News

2017年7月1日(土)

『機動戦士ガンダム』水中用ザクが“ROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.”シリーズで立体化

文:電撃オンライン

 バンダイの公式ショッピングサイト“プレミアムバンダイ”内のコレクションフィギュア販売ショップ“魂ウェブ商店”で、『ROBOT魂 “SIDE MS” MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.』の予約を6月30日16:00より受付しています。商品お届け時期は11月。価格は6,480円(税込/送料・手数料別途)。

『ROBOT魂 “SIDE MS” MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.』

 また、“ROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.”シリーズの対象商品を購入するとシリーズアイテムに使用できるリアルマーキングシールを付属するキャンペーンが、2カ月連続で実施されます。

ROBOT魂 “SIDE MS” MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.

 ガンダムシリーズのメカニックデザイン企画であるMSV(モビルスーツバリエーション)より、水中での運用を想定して開発された“水中用ザク”が、従来にない圧倒的な可動範囲を実現し“ROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.”シリーズで立体化されました。

『ROBOT魂 “SIDE MS” MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.』
『ROBOT魂 “SIDE MS” MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.』

 水中用モビルスーツの先駆者として登場したこの機体を、同シリーズの『MS-06 量産型 ザク ver. A.N.I.M.E.』のアニメ的プロポーションをベースにしつつ、デザインが異なる全身の形状を新規造形で忠実に立体化。

『ROBOT魂 “SIDE MS” MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.』

 水中用モデルスーツならではの蛇腹状の関節も、新解釈の可動構造により外観と可動域を両立し、当時のイラストなどで描かれたアクションポーズを再現できます。

『ROBOT魂 “SIDE MS” MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.』
『ROBOT魂 “SIDE MS” MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.』
『ROBOT魂 “SIDE MS” MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.』
『ROBOT魂 “SIDE MS” MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.』
『ROBOT魂 “SIDE MS” MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.』
『ROBOT魂 “SIDE MS” MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.』

商品概要
【商品名】『ROBOT魂 “SIDE MS” MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.』
【価格】6,480円(税込/送料・手数料別途)
【対象年齢】15才以上
【販売ルート】バンダイ公式ショッピングサイト“プレミアムバンダイ”、他未定
【予約期間】6月30日16:00~※終了日は商品販売ページにて後日公開予定。
【商品お届け】11月予定

キャンペーンについて

 キャンペーン第1弾の対象商品として登場する『ROBOT魂 “SIDE MS” MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.』。本商品には、水中用ザクをはじめとする“MSV”シリーズが発表された1980年代当時のイラストで描かれた、機体番号や部隊マークなどを再現できる“リアルマーキングシール”が付属します。

『ROBOT魂 “SIDE MS” MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.』

 リアルマーキングシールは“水中用ザク”用だけでなく、今までシリーズで発売された『ザク・デザートタイプ』、『グフ試作実験機』用が付属し、さらに“汎用マーキング”も付属しているのでカスタマイズを楽しめます。

『ROBOT魂 “SIDE MS” MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.』
『ROBOT魂 “SIDE MS” MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.』

 第2弾も予定されており、7月に情報を公開する予定とのことです。キャンペーン品をすべて揃えることで、“MSV”シリーズの懐かしいあの姿を、“ROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.シリーズ”で再現できるようになります。

※最新の情報・詳細は商品販売ページをご確認ください。
※準備数に達した場合、販売が終了になる場合があります。
※ページにアクセスした時点で販売が終了している場合があります。
※商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。
※掲載している写真は開発中のため、実際の商品とは多少異なる場合があります。
(C)創通・サンライズ

データ

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。