News

2017年7月31日(月)

VRなのに歩き回る! ゾンビを撃ちまくるコンテンツ『感染』をレポート

文:電撃PlayStation

 7月27日から7月30日まで中国・上海で開催されている“チャイナジョイ2017”には、多数のVRコンテンツが出展されています。

 ここでは、ANTVRブースに出展されていたフィールドを歩き回ることができるVRコンテンツ『感染』を紹介します。

『チャイナジョイ2017』

 まず、フィールドを歩き回ることができるVRコンテンツとはどういうことなのかを説明します。ほとんどのVRコンテンツは椅子などに座って、その場から移動せずにプレイするかと思いますが、『感染』は下の写真のようなフィールド全体を歩き回って遊ぶことができます。

『チャイナジョイ2017』
▲10メートル四方ほどのスペースでプレイ可能です。
『チャイナジョイ2017』
▲プレイヤーが歩き回る様子が新鮮です。
『チャイナジョイ2017』
▲背中に専用の装置を背負ってプレイ。これで位置を認識させているよです。

 本作の内容は向かってくるゾンビをハンドガンで撃っていくというもの。ゾンビは非常にゆっくりと移動するので、倒すのにはそれほど苦労しませんでした。

『チャイナジョイ2017』
『チャイナジョイ2017』
▲『感染』のPVの画面。プレイ画面を映すモニターは設置されていませんでしたが、内容はこの画面とほぼ同じものでした。

 なお、プレイの際にはスタッフの方が付き添いで補助をしてくれるので、壁などに接触する心配はありませんでした。このタイプのVRコンテンツが進化していくと、また新しいVR体験ができるのではないかと期待が膨らみます。

その他のおすすめ記事

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.644

    電撃PlayStation Vol.644表紙画像

    2017年8月10日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙】新次元ゲイム ネプテューヌVIIR
    【特集】ドラゴンクエストXI
     ドラゴンクエストX オンライン
     ファンタシースターオンライン2
     リディー&スールのアトリエ
    【電撃特報】深夜廻 / 祝姫 -祀-
     限界凸城 キャッスルパンツァーズ
    【SUPER PUSH】英雄伝説 閃の軌跡III
     ARK: Survival Evolved / Destiny 2
     KNACK ふたりの英雄と古代兵団
     ディシディアFFNT / P3D / P5D
     信長の野望・大志 / ヒットマン
     The Lost Child / AW VS SAO
     バイオハザードリベレーションズUE
     ドラゴンボールファイターズ ほか
    【ONLINE】FFXIV / DDON / FFXI
    【コード付録】DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら