DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 柿原徹也さん、前野智昭さん、増田俊樹さんが劇場版『キンプリ』の大ヒット御礼舞台挨拶に登場!

2017-07-15 21:45

柿原徹也さん、前野智昭さん、増田俊樹さんが劇場版『キンプリ』の大ヒット御礼舞台挨拶に登場!

文:ガルスタオンライン

 6月10日に公開された劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』の大ヒットを記念した舞台挨拶がユナイテッド・シネマ豊洲にて開催。Over The Rainbowを演じる、柿原徹也さん(神浜コウジ役)、前野智昭さん(速水ヒロ役)、増田俊樹さん(仁科カヅキ役)が登壇し今の気持ちを語りました。

『キンプラ』

 応援上映の後ということもあり、キャスト陣が登場すると会場は大盛り上がり! 柿原さんは「テレビシリーズからここまで演じさせていただいて、すごくうれしい。」と語りアフレコ現場でも、スタッフさんたちから「観に行きましたよ!」と言っていただけると『キンプリ』の広がりに驚いているとコメント。

 また前野さん(速水ヒロ役)は「TV番組でも扱っていただけているくらい社会的にも広がっていて、うれしいですね。新しいジャンルをつくり上げた作品だなと思います。」とよろこびを会場のみなさんに伝えました。

本作を見た感想

前野智昭さん(速水ヒロ役)

 ヒロのプリズムジャンプを監督に「感じたままにやっていただければ正解なので」と言っていただいて……(笑)。なので、僕の直感でやらせていただきました。でも、本当に感性にうったえる作品だったので、やり切った感がありました。

増田俊樹さん(仁科カヅキ役)

 アニメシリーズからやっていると、公式試合で男子があの連続回数で飛べるということがすごく稀なので、あのシーンが本当にすごいことだと思いました。

柿原徹也さん(神浜コウジ役)

 ヒロとの男と男の熱き友情、というところですかね。コウジとしては、今まで見たことがなかったようなヒロに対する想いや表情を見ることができたので、コウジにもこういう一面があるんだということが、みなさんにお伝えできたんじゃないかなと思います。

 また柿原さんは今作の見どころとして、三木さんが演じられている法月が、今までに見たことがないくらいパワーアップしていたところをあげ、「ビルの上でお風呂に入っているシーンとか、あんな生活してるんだ!」と会場をわかせます。前野さんは、『プリティーリズム・レインボーライブ』のときにヒロが口ずさんでいた「pride」を、あの精神状態で歌唱することは、当時全然思っていなかったので、まさかこんな縁があるなんて」とヒロの成長によろこぶ一幕も。

本作のそれぞれの楽曲に関して

「pride」再レコーディングについて(前野さん)

 難しかったですね。ヒロが爽やかなので、爽やかに歌ったら、もっとねちっこくって言われまして。当時ももっとねちっこくと言われていたのですが、一周回ってやっぱりこの曲はねちっこく歌ったほうが映えるのかも、という結果に落ち着きました。あの楽曲を歌うことができたのは、コウジとカヅキのおかげなので、もし機会があったら3人で「pride」を歌ってみたいですね。

 「虹色CROWN」など3人で歌わせていただく楽曲って、すごく気持ちがのりやすいものが多くて、歌っていて本当に気持ちいいんです。もちろんレコーディングは1人なのですが、きっと2人はこうやって歌ってくるんだろうなと想像しやすいメンバーなので、一緒に録っているようなクオリティで出せているんじゃないかなと思っています。

「FREEDOM」について(増田さん)

 2年という時を経て、カヅキとしてもスキルアップした形で成長にあわせ、キーを少し低めにして歌わせていただきました。前は男の子が掲げる「FREEDOM」だったのですが、今回は男が男に「俺についてこい!」という背中で語るイメージを意識しました。

 収録しているときは、まさかこの曲をバッグに「プリプリプリズム~!」とカヅキが言うとはまったく想像していなかったので、そういう意味では、新しいカヅキを見ることができたなと思いました。これが『キンプリ』の怖さでもあり、すごさでもあり、きらめきなのかなと感じます。この曲の完成図はここにあったんだろうなって。

アンコールの「虹色CROWN」(柿原さん)

 歌ったのがかなり前で、情報があまりなかった頃に収録したのですが、3人で歌う爽やかな新曲ということで、きっと3人の絆が強くなるんだろうなと予想しながら歌わせていただきました。

みなさんへメッセージ

増田俊樹さん(仁科カヅキ役)

 直感で楽しむ、わからなくてもおもしろいといったそういう作品になっていると思います。カヅキとして、フリーダムでバーニングな楽しみ方を、今後もみなさんに続けていってほしいなと思います。今日は本当にありがとうございました。

前野智昭さん(速水ヒロ役)

 これからも、応援上映を交えて長く上映していただけると思うのですが、応援上映で参加される際には、後半の女性キャラの字幕処理になっているシーンは、『プリティーリズム・レインボーライブ』時代から出演している僕としてはすごく感慨深いシーンで、ある意味キャラクターとしてのゴールだと思っています。

 なので、みなさんが劇場でご唱和される際には、そういった各キャラクターたちの気持ちを汲んで、想いを込めて、あのセリフを代弁してあげてください。これから『キンプリ』がどういう展開になるかわかりませんけれど、末永く応援していただければと思います。ありがとうございました。

柿原徹也さん(神浜コウジ役)

 僕からもひとつ絶対に忘れてほしくないことがあるのですが、この作品はテレビシリーズから始まり、女の子たちによって僕たち3人の男の子たちはここまで成長させてもらいました。やっぱり、あの子たちがいたから、『キンプリ』という劇場版だったり、その新作が出せたりしたんだと思います。

 なので、絶対にあの子たちの存在は忘れてほしくないなと思っていてます。また、何らかの形で、いつかあの子たちと表現できる場所が来ることを願っています。ぜひ、みなさんもそれまで応援よろしくお願いします。今日はありがとうございました。

劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』概要

■スタッフ
監督:菱田正和
脚本:青葉譲
CGディレクター:乙部善弘
キャラクター原案&デザイン:松浦麻衣
プリズムショー演出:京極尚彦
音楽:石塚玲依
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
音響監督:長崎行男
音響制作:HALF H・P STUDIO
原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ
アニメーション制作:タツノコプロ
配給:エイベックス・ピクチャーズ
製作:キングオブプリズムPH製作委員会

■キャスト
神浜コウジ:柿原徹也
速水ヒロ:前野智昭
仁科カヅキ:増田俊樹
一条シン:寺島惇太
太刀花ユキノジョウ:斉藤壮馬
香賀美タイガ:畠中祐
十王院カケル:八代拓
鷹梁ミナト:五十嵐雅
西園寺レオ:永塚拓馬
涼野ユウ:内田雄馬
法月 仁:三木眞一郎
如月ルヰ:蒼井翔太
大和アレクサンダー:武内駿輔
氷室 聖:関俊彦
黒川 冷:森久保祥太郎
山田リョウ:浪川大輔

その他のおすすめ記事

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー