News

2017年9月22日(金)

恋人の目を見てはいけない『メドゥーサと恋人』など、アイデア満載の作品が満載【TGS2017】

文:電撃PlayStation

 みなさん、1年ぶりにインディー!(毎年やってる謎のあいさつ) 電撃PSのインディーゲーム担当ライター・まさんです。 さあ、今年もいよいよ東京ゲームショウ(TGS)の季節がやってきました!

 東京ゲームショウ2017は9月21日から4日間、千葉県の幕張メッセで開催されている日本最大のゲームイベント。今年もインディーゲームやVRコンテンツ専用のホールが用意され、古今東西のゲームが集合した夢の空間が広がっています。

『TGS2017』

 というわけで、毎年恒例。今年も気になったインディゲームの最新タイトルをピックアップしてみました。一般日にTGSへ行きたい人も、行く予定はないけどインディーゲームが気になる人も、ぜひチェックしてみてください!

恋人の目を見てはいけない! 2人で協力しながらボスと戦うVR『メドゥーサと恋人(仮)』 

 まず1本目は、Made With Unity Contest with PlayStation VRブースに展示されていたShip of EYLNの作品『メドゥーサと恋人(仮)』です。このゲームはタイトル通り、メドゥーサとその恋人を操作して戦うアクションゲームです。メドゥーサは伝承にもある通り、相手の目を見ると石化する能力を持った怪物。恋人はメドゥーサの目を見ないように敵と戦い、メデゥーサは石化能力で恋人をサポートするという斬新なアイデアが光る作品でした。

『TGS2017』

 ゲームとしてはVRを被ってメドゥーサになりきる人と、コントローラーを使って恋人として外からプレイする2人で協力するという一風変わったアクション。メドゥーサは石化させ続けると目をつぶってエネルギーをチャージしなければならないので、その間に恋人ががんばるといった連携が重要になってます。

『TGS2017』
『TGS2017』

 1人プレイにも対応していて、メドゥーサを左スティック。恋人を右スティックで操作することもできるのですが、これがまた楽しいんですよ。お互いをサポートしてかばいあいながら戦うことになるので、カップルで遊んでも盛り上がるのではないでしょうか。

Twitterの発言内容から武器を生成!? 深層心理で殴りあうバトルアクション『Last Stunderd』

 Twitterの発言内容から武器を生成して戦うという愛from Japanの『Last Stunderd』。TGSの開催前から各所で話題になっていましたが、自分も事前登録して遊んでみました。

『TGS2017』
『TGS2017』

 う~ん、こんな性格だったのか……。完成した武器は、動作が重いけど一撃が強力なこん棒タイプ。当たりなのかどうかはわかりませんが、とにかく対戦してみることに。

『TGS2017』

 戦闘では、L2またはR2ボタンと各種ボタンを組み合わせることで、異なる動作の攻撃が発動します。回避も4方向それぞれに存在していて、相手の攻撃をギリギリで避けるとジャスト回避でスローモーションが発生。

 その間に相手を攻撃するといった仕組みです。勝利後の反応など、まだ物足りないところはあるものの非常に面白い仕組みの作品ですね。

 ちなみに、私は鈍器で一方的に殴って勝ちました。まさに、twitterでのマウンティングに勝利した形? 違いますね、ハイ。

スマートフォンからNintendo Switchに殴り込み! ローグライクRPG『ドラゴンファングZ~竜者ロゼと宿り木の迷宮~』

 今年の会場で目立っていたと感じたのは、PS4とNintendo Switchという2大ハードで発売予定のインディーゲーム。やはり、今の主流なのでしょうか。

 Nintendo Switchは近年任天堂がインディーズに力を入れていることからもわかるように、意外なタイトルが多く配信されるようです。そんなタイトルの1つがトイディアの『ドラゴンファングZ~竜者ロゼと宿り木の迷宮~』。

『TGS2017』

 スマートフォンで展開している『ドラゴンファング ~竜者ドランと時の迷宮~』と関連している本作は、コンシューマ向けにしっかりとしたローグライクを作るというコンセプトのもと、純粋なローグライクが楽しめる作品になっています。

 基本的にはサクサク遊べるローグライクなのですが、特徴的なのが周囲に壁がないと攻撃方向が増えるなどのパワーアップが発動する“竜人結界”システム。部屋の中央で戦うと不利になるローグ系にアクセントを加える遊びで、斬新かつプレイヤーのプラスにしかならない追加要素なのがうれしいですね。遊びやすくてオススメです。

『TGS2017』

ジブリ系短編アニメ映画のような雰囲気バツグンの期待作『ジラフとアンニカ』

 紙パレットの『ジラフとアンニカ』も忘れてはいけない一品。アンリエルエンジン4で時間をかけて作られているだけあって、主人公のアンニカの動作から美しいクオリティの背景まで、魂を感じます。

『TGS2017』

 体験できる範囲でも、インディーゲームの少数制作とは思えないほどしっかりと作られており、幻想的な森を探索していくアンニカがイチイチカワイイ! 今回は最初から10分程度プレイするバージョンとボス戦を楽しむバージョンの2つが遊べるようになっていました。ちなみに、ボス戦はリズムゲーで誰でも楽しめるようになってます。ぜひ、ブースに足を運んでみてください。

『TGS2017』
『TGS2017』

 まだまだ、ほかにも紹介したい作品があるのですが私の体力の限界(昨日から寝てない)もあるので、続きは後ほど! というわけで、まだまだインディーゲーム紹介の記事は続くのでお楽しみに。

『TGS2017』
『TGS2017』
▲初日はビデオ展示だけだったQUATTRO GEARのブース。『LOST TRIGGER』など、日本人受けしそうなタイトルのムービーが気になります!

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.648

    電撃PlayStation Vol.648表紙画像

    2017年10月12日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙&巻頭】SAO フェイタル・バレット
    【付録&本誌 W攻略】英雄伝説 閃の軌跡III
    【特集】モンスターハンター:ワールド
    【PS EXTRA】進撃の巨人2
    【電撃特報】仮面ライダーCF
    【SUPER PUSH】グランツーリスモSPORT
     真・三國無双8 / とある魔術の電脳戦機
     いたスト DQ&FF 30th ANNIVERSARY
     シャドウ・オブ・ウォー / 巨影都市
     ARK / Vなま / Death end re;Quest
     LOST SPHEAR/俺達の世界わ終っている。
     信長の野望・大志 / サイコブレイク2
     Destiny 2 / 塔亰Clanpool
     限界凸城 キャッスルパンツァーズ ほか
    【Online Game Station】
     PSO2 / DQX / FFXIV / DDON / FFXI
    【コード付録】リディー&スールのアトリエ
     巨影都市 / キャッスルパンツァーズ
     塔亰Clanpool / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら

週間アクセスランキング
(PlayStation)

[集計期間2017年 10月15日~10月21日]