News

2017年9月22日(金)

『サマーレッスン:新城ちさと』にドキドキ! 常識はずれのお嬢様に振り回されたい!!【TGS2017】

文:まさん

 東京ゲームショウ2017(TGS2017)のソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアブースでは、さまざまなPS VRタイトルの試遊ができます。その中から、10月12日に配信予定のPS VR専用ソフト『サマーレッスン:新城ちさと』のプレイレポートをお届けします。

『サマーレッスン:新城ちさと』

 『サマーレッスン』シリーズは、PS VRの技術デモとして発売前から話題を呼んだ作品。7日間のレッスンを通して少女たちと交流し、相手が“本当にその場にいる”ような体験が楽しめます。

 VRコンテンツとしての完成度も高く、多数の要望によって製品化が実現。ローンチタイトルとして『サマーレッスン:宮本ひかり』が配信され、その後に2人目のキャラクター・アリソンが登場する『サマーレッスン:アリソン・スノウ』が配信されました。

 本作は、それらに続く3人目のキャラクター・新城ちさとが登場する新たなコンテンツ。宮本ひかりやアリソンとは異なり、技術デモ時には存在しなかったまったく未知のキャラクターになっています。

エキセントリックで先が読めないお嬢様!

 試遊で体験できる範囲は、ちさととの出会いのシーンとマジック(手品)にまつわる彼女とのイベントの2種類。自分は『サマーレッスン』シリーズをDLC含めてすべて購入しているのですが、今回はこれまでに登場した2人ともまったく違う大豪邸の1室が舞台のようです。ひかりちゃんの部屋と比べるとデカい……!

『サマーレッスン:新城ちさと』

 部屋の奥から登場したちさとの話を聞き、家庭教師として雇われた理由(これが結構いろいろな意味でスゴイので、ぜひ実際に聞いてほしい……!)と、ちさと自身がお嬢様であることがわかります。等身大なひかりちゃんや、ちょっとお姉さん的な感じだったアリソンちゃんと比べると、小生意気な妹といった印象。彼女とどんなレッスンを楽しめるのか、今から楽しみです。

『サマーレッスン:新城ちさと』

 とくに、彼女のエキセントリックさを感じられるのが次のシーン。マジックの実験台になってほしいとお願いされて快く引き受けると、なぜか箱の中に閉じ込められて顔だけ出した状態にさせられることに。あ、コレ。漫画とかで、坊ちゃん的な人に剣で刺されるやつだ……。

 身動きできない状態で、次々と剣を刺していくちさと。首を下に向けると、ちゃんと剣が箱に刺さるところが見えます。自分自身に刺さっているわけではないのに、なんとなくむずがゆくなるような感覚を抱くのは、VRならではの誤認識ですね。

 おそらく、レッスン後にできる交流のうちの1イベントだと思われますが、こうしたエキセントリックなイベントが他にも楽しめると思うと期待が高まります。無邪気に人を実験台にする天然なお嬢様のちさとちゃんの性格は、これまでと違ってどこかアニメ的な感じもあり、リアルすぎるキャラクターが苦手な人にも受けるのではないでしょうか。

 まもなく配信となるコンテンツですが、今回もDLCまで追いかけて彼女のすべてを見たくなる。そんな魅力が詰まった、ちさとちゃんとのひと時でした。

『サマーレッスン:新城ちさと』
『サマーレッスン:新城ちさと』

■東京ゲームショウ2017 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2017年9月21日~22日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2017年9月23日~24日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。