News

2017年9月22日(金)

『地球防衛軍5』の巨大兵器がD3パブリッシャーブースに登場。レンジャーなどの兵科の情報公開【TGS2017】

文:電撃オンライン

 千葉・幕張メッセで開催されている“東京ゲームショウ2017”のD3PUBLISHERブースで、『地球防衛軍5(EDF5)』『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター(EDF4.1 WDS)』の新情報が公開されました。

『地球防衛軍5』

『地球防衛軍5』

『地球防衛軍5』

 『地球防衛軍5』は、『EDF』シリーズの最新作です。『EDF3』や『EDF4』とは異なる新たな世界観で、未知なる異星生命体の侵略と対峙する人類が描かれます。発売日は12月7日です。

 ステージイベントで“レンジャー”、“ウイングダイバー”、“フェンサー”、“エアレイダー”という兵科と、『EDF5』に登場する“プライマー”と呼ばれる侵略生物が公開されました。

特戦歩兵 レンジャー

 EDFの主力となる陸戦歩兵部隊の総称です。火器の扱いに長けた戦闘のエキスパートで、あらゆる銃火器を使いこなします。

『地球防衛軍5』

降下翼兵 ウイングダイバー

 弾薬のいらないエネルギーウエポンを装備し、空中を移動しながら戦う女性だけで構成された精鋭部隊。レンジャーに比べ、装甲は簡易的で耐久力には劣っていますが、それをカバーして余りある機動力と、強力な武器が魅力です。

『地球防衛軍5』

二刀装甲兵 フェンサー

 軍が開発した軍用外骨格“パワードスケルトン”を装着した兵士です。通常の歩兵では携帯不可能な重装備の形態があり、戦車に近い火力を持っています。

『地球防衛軍5』

空爆誘導兵 エアレイダー

 彼らはエアレイダーと呼ばれ、歩兵でありながら空軍や砲兵に攻撃を指示する権限を持っています。最前線から攻撃機や砲兵と連携をとり、大型火砲の力を借りる他、輸送機に対し、ビークルの投下要請も行えます。

『地球防衛軍5』

侵略生物も進化

 侵略生物も進化しており、大きさが約20mの、シリーズ初となる“人型侵略生物”が登場します。

 また本作には、通常ではまったく歯が立たない“怪生物アーケルス”という敵が現れます。それに立ち向かうための大型クレーンを改造した兵器“ギガンティッツ・アンローダー・バルガ”も注目のポイントです。

 ブース内には、その“バルガ”のジオラマも展示されていました。

『地球防衛軍5』
『地球防衛軍5』

『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』

 『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』は、縦スクロール型3Dシューティングで描かれる『地球防衛軍4.1』のスピンオフ作品で、ダウンロード版のみ発売されます。

『地球防衛軍5』

 女性のみの特殊部隊“降下翼兵ウイングダイバー”が主役となり、『地球防衛軍4.1』本編に登場する、マザーシップ撃墜作戦の裏側で起こったアナザーストーリーを繰り広げます。発売日は2017年秋を予定しているとのことです。

『地球防衛軍5』

■東京ゲームショウ2017 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2017年9月21日~22日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2017年9月23日~24日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)2017 SANDLOT (C)2017 D3 PUBLISHER
(C)Clouds (C)GIGA-RENSYA (C)SANDLOT

データ

▼『地球防衛軍5』
■メーカー:ディースリー・パブリッシャー
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■発売日:2017年12月7日
■希望小売価格:7,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『地球防衛軍5(ダウンロード版)』
■メーカー:ディースリー・パブリッシャー
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■配信日:2017年12月7日
■価格:7,800円+税

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。