DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 『フルハウスキス』家政婦になって禁断のヤサガシライフ!【乙女ゲーム白書オンライン第8回】

2017-08-29 20:15

『フルハウスキス』家政婦になって禁断のヤサガシライフ!【乙女ゲーム白書オンライン第8回】

文:レトロ花子電撃オンライン

 乙女ゲームの歴史のなかで、さん然と輝き続ける名作たち。発売から10年、20年が経った現在遊んでも、ステキなときめきを届けてくれる作品は少なくありません。“乙女ゲーム白書オンライン”は、そんな懐かしの女性向けゲームにスポットライトを当てていく連載企画です! 末広がりの第8回目は、人気ゲームを次々と世に送り出すカプコンが生んだ異色の乙女ゲーム『フルハウスキス』を紹介していきます。

『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】

第8回目のオススメ作品『フルハウスキス』

 本作は、2004年にPS2用ソフトとして発売された作品。カプコンは『私立ジャスティス学園 熱血青春日記2』など、恋愛シミュレーション要素がある作品もありますが、どちらかと言えば硬派な作品が多いというイメージを持っている人も多いと思います(『ジャスティス学園』も機会があれば、ぜひここで取り上げたいタイトルです)。

『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】

 そんなカプコン初の乙女ゲームが、この『フルハウスキス』! 恋愛家政婦アドベンチャーというジャンルからして、普通の作品とはひと味違う空気をひしひしと感じます。内容は後ほど紹介しますが、その期待を裏切らないストーリーやシステムになっていますよ。

 キャラクターデザイン&原案は、漫画家の佑羽栞氏が担当。白泉社「花とゆめ」にて、佑羽栞氏ご本人によるコミカライズも連載されました。また、作中にもマンガのカットが多数登場。その独自の演出も本作ならではの魅力です。

『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】

■天涯孤独の主人公! 昼は女教師、夜は家政婦に!?

 主人公の女子高生・鈴原むぎ(名前変更可)の姉・苗が、ある日書き置きを残して行方不明になってしまいます。さらに、両親も事故で他界。彼女は事故の関係者を名乗る人物に両親の残した保険金も奪われ、無一文に……。

 全てを失った彼女は唯一の肉親である姉を探すために、苗と消えたとされる男性が通っていた祥慶学園に潜入を試みます。そこで偶然出会った大企業の御曹司・御堂一哉のはからいで、女子高生でありながら美術の臨時教師として紹介してもらえることになった主人公。その代わりに、御堂たち4人の男子高生たちが共同生活を送る家で家政婦をするように命じられて……。

『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】

 ゲーム開始直後から、人生ハードモードな主人公。でも明るく前向きな性格なので、悲壮感はあまり感じられません。

 男性たちと交流するアドベンチャーパートのほかに、家政婦パートがあるのが本作のポイント。この家政婦パートでは、豆知識をフル活用して掃除や洗濯をこなしていきます。家事の知識が自然と身につくので、遊べば女子力アップ間違いなしです。

『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】
『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】

 また本作では、ゲームの途中で男性たちと恋人になることができます。恋人になったあとの甘い時間やすれ違い、そんな恋愛の甘酸っぱさを思う存分体験できちゃいます。さらに、恋人以外の男性からアプローチされることも!! 一途に恋人への想いを貫くか、告白してくれた相手の想いに応えるのか……。そんな選択が待っています。三角関係や恋人になったあとの物語を楽しみたいという人にピッタリです。

『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】

恋人候補は学園の王子様

 主人公が家政婦としてお世話するメンバーは、学園で“ラ・プリンス”と呼ばれ女の子に絶大な人気を誇る4人。彼らは一緒に生活していますが、仲はあまりよくありません。主人公の存在によって生じる彼らの関係性の変化もおもしろいです。

▼御堂一哉(声優:荻原秀樹)

『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】

 祥慶学園の3年生。ワールドワイドに活動する御堂グループの御曹司で、自身も傘下の企業を任されている社長さんです。教員採用に口出し出来るほど、大きな権力を持っています。何でもそつなくこなすことができますが、なぜか家事だけは苦手。

▼松川依織(声優:佐々木 望)

『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】

 祥慶学園3年生。歌舞伎の名門の生まれで、自身も女形として活躍していました。しかしある事情で梨園を去り、2年ほど渡米していたとか。大人の余裕と色気があり、女性にも優しいジェントルマンです。

▼羽倉麻生(声優:櫻井孝宏)

『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】

  祥慶学園2年生。実家は大手銀行を経営しているが、自身は後を継ぐつもりはない様子。女性が嫌いなため主人公に対して素っ気ない態度ばかり取りますが、根はいい子なので仲よくなるとすごく優しくなります。

▼一宮瀬伊(声優:成瀬 誠)

『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】

 祥慶学園2年生。つかみどころがなく、何を考えているのかわからない青年。美しく繊細な容姿から、“祥慶学園の妖精”と呼ばれています。音楽一家の生まれで、自身もヴァイオリンやピアノの腕はかなりのもの。しかし、人前で弾くことはあまりありません。

 完全無欠の王子様に見える彼らですが、実家のことや将来のことなどいろいろな悩みを抱えているようです。家事パートで彼らの部屋を調べる“ヤサガシ”をすると、彼らのトラウマにまつわるアイテムが見つかることも……。そのトラウマアイテムを相手に見せることで、より深く彼らとの関係を築くことができます。ただし、“ヤサガシ”は見つかるリスクもあるのでご注意を!!

『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】
『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】

 またサブキャラクターたちも、個性派ぞろいで声優陣も豪華! 彼らの存在からも、目が離せません。

▼英 二郎(声優:子安武人)

『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】

 祥慶学園のフランス語教師。何時もハイテンションで、不思議な言動をします。ときに、別人のような顔を見せることも……?

▼山本春太(声優:岸尾だいすけ)

『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】

 祥慶学園の体育教師。学園には珍しい熱血タイプ。教員仲間の主人公に、好意を寄せています。

独自のシステムはまだまだほかにも

 選択肢を入力するときに、感情を選択することが出来ます。同じ言葉でも、感情によって雰囲気が全然違うのがおもしろいところです。吹き出しの形も変わりますよ。選択肢+感情によって、男性たちの好感度が変化します。思いっきり喜んだり、時には怒ったり、シーンに合わせた感情を選択していきましょう。

『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】
『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】

 また家政婦パートで働いていると、男性たちからミニゲームのお誘いが来ることも。これをクリアすると、より相手と親密になれます。内容はメイクやカレー作りなど、お相手によって変化します。個人的に印象的なのが、御堂さんのミニゲーム。内容はアロママッサージなんですが、その潔い脱ぎっぷりに最初戸惑いました。今でもプレイしていると、「家政婦とは……」と一瞬考えてしまいます。

『フルハウスキス』【乙女ゲーム白書オンライン第8回】

PlayStationStoreで好評配信中!

 『フルハウスキス』は、PlayStationStoreのアーカイブスとして配信されています。ボリュームも多く、凝ったシステムで遊びがいはバツグン! プレイできる機種はPS3のみなのですが、お持ちの方はぜひ遊んでみてください。

『フルハウスキス』アーカイブスはこちら

 次回の作品は、祖父の命令でエリート男子高校生に通うことになった女の子の物語『ひめひび-Princess Days-』をお届けしたいと思います。

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー