News

2017年7月31日(月)

VRもUFOや戦車に乗ってプレイする時代⁉ “チャイナジョイ2017”で見つけた変わったコンテンツを紹介

文:電撃PlayStation

 7月27日から7月30日まで中国・上海で開催された“チャイナジョイ2017”。VRコンテンツは本イベントの目玉の1つとなっており、多彩なタイトルが出展されています。ここでは、乗り物に乗って遊ぶものや、ちょっと変わった動きをするものをピックアップして紹介。

 まず最初にお送りするのは戦車に乗ってプレイするコンテンツ『FINAL FIRE』。 戦車に揺られながらの戦闘は没入感ばっちりです。

『チャイナジョイ2017』
▲戦車に乗ってプレイするユーザー。
『チャイナジョイ2017』
▲『FINAL FIRE』のゲーム画面。

 続いてこちらは、上部からつるされたベルトを腰に巻いてプレイする装置“KAT Walk”。体をベルトにあずけることで傾いたりできたりと、動作の幅が広がります。足に着けたデバイスが歩行を感知するようで、ゲーム内での移動に反映されるようです。一方で体の位置は固定されているので、安全に遊ぶことができます。

『チャイナジョイ2017』
▲“KAT Walk”でプレイするユーザー。
『チャイナジョイ2017』
▲遊んでいたのはシューティングゲーム。

 ほかにも会場には、変わった装置を使ったVRコンテンツがたくさんありました。

『チャイナジョイ2017』
▲UFOに乗ってプレイするVRコンテンツ。
『チャイナジョイ2017』
▲遊園地のジェットコースターのような装置で楽しむVRコンテンツ。けっこう揺れていました。
『チャイナジョイ2017』
▲近未来型バイクの乗って遊ぶVRコンテンツ。

 また、ちょっと変わった動作をするVRコンテンツも出展されていました。

『チャイナジョイ2017』
▲腕を振り続けるユーザー。
『チャイナジョイ2017』
▲ゲーム内ではさまざまな障害物を乗り越え走っていたようです。これくらいならまだ想像がつきますが……。
『チャイナジョイ2017』
▲腕をまっすぐ垂直に振るユーザー。先ほどのユーザーとはちょっと動きが違っていて、最初は何をしているかわかりませんでした。
『チャイナジョイ2017』
▲なんと、壁をよじ登っていました。緑色のブロックがボルダリングの突起のような役割になっており、これを使ってどんどん登っていきます。

 “チャイナジョイ2017”はTGSなどと比べるとVRコンテンツが熱い印象を受けました。今後どのようなVRコンテンツが生み出されていくか、期待が高まります。

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.652

    電撃PlayStation Vol.652表紙画像

    2017年12月14日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙&巻頭特集】地球防衛軍5
    【16P付録[1]】今こそPS4を買う10の理由。
    【16P付録[2]】リディー&スールのアトリエ
    【特集1】とある魔術の電脳戦機
    【特集2】モンスターハンター:ワールド
    【電撃特報】SAO フェイタル・バレット
    【特別企画】クリエイターアンケート2017
    【SUPER PUSH】ゴッド・オブ・ウォー
     真・三國無双8 / METAL GEAR SURVIVE
     ディシディア FF NT / 龍が如く 極2
     バイオハザード7 / コードヴェイン
     ガルパン / 戦場のヴァルキュリア4
     アイマス ステラステージ / リトアカ
     信長の野望・大志 / 進撃の巨人2
     LocoRoco 2 / ロックマン11
     シャイニング・レゾナンス リフレイン
     シティーズ:スカイライン / 桜花裁き 斬
     パワプロ2018 / Winning Post 8 2018
     閃の軌跡III / 仮面ライダー CF / ARK
    【Online Game】PSO2 / DDON
     DQX / FFXIV / Destiny 2 / FFXI
    【コード付録】DDON / MHF-Z
     リディー&スールのアトリエ

    >> 詳細はこちら