News

2017年8月3日(木)

『りくじ』×『リトアモ』コラボ特別企画。2社の開発スタッフが武器のこだわりを解説

文:みょん

 美少女ソーシャルプラットフォーム“にじよめ”などで配信中のブラウザゲーム『りっく☆じあ~す』とミリタリーモデルキット『リトルアーモリー』のコラボイベントを紹介。さらに、特別企画として2作品の開発スタッフに武器に対するこだわりを熱く語っていただきました。

『りっく☆じあ~す』
▲コラボ限定キャラクターが手に入るなど、さまざまなイベントやキャンペーンが実施中です!

■『リトルアーモリー』とは?

 トミーテックが展開する12分の1スケールのプラキットシリーズの総称が『リトルアーモリー』。フィギュアに持たせたり、ジオラマの小物にするなど、さまざまな用途に使えます。

『りっく☆じあ~す』

 また、『リトルアーモリー』シリーズは、“指定防衛高等学校”に通う少女たちが未知の敵“XX=イクシス”と戦いを繰り広げるという独自の世界観が大きな特徴です。モデルキットとして発売された武装ひとつひとつに対して、イメージキャラクターとなる指定防衛高等学校の少女たちが用意されています。

『りっく☆じあ~す』

『りっく☆じあ~す』×『リトルアーモリー』コラボイベントをチェック

 『りっく☆じあ~す』が開催中のコラボイベント“硝煙より現われし少女”では、オリジナルストーリーが展開し、イベントを進めるとコラボ限定キャラの“豊崎恵那”をゲットすることができます。ここでは、オリジナルストーリーや“豊崎恵那”の入手方法を紹介します。

 
『りっく☆じあ~す』
▲武器や駐屯地をモチーフにした娘たち“陸自娘(りくむす)も登場します。

 コラボイベント“硝煙より現われし少女”は、『りっく☆じあ~す』の世界に“ネスト”と呼称される空間が現れたところからストーリーが始まります。このネストから『リトルアーモリー』の敵である“XX”が出現し、地上の軍備と戦術をコピーした特殊生物“マグマ軍”と結託して、司令官(プレイヤー)の前に立ちはだかります。

 さらに、ネストを通って“指定防衛高等学校”の生徒である豊崎恵那、照安鞠亜、朝戸未世、椎名六花の4名も、『りっく☆じあ~す』の世界に迷い込んでしまいます。

『りっく☆じあ~す』
▲豊崎恵那は、国立朝霧高校・普通科1年生で、武器は89式小銃。マジメで思ったことはズバズバ言うタイプ。
『りっく☆じあ~す』
▲照安鞠亜は、都立零葉高校・狙撃科1年生で、武器はM82A2/A1。スウェーデン人と日本人のハーフで、クールな性格だが、天然な一面も。
『りっく☆じあ~す』
▲朝戸未世は、私立古流高校・普通科1年生で、武器はM4A1。明るい性格でクラスのムードメーカー的な存在。
『りっく☆じあ~す』
▲椎名六花は、私立城宗統合学院女子高等学校・統合特殊作戦科2年生で、武器はMP7A1。大人しい性格だが、生まれながらの鋭い観察眼と高い身体能力を持つエリート。

 司令官と陸自娘(りくむす)は、異世界からやって来た4人の少女と協力し、XXとマグマ軍と戦いを繰り広げながら、もとの世界へ戻す手段を探すことに。

『りっく☆じあ~す』
▲マグマ軍やXXと戦っていくうちに、照安鞠亜、朝戸未世、椎名六花の3人と出会う。目的が一致した彼女たちは協力関係を結びます。
『りっく☆じあ~す』
▲豊崎恵那は別の場所へ転移してしまい、行方不明に……。

 今回のコラボイベントに登場する豊崎恵那は、陸自娘(りくむす)として部隊に編成することが可能。豊崎恵那は、2つの方法で入手することができます。

イベントエリアのボスを撃破して豊崎恵那をゲット

 イベント専用エリアに出撃して、各エリアを攻略しながらボス(赤いマス)を目指します。ここに出現するボスは、XXの“メィピィス”で、撃破することができれば豊崎恵那の救助に成功! 初回クリアの報酬として陸自娘の豊崎恵那が手に入ります。まずは、このエリアのクリアを目指してイベント専用マップを進んでみましょう。

『りっく☆じあ~す』
▲最初のエリアの敵平均レベルは3なので、ゲームを始めたばかりの初心者でも、イベントの参加は難しくありません。レベルを上げながらゆっくり進んでみましょう。
『りっく☆じあ~す』
▲イベント限定エリアでは、マグマ軍だけなく、XXも登場します。
『りっく☆じあ~す』
▲恵那を救助するために、メィピィスとの戦いに突入!
『りっく☆じあ~す』
▲メィピィスは装甲が厚めでタフな敵ですが、部隊メンバーの平均レベル20で勝つことができました。

 このエリアをクリアすれば恵那の救助に成功! 初回のみのクリア報酬として陸自娘の豊崎恵那が手に入ります。まずは、このエリアのクリアを目指してイベント専用マップを進んでみましょう。

『りっく☆じあ~す』

イベントPtを貯めて豊崎恵那をゲット

 専用エリアでの戦闘に勝利すると、イベントPtを獲得できます。このイベントPtは、“アイテム交換”でさまざまなアイテムや陸自娘と交換可能。この中に豊崎恵那がラインナップされていて、5000Ptと交換で手に入れることができます。

『りっく☆じあ~す』
『りっく☆じあ~す』

 交換可能なアイテムの中にある“恵那専用指環”は、豊崎恵那と結婚するために必要なアイテムとなります。必要ポイントがずば抜けて多いのでハードルは高いですが、ここしかチャンスはありませんので、ぜひゲットしましょう!

 ちなみに、今回のコラボストーリーで活躍した朝戸未世のアクションフィギュアシリーズ“figma”が発売中です。さらに、椎名六花、豊崎恵那、照安鞠亜の“figma”化が決定! 彼女たちのイメージを忠実かつ精密に立体化し、多彩な可動でさまざまなポージングが可能な“figma”化に注目です!

陸自娘(りくむす)がコラボ限定衣装で登場!

 『りっく☆じあ~す』の市ヶ谷愛、90式戦車、マガフ6Bガル・バタシュの3名が、『リトルアーモリー』キャラの制服に身を包み、登場しています。

『りっく☆じあ~す』
▲90式戦車(私立古流高校Ver)。
『りっく☆じあ~す』
▲マガフ6B(都立零葉高校Ver)。
『りっく☆じあ~す』
▲市ヶ谷愛(県立西要第一Ver)。

 90式戦車とマガフ6Bは、SP製造材を使った限定製造から入手可能です。さらに、限定製造を実行すると“限定製造Pt”が貯まり、このPtを使用することでもゲットできます。

『りっく☆じあ~す』
『りっく☆じあ~す』
▲SP製造材は、イベント専用指令の報酬でも入手できます。

 市ヶ谷愛は、ショップでの販売となっています。市ヶ谷愛(県立西要第一Ver)や装備、改造素材、資材がお得な1パックになっており、3000にじコインで購入可能。

『りっく☆じあ~す』

 彼女たちは装いが違うだけなく、イベント限定エリアの戦闘に参加させると、獲得できるイベントPtが増加する効果も! また、豊崎恵那もPtアップの対象となっています。彼女たちで部隊を編成すれば、イベントptを効率よく貯めることができます。

【イベントPt(MAPクリアポイント)上昇量一覧】
・90式戦車(私立古流高校Ver):10%アップ
・マガフ6B(都立零葉高校Ver):5%アップ
・豊崎恵那:5%アップ
・市ヶ谷愛(県立西要第一Ver):3%アップ

コラボ特別企画! 2作品共通武器を徹底解説

 『りっく☆じあ~す』と『リトルアーモリー』のコラボを記念して、特別にズーさんとトミーテックさんに両作品の共通武器について解説。プラモキットやイラスト、ゲーム内の武器として登場させるにあたって、それぞれのこだわりを熱く語っていただきました。美少女ファンも、ミリタリーファンも、プラモファンも必見の特別企画です!

89式5.56mm小銃タイプ

●『リトルアーモリー』の89式5.56mm小銃タイプ

『りっく☆じあ~す』
『りっく☆じあ~す』

 89式小銃は『リトルアーモリー』の中でも人気機種の一つです。スライド金型技術を駆使しながらパーツ点数を抑えることで、組み立て易さとリアルさを両立しています。防衛省に閉所戦闘訓練用教材(電動ガン)を納めている東京マルイさんも商品化に協力してくれていますので、再現度はバッチリです。今回のコラボの主役である豊崎恵那がパッケージを飾っています!!

●『りっくじ☆あ~す』の89式5.56mm小銃タイプ

『りっく☆じあ~す』
▲福岡駐屯地 福岡千沙。
『りっく☆じあ~す』
▲木更津駐屯地 木更津茜。

 本作のメインキャラ、木更津茜も装備する汎用的な小銃です。陸自の主力小銃なので、最も多くの駐屯地娘が標準装備している小銃となります。性能的には強いとは言えませんが、入手しやすくコストも低いので、扱いやすいのがウリです。

 また、装甲ユニットに対して、ダメージを与えない攻撃ができるので、鹵獲(敵を捕まえて仲間にする)の際、とても重宝します。『リトルアーモリー』の豊崎恵那さんがパッケージになっている銃でもありますので、今回のコラボイベントでは、彼女に因んだ特別なバージョンも登場予定です!

M24SWSタイプ

●『リトルアーモリー』のM24SWSタイプ

『りっく☆じあ~す』
『りっく☆じあ~す』

 自衛隊も採用する狙撃銃ですが、シンプルな見た目とは裏腹にボルトが可動したり、ストックが調整ができたりと、凝った作りが特徴です。観測手用の単眼鏡も付属しますので、二人一組のスナイパーチームをお手持ちのフィギュアで再現できます。メインイラストレーター、ふゆの春秋先生の細かい拘りが感じられるパッケージイラストにも注目です。

●『りっくじ☆あ~す』のM24SWSタイプト

『りっく☆じあ~す』
▲松本駐屯地 松本亜衣璃。

 命中率が高く低コスト、射程の長さが長所です。射程が2あるため、射程が1の敵に反撃されることなく攻撃ができるため、マグマ軍歩兵が多く出現する序盤MAPでは、かなり有効な武器です。

M82A1タイプ

●『リトルアーモリー』のM82A1タイプ

『りっく☆じあ~す』
『りっく☆じあ~す』

 いわずと知れた対物ライフル。1/12スケールに縮小されてもその巨体は変わらず。美少女でも、巨漢でも、ロボでも、どんなキャラに持たせても画になる銃器ですよ。パッケージを飾るのは狙撃科1年生の照安鞠亜。今回のコラボ限定ストーリーにも出てきます!

●『りっくじ☆あ~す』のM82A1タイプ

『りっく☆じあ~す』
傭兵 ヨーコ(専属)。

 射程の長い対物狙撃銃。命中率と射程は折り紙付きです。対装甲火器の中では対歩兵火力が高いので、対歩兵火力の高い小銃と併せて装備することで、対歩兵戦でも優位に立てます。

 本来は遠距離の敵を狙撃したり、近距離で軽装甲の車両を狙う銃なのですが、本作ではMBTをも破壊できるポテンシャルを持たせています(MBTの隙間を狙っているという設定)。現実ではまず無理ですが、ゲームならではの夢のある設定という事で……!

陸上自衛隊 偵察オートバイ カワサキ KLX250

●『リトルアーモリー』のカワサキ KLX250

『りっく☆じあ~す』
『りっく☆じあ~す』

 このオートは取材を重ねて設計し、1年以上掛けて開発しました。彩色済み完成品で価格もお高めですが、プロポーションとディテールはハイレベルなものになっています。

 訓練展示でお馴染みの立ち乗り射撃や、バイクを寝かせての射撃シーンをフィギュアでお楽しみください。実車の写真は、豊崎恵那役の東城咲耶子さん(声優)が、オート乗りの隊員に指導してもらいながらデモンストレーションした貴重な写真です!

●『りっくじ☆あ~す』のカワサキ KLX250

『りっく☆じあ~す』
▲傭兵 本郷ももこ。

 自衛隊の偵察オートバイとしてメジャーなカワサキのKLX250がモデル。ホンダCRM250という案もあったものの、カワサキ好きスタッフの意向(強い押し!?)でこちらに。陸を移動する車両としては、トップクラスの渡渉と回避値を持ちます。

 さらに、バイクなので対ヘリの職種効果の影響を受けない、というのも利点です。ちなみに、渡渉の高い装備としてはヘリが人気ですが、戦競時に相手ユニットの職種効果によって、渡渉を下げられることが多々あります。今は“本郷ももこ”専用の偵察オートバイしかありませんが、他の駐屯地娘でも装備できる偵察オートバイも登場させる……予定です。

M2重機関銃(対空銃架)

●『リトルアーモリー』のM2重機関銃

『りっく☆じあ~す』
『りっく☆じあ~す』

 自衛隊員さんもキャリバーの愛称で親しまれているM2機関銃の対空仕様です。朝戸未世のfigmaと比べるとその巨大さが分かると思います!! パッケージアートは、『りっくじ☆あ~す』でお馴染みのdaito先生が描いております。実は『リトルアーモリー』も手掛けているんです。

●『りっくじ☆あ~す』からオススメポイント

『りっく☆じあ~す』
▲岐阜分屯地 岐阜歩見。

 主に武器娘の対空用装備として装備されているスタンダードな重機関銃です。武器娘には装備すると火力ベースアップの補助兵装として、さらに一部の筋肉系駐屯地娘は、なんと手持ちで高火力の小銃として使っています! 対空だけでなく、対人、軽装甲車両にも有効な使い勝手のよい装備なので、とりあえず補助兵装に装備しておくと、急なヘリとの戦闘などにも安心です!

『リトルアーモリー』初のコミックアンソロジーが登場

 『リトルアーモリー』のパッケージに描かれた少女たちの日常と非日常を描いた“電撃コミックアンソロジー”が発売中です。本体価格920円+税。

『りっく☆じあ~す』

 カバーイラストと口絵イラストを、公式イラストレーターであるふゆの春秋先生とdaito先生が描き下ろし! さらにコミックでは、“少女&銃器”を愛する豪華作家陣が指定防衛校の生徒たちの日常と戦闘を、火薬量特盛りで描いています。こちらでお試し読みもできるので、ぜひご覧ください。

(C)2016 ZOO CORPORATION (C)Takashi Fujisawa
(C)2013TOMYTEC illustration by ふゆの春秋

データ

▼『りっく☆じあ~す』
■メーカー:ズー
■対応機種:PC
■ジャンル:SLG
■配信日:2016年2月24日
■プレイ料金:基本無料(アイテム課金制)
その他のおすすめ記事

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。