News

2017年9月9日(土)

電撃文庫9月の新刊は、《アリシゼーション編》堂々完結の『SAO』や『狼と羊皮紙』第3弾などが登場!

文:電撃オンライン

 電撃文庫9月の新刊は、《アリシゼーション編》最後を飾るエピソードが紡がれる『ソードアート・オンライン』をはじめ、ホロとロレンスの娘・ミューリが活躍する『狼と羊皮紙』最新刊、新作『嫌われエースの数奇な恋路』などの全11作がラインナップ!

『電撃文庫9月の新刊』

 以下にラインナップ一覧を掲載するので、ぜひ手にとってみてほしい。

【新刊ラインナップ一覧】

『ソードアート・オンライン20 ムーン・クレイドル』
著/川原 礫 イラスト/abec

『ソードアート・オンライン20 ムーン・クレイドル』

 平和になった《アンダーワールド》で、決して起こるはずが無かった殺人事件。その真相を探るキリトとアスナだが、真犯人の毒牙がロニエとティーゼに迫り……!
>>立ち読みはこちら!

『新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙III』
著/支倉凍砂 イラスト/文倉 十

『新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙III』

 海賊の住む島からの船旅の途中、コルとミューリは、荒天のためウィンフィール王国の港町デザレフにたどり着く。そこで二人は商人の娘から助けを求められ――?
>>立ち読みはこちら!

『ヘヴィーオブジェクト 最も賢明な思考放棄』
著/鎌池和馬 イラスト/凪良

『ヘヴィーオブジェクト 最も賢明な思考放棄』

 砂浜に座礁した敵国の巡洋戦艦。国際条約があれこれで救助活動を強いられる馬鹿達の前に現れたのは、天才少女計画マティーニシリーズの一人、一二歳のレイスたんで……?
>>立ち読みはこちら!

『エルフ嫁と始める異世界領主生活5 -おきのどくですが りりがるどは きえてしまいました-』
著/鷲宮だいじん イラスト/Nardack

『エルフ嫁と始める異世界領主生活5 -おきのどくですが りりがるどは きえてしまいました-』

 異世界から伝説の勇者現る! 聞けば俺の嫁・アクセリアたちを迫害していた悪の帝国はヤツによって滅ぼされたらしい。それは異世界帰還の障害が無くなったことを意味していて――。
>>立ち読みはこちら!

『だれがエルフのお嫁さま?(2)』
著/上月 司 イラスト/ゆらん

『だれがエルフのお嫁さま?(2)』

 男エルフの僕を「おとこ」にするため、彼女たちとの共同生活は続く。とってもまじめな目的のためなんだけど、やっぱりエッチなことがおこったりして……。
>>立ち読みはこちら!

『おことばですが、魔法医さま。(2) ~異世界の魔法は強力すぎて、現代医療に取り入れざるを得ませんでした~』
著/時田 唯 イラスト/オガデンモン

『おことばですが、魔法医さま。(2) ~異世界の魔法は強力すぎて、現代医療に取り入れざるを得ませんでした~』

 魔法医療だけが発達した異世界に、現代医療を持ち込んじゃった医学生の伊坂練次郎。魔法医コーディと共に向かう次なる目的地は、魔物の襲撃を受ける異国の地!?
>>立ち読みはこちら!

『わたしの魔術コンサルタント(2) 虹のはじまり』
著/羽場楽人 イラスト/笹森トモエ

『わたしの魔術コンサルタント(2) 虹のはじまり』

 永聖魔術学院に入学を果たした朝倉ヒナコと、それを見守る黒瀬秀春。だが入学早々、ヒナコの存在は学院に波紋を広げる。魔術士名家の娘・皇希遊と対決することになるのだが――。
>>立ち読みはこちら!

☆新作!
『嫌われエースの数奇な恋路』
著/田辺ユウ イラスト/赤身ふみお

『嫌われエースの数奇な恋路』

 肩を故障し、あげくに野球部内から「嫌われエース」と腫れ物扱いされる押井数奇。そんな彼がマネージャーとして入部した美人で変人な蓮尾凛と数奇な恋路に!?
>>立ち読みはこちら!

☆新作!
『リア充にもオタクにもなれない俺の青春』
著/弘前 龍 イラスト/冬馬来彩

『リア充にもオタクにもなれない俺の青春』

 オタクになるため部活に入るが挫折。リア充として生きるため髪型や香水に気をつかうが、ちょっと無理だった。オタクがメジャーになりすぎた時代の、新・青春ラノベ開幕。
>>立ち読みはこちら!

☆新作!
『隠れオタな俺氏はなぜヤンキー知識で異世界無双できるのか?』
著/一条景明 イラスト/小島 紗

『隠れオタな俺氏はなぜヤンキー知識で異世界無双できるのか?』

 俺氏、ヤンキー学校の隠れオタからファンタジーの住人に。やっと卒ヤンできると思ったら、異世界にはヤンキー文化が花開いてました……ハッタリを武器に成り上がれ異世界!!
>>立ち読みはこちら!

☆新作!
『ラノベ作家になりたくて震える。』
著/嵯峨伊緒 イラスト/ダンミル

『ラノベ作家になりたくて震える。』

 普段は話すこともないクラスメイトの睡蓮が言う。「わたし冬野君の作品を盗作したの……そしたら新人賞を受賞しちゃった」。って、はい!?
>>立ち読みはこちら!

(C)KADOKAWA CORPORATION 2017

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。