DENGEKI ガルスタオンライン

総合 > ガルスタオンライン > 『美男高校地球防衛部』の旅行企画第3弾は箱根! 1月にはファンだけの旅館全館貸切プランも

2017-09-07 13:15

『美男高校地球防衛部』の旅行企画第3弾は箱根! 1月にはファンだけの旅館全館貸切プランも

文:ガルスタオンライン

 近畿日本ツーリスト個人旅行株式会社の国内旅行企画商品“メイト”より、アニメ『美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE!』との旅行企画“美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE! in 箱根 ~愛 WANT 湯~”が登場。9月11日13:15から近畿日本ツーリストのホームページにてインターネット限定販売が開始されます。

旅行企画“美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE! in 箱根 ~愛 WANT 湯~”
▲オリジナル描き下ろしキービジュアル

 アニメに登場するキャラクターの名前にちなんだコラボレーションは、伊香保温泉、鬼怒川・川治温泉に次ぐ第3弾。今回は“箱根 有基(はこね ゆもと)”の名にちなんだ箱根で、ファンを中心とした方々が楽しめるさまざまな仕掛けが行われます。実施期間は2017年10月21日~2018年1月28日の予定です。

旅行企画“美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE! in 箱根 ~愛 WANT 湯~”
旅行企画“美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE! in 箱根 ~愛 WANT 湯~”

企画紹介

【1】宿泊企画:アメニティルームプラン(オリジナルアメニティ付宿泊プラン)(設定宿泊施設:9軒)

 当企画のオリジナルイラストを使用した近畿日本ツーリスト×『美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE!』オリジナルアメニティグッズ3種類を持ち帰ることができる宿泊プラン(【5】の箱根スタンプラリー付)。

■オリジナルアメニティグッズ:トラベルポーチ、手ぬぐい、ハート形エコカイロ

旅行企画“美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE! in 箱根 ~愛 WANT 湯~”
▲手ぬぐい
旅行企画“美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE! in 箱根 ~愛 WANT 湯~”
▲ハート形エコカイロ

※当企画で宿泊しなければ入手出来ない限定グッズです。
※デザインは変更になる場合があります。

【2】宿泊企画:コラボルーム“愛の防衛部ルーム♪”プラン(箱根高原ホテル/1日3ルーム限定)

 客室内にキャラクター装飾を施した“愛の防衛部ルーム♪”が登場し、宿泊時の気分を盛り上げます。上記【1】のアメニティグッズ3点と【5】のスタンプラリーに加え、“愛の防衛部ルームオリジナルグッズ”がつきます。

【3】12月23日400名様限定・箱根海賊船貸切! “愛のパイレーツシップ☆クリスマスイブイブナイトクルーズ♪”付プラン (設定宿泊施設:10軒)

 箱根・芦ノ湖観光のシンボル、箱根海賊船を貸し切り、船内にキャラクター装飾を施し、クリスマスイブイブナイトクルーズを楽しむことができます。上記【1】のアメニティグッズ3点と【5】のスタンプラリーに加え、“愛のパイレーツシップ☆クリスマスイブイブナイトクルーズ♪オリジナルグッズ”がつきます。

旅行企画“美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE! in 箱根 ~愛 WANT 湯~”
▲箱根海賊船(イメージ)

※当クルーズは12月22日または23日ご宿泊の方が対象となります。クルーズのみのご参加はお受けできません。

【4】1月26日の1日限定“防衛部ファン”だけの旅館全館貸切プラン

 1月26日の宿泊限定で、“箱根小涌園 美山楓林”を全館貸し切り、当アニメファンの方が楽しめるさまざまな仕掛けが登場。上記【1】のアメニティグッズ3点と【5】のスタンプラリーに加え、“旅館全館貸切プランオリジナルグッズ”がつきます。

旅行企画“美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE! in 箱根 ~愛 WANT 湯~”
▲美山楓林(外観)

【5】箱根スタンプラリー

 箱根コラボオリジナルイラストを使用したスタンプラリーを実施。各チェックポイントにはオリジナルパネルが設置されます。上記【1】~【4】の宿泊プランに組み込まれるほか、“日帰り箱根スタンプラリープラン”として設定・販売。オリジナルコンプリート特典も用意されています。

【6】オリジナルコラボレーショングッズの販売

 当企画限定描き下ろしイラストを使用したグッズ(アクリルキーホルダー、缶バッジ等)が販売されます。

<協力宿泊施設>
 箱根高原ホテル・箱根ホテル小涌園・・箱根パークス吉野・ホテル南風荘・ホテルおかだ・天成園・小田急箱根レイクホテル・ホテルマロウド箱根・鶴井の宿 紫雲荘・箱根・芦ノ湖はなをり・箱根小涌園 美山楓林

関連サイト

編集部オススメ記事

最新号&書籍

> 最新号&書籍をもっと見る

オススメグッズ

> オススメグッズをもっと見る

Twitter フォロー