サソリオレンジ役の岸洋佑さん、ナーガ・レイ/ヘビツカイシルバー役の山崎大輝さん、ハミィ/カメレオングリーン役の大久保桜子さん、スパーダ/カジキイエロー役の榊原徹士さん、監督の柴崎貴行さんが登場した。

『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』
▲左から、柴崎監督、山崎さん、岸さん、岐洲さん、大久保さん、榊原さん。

 岐洲さんは「最新技術を使ったプラネタリウムで発表会を行えてうれしい」とコメント。他のメンバーもプラネタリウムや星についての思い出を述べた。

 柴崎監督は、今回の敵として登場するゲース・インダベーについて「戦隊史上、最大級に強く、キュウレンジャーに最大のピンチを与える強敵」と説明。ヒーローも弱さを持っていて、逆境を乗り越えることで子どもたちに強さを伝えたいと思い、物語から設定したとのことだ。

『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』

 劇中では、キュウレンジャーがいろいろな組に編成されて行動するという。岐洲さんの演じるシシレッドは、ガルに乗り回るシーンがあり、その際のアフレコが楽しかったとのこと。

 大久保さんのカメレオングリーンは、サソリオレンジとオウシブラックと行動。プロレスのシーンで300人のエキストラと撮影を行ったのが、印象的だったようだ。岸さんもエキストラとの撮影が思い出深いと述べた。

『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』

 山崎さんは、「マイナスからのスタートが『キュウレンジャー』っぽい」と説明。榊原さんは「サブタイトルの“逆襲”に意味が込められています」と語っていたので、ぜひ作品を見て確かめてほしい。

『劇場版仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』

『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』 『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』

 モニターに本作の告知映像が上映される。映像の後半では、宝生永夢が新しいハード“幻夢VR”をかぶるシーンを見てとれた。するとプラネタリウムの360度モニターに、仮想現実の世界で戦う仮面ライダーエグゼイド クリエイターゲーマーと、仮面ライダー風魔 ニンジャゲーマーが映し出された。

『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』 『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』

 エグゼイド クリエイターゲーマーと風魔 ニンジャゲーマーはそのまま会場に登場し、バトルを繰り広げる。しばらく戦った後ライダーは、決着は劇場でと言わんばかりに、舞台をあとにした。

『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』

 劇中では、バーチャルリアリティ(VR)の世界が描かれる。劇中でコラボしているPS VRは変身するキーアイテムになるとのことだ。また、360度全方向で映し出される映像は、PS VRで体験できる映像コンテンツとして準備しているとのことだ。

 ここで、宝生永夢/仮面ライダーエグゼイド役の飯島寛騎さん、鏡飛彩/仮面ライダーブレイブ役の瀬戸利樹さん、花家大我/仮面ライダースナイプ役の松本享恭さん、檀黎斗/仮面ライダーゲンム役の岩永徹也さん、仮野明日那/ポッピーピポパポ/仮面ライダーポッピー役の松田るかさん、九条貴利矢/仮面ライダーレーザー役の小野塚勇人さん、パラド/仮面ライダーパラドクス役の甲斐翔真さん、監督の中澤祥次郎さんが姿を見せる。

『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』
▲左から中澤監督、小野塚さん、岩永さん、瀬戸さん、飯島さん、松本さん、松田さん、甲斐さん。

 飯島さんは“医療”と“ゲーム”をテーマにした本映画について、医療は関係者に、VRはSIEの協力によってパワーアップしていることを説明。「真のエンディングとは何なのか、劇場で確認してください」とあいさつした。

 飯島さんはこれまでPS VRの存在を知ってはいたが、体験したことはなかったという。体験してみたところ、360度に風景が広がっていることに興奮したようだ。一方で「VRをつけて変身するのは、遠くから見るとおそらくシュールですね」と話し、会場に集まった報道陣を笑わせた。

『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』

 中澤監督によると、撮影中は学校の休み時間のような雰囲気だったという。「TVシリーズを含め、長く収録していることで、チームワークがよくなっています。そのエネルギーを映画にぶつけています」と力説した。

 物語のネタバレに関係するため、多くは語られなかったが、出演者の多くが印象的だったのは、いままでにいる数名のキャラが少し変わる場面とのこと。瀬戸さんは演じた鏡飛彩について「クールでマジメなところをいい意味で崩せたことは、心配だったけど楽しかった」と笑顔で語った。松田さんも「あのシーンは必見です。緩急が『エグゼイド』っぽいです」と続けた。

 小野塚さんの見どころは、全員同時での変身シーン。仮面ライダースナイプを演じる松本さんは、変身シーンのテンポの違いから合わせるのに苦労したと述べていた。

『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』

 「パラドのことは全然言えません。それくらいカギになっています」というのは、甲斐さんのコメント。同時変身について「僕もいたので謎の共闘です。ここまでは言えます」と意味深な発言をしていた。

 最後に飯島さんは「今回の映画では、VRという最新の技術を取り入れています。さらに治療が難しい病気に挑むというドクターらしい物語が描かれます。実際にある病気で、患者さんに勇気を与えたいと思い撮影に挑みました。8月5日に公開されるので、よろしくお願いいたします」とメッセージを贈り、発表会は終了となった。

『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』 『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』
『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』 『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』
『劇場版仮面ライダーエグゼイド』『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE』
▲劇場版に登場する仮面ライダーとキュウレンジャー。ステージ狭しと活躍してくれることだろう。

劇場版「エグゼイド・キュウレンジャー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)2017テレビ朝日・東映AG・東映

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。