News

2017年8月22日(火)

2020年を盛り上げるための動画コンテストが開催。オリラジの藤森慎吾さんらが審査員として参加

文:電撃オンライン

 KADOKAWAは、8月29日(火)より“フレフレ2020”動画コンテストを開催します。作品の応募受付期間は、同日12:00~10月20日(金)12:00です。

“フレフレ2020”動画コンテスト
▲イラストレーター・majoccoさんによるキービジュアル。

 本プロジェクトは、内閣官房オリンピック・パラリンピック推進本部事務局の委託により実施されるもので、参加者が今、頑張っている活動や広めたい活動を“動画”で国内外に発信し、2020年に向けての機運を盛り上げるものです。

 コンテストには趣味、部活、サークル活動に励む人や地元の祭り、伝統の技を継承したい人、創作したアート・映像作品を広めたい人など、自由なテーマで誰でも参加できます。

 審査員はオリエンタルラジオの藤森慎吾さん、GIMICOさん、井上伸一郎の3名で、受賞者は12月15日(金)に都内の映画館で開催する“受賞作品上映会”で表彰されます。

 また、当日の模様はニコニコ生放送などでも発信されます。

“フレフレ2020”動画コンテスト応募概要

 詳しい応募要項は、“フレフレ2020”特設サイトをご確認ください。

応募方法

 YouTube、niconicoのアカウントを持っている人は、自身のアカウントにアップロードした動画を応募できます。なお、どちらのアカウントも持っていない人は、応募フォームに直接動画をアップロードすることで応募できます。

 動画はスマートフォンでの撮影でも問題ありませんが、10秒~10分以内で作成する必要があります。国籍、年齢、性別、プロ/アマチュア不問で、未成年の応募には親権者の同意が必要です。

部門および賞について

 2つの部門から賞が選定され、受賞作品上映会で表彰されます。また、特別部門として“ひと言メッセージ部門”が設けられます。

パフォーマンス部門(金賞1作品、銀賞1作品、銅賞1作品、優秀賞数作品)

 音楽、ダンス、部活動、サークル活動、地域の活動、趣味など、2020年に向けて夢中になっていることを動画で発表する部門です。

映像クリエイティブ部門(金賞1作品、銀賞1作品、銅賞1作品、優秀賞数作品)

 笑えるアニメーション、泣けるドキュメンタリー、あっと驚くパラパラ漫画など、2020年に向けて伝えたいメッセージを10分以内の動画に詰め込む部門です。

特別部門:ひと言メッセージ部門

 特別部門として“ひと言メッセージ部門”が設けられ、受賞作品上映会でダイジェスト版が一挙公開されます。また、“ニコニコ町会議 全国ツアー2017 in新潟市”などのイベント会場では、撮影が実施される予定です。

※特設サイトの掲載内容や公開日は変更になる場合があります。

“beyond2020 プログラム”認証プロジェクト

 本プロジェクトは、“beyond2020 プログラム”に認証されています。“日本の強みである地域性豊かで多様性に富んだ文化を生かし、成熟社会にふさわしい次世代に誇れるレガシーを作り出す文化プログラム”として、全国のさまざまな団体が参画・推進し、日本の盛り上がりを図っていくことが目的です。

■“フレフレ2020”動画コンテスト 応募要項
【スケジュール】
・応募受付期間:8月29日(火)12:00~10月20日(金)12:00
・結果発表:12月中旬ごろ(特設サイトで発表)
・表彰:12月15日(金)(都内の映画館で受賞作品上映会を開催。ニコニコ生放送なども予定)
【部門および賞について】
・パフォーマンス部門:金賞1作品、銀賞1作品、銅賞1作品、優秀賞数作品
・映像クリエイティブ部門:金賞1作品、銀賞1作品、銅賞1作品、優秀賞数作品
・ひと言メッセージ部門(特別部門)
【審査員(敬称略)】
・オリエンタルラジオ・藤森慎吾(お笑い芸人)
・GIMICO(ぎみこ/義足モデル)
・井上伸一郎(株式会社KADOKAWA 代表取締役専務執行役員)

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。