DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 梶裕貴さん、櫻井孝宏さん、中村悠一さん、杉田智和さん登壇! TVアニメ『DIVE!!』放送前イベント

2017-06-26 20:15

梶裕貴さん、櫻井孝宏さん、中村悠一さん、杉田智和さん登壇! TVアニメ『DIVE!!』放送前イベント

文:和海かおり

 7月6日よりフジテレビ“ノイタミナ”にて放送開始予定のTVアニメ『DIVE!!』。本作の放送開始に先駆け、“キャストとDIVE!!~放送前イベント編~“が、6月25日、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて開催されました。キャスト陣から語られた本作の見どころや、意気込みなどを2回目公演の模様とともにお届けします。

TVアニメ『DIVE!!』放送前イベント
TVアニメ『DIVE!!』放送前イベント

 1話、2話の先行上映が終わると、坂井知季役・梶裕貴さん、富士谷要一役・櫻井孝宏さん、沖津飛沫役・中村悠一さん、山田篤彦役・杉田智和さんが登壇されました。すでに1回目を終えているせいか、みなさんリラックスしている様子で、作品にまつわる話や小ネタなどをたくさん話してくださいました。

おすすめのポイントをキャスト陣がご紹介

 最初のコーナーは“キャストとトーク!”と題し、1話・2話のなかで一押しのポイントをそれぞれ語られました。

梶裕貴さん(坂井知季役)

TVアニメ『DIVE!!』放送前イベント

 ただ飛び込みが好きだという知季が、麻木コーチと出会ってどう変わっていくのかを見ていただきたいですね。また、個人的には、知季が飼っているチクワの声をいったい誰がやっているのかというところを早くみなさんにお伝えしたいです。大物です(笑)。それと、要一くんの部屋のポスター等の細かいところにまでこだわって作品が作られているので、そのようなところも注目してみてください。

櫻井孝宏さん(富士谷要一役)

TVアニメ『DIVE!!』放送前イベント

 ともくん(坂井知季)がリア充なのが気になりました(笑)。彼女との不穏な関係が、本当の中学生らしいなと感じました。この人間模様がスポーツに打ち込む彼らの物語にどう彩りを添えていくのかというところが、見どころのひとつかと思います。

中村悠一さん(沖津飛沫役)

TVアニメ『DIVE!!』放送前イベント

 アフレコのときは絵がなかったので分からなかったのですが、僕が演じる飛沫くんのTシャツがダサいというところが気になりました。あれは事前に言ってくれないと。Tシャツを生かす芝居をしないといけないので(笑)。また、曲を林ゆうきさんが作られているのですが、個人的にメロディーラインが好きで、没入間をより高めてくれるものになっていたのが印象的でした。

杉田智和さん(山田篤彦役)

TVアニメ『DIVE!!』放送前イベント

 ピンキー(山田篤彦のあだ名)さんは1、2話には出ていないのですが、個人的に気になったのは、知季の彼女が「ともくん、ともくん」と呼ぶので、自分が呼ばれているようで……(笑)。初めて自分の名前が智和でよかったなと思いました(笑)。

 3話になると、ピンキーくんが出てくるのですが、空気が変わります。こいつは、ほかと違うのだなと。しかし、根底にあるのは心からくる善人度なので、注目して見てみてください。また、リアスなシーンが多いのですが彼が出てくると、おもしろくなるといいますか、みなさんにとってちょっと息を抜ける場面になればうれしいです。そして、富士谷要一に異常なライバル心を燃やすのですが、それにもちゃんと理由があるので、最後まで見届けてほしいなと思います。

 キャストの方々がおっしゃるように、作画の細かいところや、登場人物ひとりひとりの想いをくみ取りながら、アニメを見てみると、また違った視点のおもしろさが出てくるのかもしれませんね!

VRで10mの飛び込み台を体験!?

 次のコーナーは“『DIVE!!』VRレッスンを体験しよう”。櫻井さんは楽屋で初めてVRを体験したそうで、360度広がる世界に驚き、こんなに作品の世界に入り込めるものなのだなと、没入感を知ったと語られていました。

 チームのジャージを着た梶さんが実際にVRを体験することに。梶さんが見ている世界を大画面に映しながら、一緒に体験することができましたよ。

TVアニメ『DIVE!!』放送前イベント

 青空の下、セミの声が聞こえる真夏のある日……。プールサイドからスタートし、飛び込み台の階段を上っていくと、そこには知季の姿が。10mの飛び込み台の上から広がる景色を眺めていると、知季から飛び込みを促される梶さん。会場は、しばらく同じ声をもつ2人の会話を楽しんでいました(笑)。

 そして、ついにプールにDIVE!! リアルな水しぶき、水中の様子など、本当に体験しているような感覚になっていました。すると、そこに不穏な声が……。「ふっふっふ、よく来たな、俺の名前はアトランティス……」と杉田さんがアドリブを入れ込み、会場は笑いの渦に!(本作にはアトランティスという登場人物はいません。)

