News

2017年9月22日(金)

『EDF: アイアンライン』クリーチャーデザインは大山竜氏、テーマ曲は新垣隆氏が担当【TGS2017】

文:たすん

 千葉・幕張メッセで開催されている"東京ゲームショウ2017"のディースリー・パブリッシャーブースで実施されたステージ“『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』メディアブリーフィング”で、PS4用ソフト『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』の情報が公開されました。

『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』

 本作は、『地球防衛軍』シリーズとは一線を画した世界観の『EDF』プロジェクト。開発にユークス、テーマ曲は新垣隆氏、クリーチャーデザインに大山竜氏を起用しており、新たな息吹をともなった誰も見たことない『EDF』が産声をあげます。

 ステージには、プロデューサーの岡島信幸さん、MCとして雪(姫野つばささん)が登壇。ゲームの概要やクリーチャー紹介、実機プレイを披露しました。

『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』

 本作の世界観は、宇宙の侵略者との開戦からすでに10年以上の月日が流れた世界。戦いに疲れ果てた人類は、荒廃の一途をたどっています。しかし、そこには今も絶望と戦い続ける戦士がいました。EDFとその兵士たちの戦闘を、リアリティをもって描いています。

『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』

 ステージでは、本作に登場する未知なる侵略者“アグレッサー”についても公開されました。

『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』
▲ストームアント。
『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』
▲ボムビートル。
『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』
▲シディロス。
『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』
▲スコージャー。
『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』
▲巨大生物の巣。

 さらに、プレイヤーが操作するキャラクターの着用する戦闘用強化外骨格“PAギア”についても語られました。EDFは基本PAギアを装備して巨大生物と戦うとのことです。

『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』 『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』
『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』 『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』
『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』

 実機プレイでは、巨大生物の巣を破壊し、アグレッサーを全滅させるミッションに挑んでいました。プレイヤーが使う武器やアグレッサーの挙動、巨大生物の巣の破壊方法などを確認することができました。

 実機プレイを披露した後、岡島さんの締めの一言でステージは幕を閉じました。

 本作は、ディースリー・パブリッシャーブースで試游ができるのでぜひ遊んでみてください!

■東京ゲームショウ2017 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2017年9月21日~22日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2017年9月23日~24日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)YUKE’S (C)D3 PUBLISHER

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。