News

2017年7月30日(日)

ロデオに乗ってVR⁉ 音楽ゲームから雪合戦まで“チャイナジョイ2017”で見つけたVRコンテンツを紹介

文:電撃PlayStation

 7月27日から7月30日まで中国・上海で開催されている“チャイナジョイ2017”。本イベントにはVRデバイス“HYPERREAL”が出展されていました。

 ここでは、本ブースでプレイできたコンテンツをいくつか紹介していきます。

『チャイナジョイ2017』

 HYPERREALはヘッドセットと右手、左手用コントローラで構成されるVRデバイス。コントローラの形状がやや特徴的でした。

『チャイナジョイ2017』
▲HYPERREALのコントローラ。
『チャイナジョイ2017』
▲コントローラ上部のほかに、正面側にもボタンがあります。
『チャイナジョイ2017』
▲持ち手の側面にもボタンがあります。

 まず最初に目にとまったのは『TIGER LNIGHT』というコンテンツ。ロデオのような専用の装置にまたがったうえでHYPERREALを装着しプレイします。

『チャイナジョイ2017』
▲ロデオのような専用装置。ロボットのようなものに乗るゲームなのですが、この装置がまさにロデオのように動き、リアルな体験をすることができます。
『チャイナジョイ2017』
▲『TIGER LNIGHT』のゲーム画面。機械獣のような敵を相手に銃で戦います。

 続いてこちらは、雪合戦をするゲーム『Tower VR』。パチンコを使って雪玉を相手にぶつけます。

『チャイナジョイ2017』
▲『Tower VR』のゲーム画面。なぜかそこにいるキツネ(?)がかわいかったです。
『チャイナジョイ2017』
▲パチンコをひくプレイヤー。

 また、音楽ゲームもありました。『Beats Feaver』は音楽に合わせて飛んでくる球状やライン上のポリゴンをビームソードのようなスティックを使って撃ち落とすゲームです。

 イメージはゲームセンターなどにあるいわゆる音楽ゲームのもので、体が勝手に動く感覚が楽しかったです。

『チャイナジョイ2017』
▲『Beats Feaver』のゲーム画面。ポリゴンはリズムに合わせて飛んできます。
『チャイナジョイ2017』
▲プレイヤーをはたから見ると、なんとなく『太鼓の達人』の動作と似ている気がしました。

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.656

    電撃PlayStation Vol.656表紙画像

    2018年2月8日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙&巻頭】SAO フェイタル・バレット
    【付録冊子16P】真・三國無双8
    【総力特集】モンスターハンター:ワールド
    【巻末特集】METAL GEAR SURVIVE
    【電撃特報】ネプテューヌRe;Birth1+
     とある魔術の電脳戦機 / シルバー2425
    【PS EXTRA】ガールズ&パンツァー DTM
    【SUPER PUSH】ワンダと巨像 / P3D・P5D
     カリギュラ Overdose / コードヴェイン
     閃乱カグラ Burst Re:Newal / 聖剣伝説2
     戦場のヴァルキュリア4 / 北斗が如く
     進撃の巨人2 / シティーズ:スカイライン
     スパロボX / パワプロ2018 ほか
    【Online】PSO2 / FFXIV / DQX / FFXI
    【コード付録】SAO フェイタル・バレット
     真・三國無双8 / DDON

    >> 詳細はこちら