 実際にみなさんも体験することができるようになる、とのことでしたので詳しくは公式HPをチェックしてみてくださいね。

TVアニメ『DIVE!!』放送前イベント

Qyotoさん、橋本裕太さんによるライブコーナー

 続いては、サプライズパフォーマンスということで、OP曲「太陽もひとりぼっち」を担当されているQyotoさん、ED曲「NEW WORLD」を担当されている橋本裕太さんが、素敵な楽曲を披露してくれました。どちらの曲も、作品にピッタリな疾走感、清爽感が感じられるもので、『DIVE!!』の世界観をさらに広げてくれそうです。

TVアニメ『DIVE!!』放送前イベント

 ライブが終わると、再び出演者の方々が登壇され、本作の放送を楽しみにしているみなさんに向けてコメントが語られました。

出演者からみなさんへメッセージ

橋本裕太さん

 ぜひ“橋本裕太”という名前と、ED曲「NEW WORLD」の2つを覚えていただけたらうれしいなと思います。よろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました。

Qyotoさん

 今日は、僕たちQyotoにとってもいい経験になったと思います。『DIVE!!』とともに、僕たちの楽曲「太陽もひとりぼっち」がみなさんの心に寄り添えるものになればうれしいです。よろしくお願いします。

杉田智和さん(山田篤彦役)

 周囲から理解されにくいピンキーですけれども、厨二っていうのは極めるとある日、本物になるので、その瞬間をアニメを見ながら見届けましょう。よろしくお願いします。

中村悠一さん(沖津飛沫役)

 本当に夏らしいアニメです、冬や春にやってもおもしろいのだと思うのですが、やっぱり夏に見てこそだと思います。見ていただいて、興味をもってもらえたら、飛んでもらえばいいのかなと……(笑)。

 近場に飛び込み台のあるプールはあまりないかと思いますが、飛沫くんのように断崖絶壁から海に飛び込むパターンや、部族が勇気を示すための行為などもありますから(笑)。それぞれの“DIVE!!”を模索してください(笑)。ありがとうございました。

櫻井孝宏さん(富士谷要一役)

 作品のよさがみなさんに伝わっていれば、今回この場にこれだけのメンバーが集まった意義があるかなと思います。なかには飛び込みという競技があること自体を知らない方もいらっしゃるかと思うのですが、スポーツに打ち込む10代の時間ってとても貴重だなと感じています。彼らのドラマをみなさんの目で見て、楽しんでいただければと思います。本日はどうもありがとうございました。

梶裕貴さん(坂井知季役)

 音楽もですが、原作が本当に素敵な作品で最後まで一気に読んでしまいました。スポーツものの青春の甘酸っぱさ、ほろ苦さ、汗臭さみたいなものも感じつつ、等身大の中高生の姿が描かれており、非常に人間らしいドラマが詰まっているなと思います。

 知季だけでなく、ほかのキャラクターにもバックボーンがあって、それを背負いながらがんばっているというのが、アニメを見ると伝わると思いますので、ぜひ1話から最終話までご覧いただけるとうれしいです。本日はどうもありがとうございました。

TVアニメ『DIVE!!』放送前イベント

 すでに、さまざまなキャンペーンやイベントなどが決まっているTVアニメ『DIVE!!』。この夏にピッタリな、少年たちの熱い物語のなかに、あなたも“DIVE!!”してみてはいかがでしょうか? 放送が楽しみですね!

TVアニメ『DIVE!!』

 2017年7月6日よりフジテレビ“ノイタミナ”にて毎週木曜24:55から放送開始
 ほか各局でも放送開始
 Amazonプライム・ビデオにて日本・海外独占配信
 第1話:日本では7月5日24:00~先行配信
 第2話以降:日本では毎話フジテレビ放送直後の木曜27:00~配信予定

<スタッフ>
 原作:森絵都『DIVE!!』(角川文庫)
 監督:鈴木薫
 シリーズ構成:待田堂子
 キャラクター原案:ヤスダスズヒト
 キャラクターデザイン・総作画監督:谷津美弥子
 音楽:林ゆうき、KOHTA YAMAMOTO
 アニメーション制作:ゼロジー

<キャスト>
 坂井知季:梶裕貴
 富士谷要一:櫻井孝宏
 沖津飛沫:中村悠一
 麻木夏陽子:名塚佳織
 大広 陵:逢坂良太
 丸山レイジ:内山昂輝
 吉田幸也:小林裕介
 山田篤彦:杉田智和
 松野清孝:小野賢章
 辻利彦:蒼井翔太
 平山二郎:河西健吾
 坂井弘也:木村良平
 未羽:日高里菜
 富士谷敬介:小西克幸
 大島力:羽多野渉

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー