News

2017年9月21日(木)

“東京ゲームショウ 2017”ではゲームメディアが期待のタイトルを推薦するアワードを開催

文:電撃オンライン

 9月21日(木)から24日(日)の期間、千葉県・幕張メッセで開催される国内最大のゲームイベント“東京ゲームショウ 2017”。本イベントにて、国内のゲームメディアが連携してメディアアワードを実施する。参加する媒体は電撃PlayStation、電撃オンライン、週刊ファミ通、ファミ通.com、ファミ通App、4gamerで、2014年創設の本アワードは今年で4回目の開催となる。

 本アワードの意義は、“東京ゲームショウ 2017をゲームメディアの立場から盛り上げること”と、“未来のスタータイトルを発掘すること”。具体的には、各メディアが“東京ゲームショウ 2017”出展タイトルを対象に、“ルーキー部門”と“インディー部門”を制定。23日、24日のパブリックデイに、それぞれの視点でルーキー部門、インディー部門のノミネート作品を選出して公表する。

 さらに、“東京ゲームショウ 2017”終了後には、各メディアそれぞれが両部門の大賞タイトルを発表する。各部門の選考基準は以下のとおり。

●ルーキー部門

 シリーズタイトルおよびシリーズ派生タイトルではない、完全新規の未発売作品で、会場内で試遊できたタイトルを対象に、各メディアが注目するタイトルを選定して表彰する。コンシューマ、アプリ、PC等を問わない。

●インディー部門

 インディーコーナーおよびメーカーブースに出展されているインディータイトル(独立系デベロッパー、開発者が制作している作品)で、試遊できたタイトルを対象に、各メディアが注目するタイトルを選定して表彰する。

 ノミネートタイトルは上記の基準にのっとり、各メディアが独自の観点で選出する。21日、22日のビジネスデイで各メディアがノミネートタイトルを決定し、23日の開場前にメディアそれぞれが独自に制作したステッカーを、対象タイトルの試遊コーナー等に貼付し、来場者の目に見える形で公表する予定だ。電撃のノミネートタイトルには以下のステッカーを貼付する。

『TGS 2017』
▲会場に掲示する電撃オンライン&電撃PlayStationのステッカーのサンプル。

 今年はどんな新星がゲームショウを盛り上げるのか? 会場に足を運ぶ人もそうでない人も、ぜひ期待してもらいたい。なお、電撃が選ぶ両部門の大賞タイトルの発表は、TGS後に電撃オンライン上で行う予定だ。

 “東京ゲームショウ 2017”では、CESA(一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)が主催する、恒例の日本ゲーム大賞・フューチャー部門の投票および発表も毎年行われている。24日には会場内で表彰式も予定されているので、“東京ゲームショウ 2017”に訪れる人は、この日本ゲーム大賞・フューチャー部門も要チェック!

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。