DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 『サンダーボルトファンタジー 生死一劍』“殺無生”イラストビジュアルほか最新情報公開

2017-08-02 17:15

『サンダーボルトファンタジー 生死一劍』“殺無生”イラストビジュアルほか最新情報公開

文:ガルスタオンライン

 2016年の第1期TV放送を好評のうちに終え、現在W映像化企画が進行中の“Thunderbolt Fantasy Project”の最新情報が、7月30日に開催された“ワンダーフェスティバル2017[夏]”にて解禁されました。

『サンダーボルトファンタジー』最新情報

『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』ティザーPV&“殺無生”イラストビジュアル公開

 『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』のティザーPVが会場にて公開されました。現在、『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』公式サイトでも公開されています。

 また、“殺無生”のイラストビジュアルも公開。イラストは『東離劍遊紀』に引き続き、ニトロプラスのNiθ氏が手がけています。

殺無生(声優:檜山修之)

『サンダーボルトファンタジー』最新情報

 冷酷非情で悪名高い殺し屋。天下無双の剣の達人。『東離劍遊紀』では、過去の因縁により凜雪鴉の命を狙っており、執拗に彼を追いかけている。『生死一劍』ではその“過去の因縁”が描かれる。

■本名:殺無生(セツムショウ)
■通り名:鳴鳳決殺(メイホウケッサツ)

鐵笛仙役は千葉一伸さんに決定

 鐵笛仙(てっきせん)は、『東離劍遊紀 外伝』『殺無生編 生死一劍』に登場する新キャラクター。頭蓋骨を割られ捨てられた赤子の殺無生を育てた恩人であり、師匠でもある。殺無生の眼帯状に巻かれた飾りは鐵笛仙が与えたもの。劍技會で再会を果たす。

『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』とは

 2016年の第1期TV放送を終え、続編制作が発表されている『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』。その続編とは異なる、新たな映像作品が『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』です。

 映像の内容は、小説『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 外伝』に収録されている“殺無生編”の前日譚に加え、虚淵玄氏が新たに書きおろした殤不患の新作エピソードで、続編へと続く1期の後日譚。2期への期待も高まる内容となっています。

第1期TV放送『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(サンダーボルトファンタジー トウリケンユウキ)概要

あらすじ

 かつて魔界の軍勢と人間界が争った戦において、人間たちによって鍛造され、無双の力を発揮した数々の武器である「神誨魔械」。

 戦の後、数多の神誨魔械は護印師らによって長く守られてきたが、その中でも護印師の「丹衡」「丹翡」兄妹によって守られてきた最強の武器「天刑劍」が、今まさに「蔑天骸」率いる悪の手に落ちようとしていた。

 蔑天骸の追求から逃れる途中、丹翡は偶然にも「凜雪鴉」「殤不患」の両名と出会い、その助力を得ることに。奇縁により導かれた3人は、新たに加わる個性豊かな仲間たちと共に各々の思いを抱き、蔑天骸の居る七罪塔を目指すこととなるのであった。

Cast

■キャラクターボイス
 凛雪鴉(リンセツア):鳥海浩輔
 殤不患(ショウフカン):諏訪部順一
 丹翡(タンヒ):中原麻衣
 狩雲霄(シュウンショウ):小山力也
 捲殘雲(ケンサンウン):鈴村健一
 刑亥(ケイガイ):大原さやか
 殺無生(セツムショウ):檜山修之
 丹衡(タンコウ):平川大輔
 廉耆(レンキ):山路和弘
 蔑天骸(ベツテンガイ):関智一
 殘凶(ザンキョウ):安元洋貴
 獵魅(リョウミ):戸松遥
 凋命(チョウメイ):大川透

■ナレーション:田中敦子

※敬称略

Staff

 原作:Thunderbolt Fantasy Project
 原案・脚本・総監修:虚淵玄(ニトロプラス)
 操演・撮影:霹靂國際多媒體股フン有限公司
 キャラクターデザイン:ニトロプラス(三杜シノヴ/源覚/Niθ/中央東口)
 武器デザイン:霹靂國際多媒體股フン有限公司、石渡マコト(ニトロプラス)
 造形アドバイザー:グッドスマイルカンパニー
 音楽:澤野弘之
 音響監督:岩浪美和
 制作:Thunderbolt Fantasy Project

主題歌

「RAIMEI」T.M.Revolution

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー