DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 『ミラクルニキ』ついにギルドを創設!! 武内駿輔さん演じるメガネ紳士も登場

2017-06-13 19:15

『ミラクルニキ』ついにギルドを創設!! 武内駿輔さん演じるメガネ紳士も登場

文:嵯峨山

 みなさん、こんにちは。章が進むにつれて、だんだんと難易度が上がってきた『ミラクルニキ』に苦戦している嵯峨山(さがさん)です。みなさんのなかにはもう第9章まで終わったよ、という方も多いのではないでしょうか? 私は今、必死に第9章へ進むためのトータルコーデを集めている最中です。

『ミラクルニキ』11
▲どのアイテムもカスタマイズや衣装制作が必要です!! 何度も言いますが、スターコインが! スターコインが必要なのです!!

 さて、第8章の物語を紹介する前にひとつご報告が……。以前、ギルドを作ろうとしたら収集数が足りずに断念したことを覚えているでしょうか。こちらの記事をご覧ください。

 それが最近、なんと収集数がギルドを創設できる700を越えていたんです!! ようやく私もギルドを作成することができます。これで私も一国(?)の主に!!

 一時期、どんなところか知りたくて別のギルドに所属していたことがあるのですが、あまり参加していなかったら脱退させられていた……ということがありました。あのときは本当に申し訳なかったです。ギルドのクエストは全員の協力が不可欠なので、やはりちゃんと貢献しないといけませんよね!

 というわけで、新ギルド“ガルスタ”を開設しました! よろしくお願いします。できれば読者のみなさまのお力を借りたいしだいです。ただ、原稿用に画面を撮影する必要があるので、それに抵抗がない方ならば大歓迎です!! 一緒に少しずつ進めていきましょう。次回はギルドも紹介していきますので、お楽しみに!!

『ミラクルニキ』11
▲満を持して創設いたしました。どうそよろしくお願いします。一体何人入ってくれるのでしょうか……?

第8章~武内駿輔さん演じるイケメンメガネ紳士が登場~

 前回のレポではあえて省いたのですが、じつは第7章ではリンレイの実家である絹工房にトラブルが発生していました。布の香料に膨らし粉が混入され、香りが台無しになされてしまったというのです。そこで第8章では、急いで店に戻ったリンレイをニキたちが追いかけて、月下城へと向かうところからはじまります。 

『ミラクルニキ』11
▲月下城近くまでやってきたニキたちが出会ったのは、通りすがりの少女。かなり生意気な態度でニキたちに勝負を仕掛けてきます。無邪気というか、偉そうというか……人を小ばかにした感じの少女で、ちょっと気に食いませんね!

 ようやくリンレイの絹工房を訪れたニキたち。店の中は荒らされていて、リンレイの姿が見当たりません。なんと月下城の兵によって、リンレイが連れ去られてしまったというのです!!

『ミラクルニキ』11
『ミラクルニキ』11
▲リンレイを助け出す決意をし、月下城に向かおうとするのですが……。

 メイラ!! 覚えているでしょうか? 第1章でリンレイのデザイン図を盗んだ犯人で、コーデバトルをしたアイアンローズのスタイリストです。ちょっと衣装が変わっていますが、相変わらず挑発的なコーデです……!! リンレイの絹工房を荒らしたのは彼女なのでしょうか?

『ミラクルニキ』11

 メイラとのコーデバトルに勝利したものの、彼女はどうやらリンレイを連れ去った犯人ではないようです。街で聞きこみをするニキたちは、月下城の城主があるときを境に人が変わってしまったかのように、貴重なデザイン図や服を集め出したのだそうです。それまではみんなから敬愛される城主だったのだとか。

『ミラクルニキ』11

 月下城へ向かうニキたちは、とあるイケメン紳士・オーランドと出会います。武内駿輔さんが演じていらっしゃいます。軍服姿がカッコイイですねえ!!

『ミラクルニキ』11

 彼はパテール連邦の将校で、城主の異変を聞きつけ偵察に訪れていました。月下城へ向かうニキたちと目的が一致しているということで、ともに行動することになります。ところで、なんでこの人は傘を持っているんだろう……。

『ミラクルニキ』11

 月下城で待っていたのは、なんと章のはじめで出会った生意気な少女!! こんな小さな少女が城主様だったとは……。彼女がリンレイを連れ去り、絹工房を荒らした城主とは到底思えません。何か事情があったのでしょうか?

『ミラクルニキ』11

 城主の目的とは? さらに連れ去られたリンレイは無事なのでしょうか? じつはこの事件には、複雑な事情が重なり合っているのですが、それはぜひプレイをして確かめていただきたいですね!! 今回はとってもシリアスな展開でした。

 いかがだったでしょうか? 個人的にはようやくギルドを創設することができて、とてもうれしいです。たくさん入ってくれるといいなあと思います。次回はギルドのお話をしていきたいので、お楽しみに!! では!

過去の連載記事はこちら

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー