総合 > 電撃App > 記事一覧 > タイトークラシックス版『たけしの挑戦状』は16:9画面に対応。新エリア追加も
2017-08-01 07:00

タイトークラシックス版『たけしの挑戦状』は16:9画面に対応。新エリア追加も

文:電撃App

 タイトーは、スマートフォン・タブレット向けにレトロゲームを移植したアプリゲームのブランド“TAITO CLASSICS(タイトークラシックス)”の第5弾タイトル『たけしの挑戦状』の最新情報を公開しました。

“TAITO CLASSICS(タイトークラシックス)”

 『たけしの挑戦状』とは、1986年にファミコンソフトとして発売し、ビートたけしさんが監修を手がけた、アクションアドベンチャーゲームです。サラリーマンの主人公が宝探しの冒険をするストーリーに、斬新な仕掛けが多数盛り込まれており、発売当時は攻略本がないとクリア不可能とまで言われた“伝説のクソゲー“です。

 本記事では、『タイトークラシックス』の第5弾タイトル『たけしの挑戦状』の新エリアやギミックなどを紹介します。

ワイド画面対応

 スマートフォンの画面比率にあわせて、16:9画面に対応。フィールド画面や有名なゲームオーバーのシーンなどワイド画面のフルサイズで楽しめます。

“TAITO CLASSICS(タイトークラシックス)”
“TAITO CLASSICS(タイトークラシックス)”

新エリア追加

 本作では、物語前半の舞台となる“クレイジーシティ”から宝探しの舞台となる、“南の島”以外にも、新成田国際空港から新たな場所へ旅立つことが可能になります。

“TAITO CLASSICS(タイトークラシックス)”

※新エリアは、ゲーム本編の進行には関係のない寄り道要素となります。

ファミコンソフト時代にユーザーを悩ませた数々の仕掛けやギミックを再現

たからのちず

 発売当時、攻略本なしでは謎解き不可能と言われていた宝の地図は本作でも健在。アプローチによっては、バッテリーの残量に注意が必要になることも!?

“TAITO CLASSICS(タイトークラシックス)”

社長室

 ゲーム開始すぐに訪れる場所。社長にパンチをすると……。などの有名な仕様も再現されています。

“TAITO CLASSICS(タイトークラシックス)”

関連サイト

アプリ人気ランキング

集計期間:12/1~12/31

  1. 1 『Fate/Grand Order(フェイト/グランドオーダー)』

    『Fate/Grand Order(フェイト/グランドオーダー)』

    TYPE-MOON / FGO PROJECT

  2. 2 『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』

    『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』

    バンダイナムコエンターテインメント

  3. 3 『チェインクロニクル3』

    『チェインクロニクル3』

    セガゲームス

アプリ人気ランキングに投票

アプリ人気ランキングをもっと見る

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『モンスト』×電撃コラボでアスナ&キリト、シャナ、高坂桐乃&黒猫などが参戦

  2. 2

    『FGO』ハロウィン絵柄のカードをもらえるキャンペーンが全国アニメイトで実施

  3. 3

    『FGO』位置情報機能を有効にする方法が公開。iOSのエリアチェック機能が有効になるのは14日0時以降

  4. 4

    『ゴッドイーター3』ではフェンリル本部が崩壊!? 『コードヴェイン』新キャラも発表されたステージをレポ!

  5. 5

    『モンスト』激・獣神祭の新限定“ミロク”のステ公開。進化は新SS、神化は新友情持ち

  6. 6

    【10月第2週のまとめ記事】『ゴッドイーター3』発売決定や『モンスト』電撃コラボ新情報など

  7. 7

    『SAO インテグラル・ファクター』CBTに先駆けてプレイ。感想や注意点をお届け

  8. 8

    『FGO』亜種特異点IIIに登場するサーヴァント“アサシン・パライソ”のイラストなどが公開

  9. 9

    『グラブル』新作アニメが制作決定。BD&DVD7巻ジャケデザと特典のイラストが公開

  10. 10

    『FGO』亜種特異点IIIが本日配信開始。アーチャー・インフェルノなどが登場

[集計期間:10月10日~10月16日]

ページ
トップへ