News

2017年9月23日(土)

『進撃の巨人2』はPS4/PS Vita/Nintendo Switch/Steamで2018年初頭に発売決定!【TGS2017】

文:電撃オンライン

 本日9月23日、東京ゲームショウ2017(TGS2017)のコーエーテクモゲームスブースで開催された『進撃の巨人2』のスペシャル生番組で、ゲームの最新情報が発表されました。

『進撃の巨人2』

 本作は、“巨人”に立ち向かう主人公・エレンたちの死闘や原作のストーリーを追体験できる『進撃の巨人』シリーズの最新作。物語に加えて、対巨人用装備“立体機動装置”によるアクションを楽しめます。

 番組では、鯉沼久史プロデューサーが登場し、前作から進化したポイントを紹介しました。

立体機動アクションがより多彩に

『進撃の巨人2』

 前作から立体機動のアクションがさらに進化。回転斬りなども行えるそうです。

『進撃の巨人2』
『進撃の巨人2』

巨人の動きが進化

『進撃の巨人2』

 前作はいかに立体機動装置を駆使して空中を飛び回るかというアクション部分に注力したが、巨人の怖さは引き出せてなかったと鯉沼プロデューサー。今作では、より『進撃の巨人』の世界観をリアルに感じられるよう、巨人のリアルな動きや怖さを再現したいと意欲を見せました。

 なお、今作では巨人に遭遇した場合、アクションに自信がない人は“逃げる”という選択肢も選ぶことができるとのこと。

『進撃の巨人2』
『進撃の巨人2』
『進撃の巨人2』

アニメ2期までのストーリーを追体験できる

『進撃の巨人2』

 TVアニメ Season2のストーリーを追体験できる本作。圧倒的な強さを見せつけられた獣の巨人も登場する他、あの衝撃のシーンも……?

 なお、今作も前作と同様にゲームとしてエンディングを迎えられるよう、オリジナルストーリーが用意されています。ストーリーは原作者・諫山創さんの監修を受けているとのことです。

『進撃の巨人2』
『進撃の巨人2』
『進撃の巨人2』

プレイアブルキャラ数が大幅アップ

『進撃の巨人2』

 今作では、プレイアブルキャラクターが前作の10キャラから大幅増加。国内外からの「いろいろなキャラクターを使いたい」という声に応える形で、ラインナップを増やしたとのことです。

 鯉沼プロデューサーは、「Season2から登場したキャラクターもプレイアブルキャラクターとして出そうと思っている」と語っていました。ちなみに鯉沼プロデューサーの好きなキャラは、ハンジ・ゾエとのこと。

『進撃の巨人2』

原作キャラと深い交流ができるように

『進撃の巨人2』

 前作でもキャンプで会話をすることはできましたが、キャラクターと触れあうことはできませんでした。そこで今作では、キャンプシステムを底上げし、コミュニケーションをとれるようなシステムを搭載。

 キャンプに調査兵団のメンバーが混じって、コミュニケーションを楽しめるようになります。マンガでもアニメでもない、ゲームならではの会話が楽しめたりするそうです。こちらも原作者・諫山創さんの監修を受けているとのこと。

『進撃の巨人2』
『進撃の巨人2』
『進撃の巨人2』

対応機種が発表! 10月24日に生放送も決定

 最後に、現在公開可能な情報のまとめが公開されました。「?」のところは後日発表するとのことです。

 そして対応機種が発表。PS4/PS Vita/Nintendo Switch/Steamでの展開となります。発売時期は2018年初頭を予定。

 10月24日に『進撃の巨人2』の生放送を予定しており、そこでさらなる詳細情報が公開されるとのことですので、気になる人はぜひチェックしましょう!

『進撃の巨人2』
『進撃の巨人2』

■東京ゲームショウ2017 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2017年9月21日~22日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2017年9月23日~24日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

原作/諫山創「進撃の巨人」(講談社刊)
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
(C)コーエーテクモゲームス

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。